2017年8月16日 (水)

充実していたNHKスペシャル

今月に入ってのNHKスペシャルは時期的に戦争関連が多いが、
以下の私が見たものだけでも、内容が充実していた。
外国からの資料(映像を含む)提供がなされた点が大きい。

12日に関してはアメリカ(いわゆる「ガン(gun)カメラ」と言われる
戦闘機が機銃すると同時に撮影されるカメラ)からの、
13日と14日はロシアからの提供。特に最近ロシアがなぜか
こういう取材に応じる傾向が出てきたのは興味深い事だ。

6日は、いわゆるビッグデータ(戦災ビッグデータ)から
広島市民がどこでどういう状態(体内に侵入した放射能により
日々変化していった微妙に異なった死因等)を克明に検証した。
1945年8月6日から今に至るまで、広島市が蓄積してきた
約56万人に及ぶ被爆者たちの記録『原爆被爆者動態調査』。
被爆直後、警察が医師とともに作成した検視調書や、
救護所などがまとめた死没者名簿の上に、戦後、
市が集めた戦災調査や個人データも加えられ、今も更新が
続けられているデータ。

NHKはこの元データを市から入手し、最新の解析技術を
駆使し、時系列に並べて地図に落とし込んだところ、
特定の被爆地や、死没日、死因に極端な死者数の偏りが
ある“原爆死ホットスポット”が存在していたことがわかった
という。
なぜ“ホットスポット”は生まれたのか。
そして人々はそこでどのようにして亡くなっていったのか、
を検証した。

12日の放送での日本焦土化計画(無差別爆撃)
実行者カーチス・ルメイについてはブログ等で
私は何度も書き、2011年3月11日、そうあの日の朝刊、
朝日新聞に掲載していただいた。
日本政府~正確には一部の売国的自民党政治家~により
「戦後自衛隊の創設に貢献した」としてルメイに勲章を授けて
いるのだ。東京(他)大空襲の総責任者に。
これこそ右翼が言う自虐思想以外の何だというのか。
しかも当時の佐藤総理も反対し、昭和天皇も難色を示したのも
かかわらず、よって一部の大臣衆から実質「こっそり」ルメイに
授けた。

13日放送の「731部隊」のことは史実としては昔から知られて
いるのに、放送直後から、ネトウヨらバカ右翼らが
「NHK売国放送」とかノタマわっているようだ。
とんだお笑い草だ。
あの放送でも、ロシアが当時の裁判証言肉声テープらを出して
きたのが印象的でした。
最後に放送(再生)された医師の涙ながらの懺悔は印象的で
「この医師は(ソ連法定判決後の)服役後、
 帰国直前に自殺したと言われる」
とのテロップも印象的だった。

14日の放送では終戦の情報が隠されたまま、1人の幹部の
独断で「樺太進行阻止」命令が出たため簡単な降伏が
できなかったことや、特に女性の電話交換手らが
「自分たちがここにいなくては本土のとの情報のやりとりが
 できなくなる」として北海道行きの船に乗らず、
 数日後に自決用の青酸カリで自殺した」という
逸話が痛ましかった。
姉であったその中の1人の妹さんが「港でいつまでも手を振って
見送ってくれた。それが最後。どんな気持ちだったか」との言葉と、
最近その港を70年以上経って訪れたシーンは印象的。

なお、スターリンの北海道分割希望に対しては、
トルーマンが明確に拒否したことは紹介されていたから、
実際にはそこまでの実力行使はできなかっただろうけれど、
それは今となって判ることで、当時の特に現地にいた人々は
正に命がけの逃避行だったわけだ。
現地の軍隊も戦車など何もなく、援軍は「終戦後」なので
来る分けない状況だった。
沖縄戦とともに忘れてはいけない「地上戦」。

15日では、今では多くの国民が知る、史上最悪の愚行と
いわれた「インパール作戦」での大本営やその下部組織での
司令官の身勝手な主張と命令を暴いた。
師団長の牟田口廉也中将は
 「2万人殺せば、敵地は落とせる」と言い、
それを聞いた部下は
 「敵を2万人、と思ったら、日本兵がそのくらい死ねば
  取れる、という意味だった」には呆れ返った。

8月6日~ヒロシマ72年目の真実
8月12日~「本土空襲~全記録~日本はこうして焼き尽くされた」
8月13日~「731部隊の真実~エリート医学者と人体実験」
8月14日~「知られざる地上戦」~終戦後7日間の悲劇
    ~樺太・5000人の犠牲者 なぜ?終戦後も戦闘が
8月15日~「戦慄の記録 インパール」

2017年7月31日 (月)

過去最低の防衛大臣~離任式している場合か

過去最低の防衛大臣~税金を使って離任式している場合か
 ~プライドという感違いだけの人~

防衛大臣が辞任はむろん交代するとき、栄誉礼は辞退して
きたそうだが、稲田氏は離任式典を「希望」し(要は命令だろう)、
栄誉礼を辞退しなかった。

しかも自衛隊幹部を前にした離任挨拶では、
一言も「おわび」は無かったそうだ。

これほど、各関係者からボロボロに言われた大臣は珍しい。

週刊新潮は「まゆエクしている場合か」と書き、
週刊文春は「産経まで見はなした、えこひいきの女王」として
防衛官僚覆面座談会として
  「稲田氏は過去25年間で最低の大臣」としている。

かつて、辻元清美さんに
「あなたの愛国心はその程度でしたか?!」
と詰められて涙ぐんだ「タカ派」のこの人にとって
「可愛いのは自分であって国ではない」のだ。

三浦璃麗氏は6月の「朝まで生テレビ」の中で、
自民党や官僚の対応のだらしなさに言及した後、
 稲田氏について、
「一度は将来、初の女性総理か?などと言われた人が、
 どういう資質の人かを国民は皆知っただけでも、
 唯一の収穫、という意味では(ゴタゴタ状態は)
 良かったのではないか」、と皮肉った。

離任式終了後は職員から花束を渡され、
「皆さんに会えて本当に良かった」と語って、
笑顔で車に乗り込み、手を振りながら防衛省を去った。
まるで小学生だ。

某自衛隊幹部は
「大臣の辞任ではなく、議員辞職したほうがよい。
 少なくとも二度と市ヶ谷(自衛隊本部)に
 来てほしくない」と吐き捨てたという。

https://news.yahoo.co.jp/pickup/6248876
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170731-00000038-jijp-pol.view-000

2017年7月28日 (金)

ボディブローが効いて弱体化した安倍政権

ボディブローのように、の現実化
前川(前)文科省事務次官が告発会見をした際、私は
「この元官僚による政治家への造反という前代未聞の衝撃は、
 ボクシングのボディブローのように、今後、安倍内閣を
 ジワジワとゆっくり、しかし確実に痛めていくだろう」
という主旨の事を書いた。

実際、だらだらと長引く加計と森友問題や、稲田防衛大臣の
弁護士とは思えない軽率な発言や行動の連続という資質の無さ、
法務大臣に値しなかった金田大臣の無能な答弁と共謀罪法の
強行採決などからの内閣支持率の大幅下落、

都議会議員選挙での歴史的大惨敗、仙台市長選挙での敗北、
相次ぐ2回生議員の不祥事、南スーダン問題に関する
陸上自衛隊部隊トップの岡部陸上幕僚長と黒江防衛省事務次官
の引責辞任、そしてやっと稲田大臣の辞任と、
現実に「ボディブロー」は確実に浸透し続けてきた。

前川氏の行動は良いとか悪いとかではなく、安倍内閣が進めて
きた強引でグロテスクな手法に対する最大の批判的象徴的事象
だったのだ。
そしてこうした流れはまだ、安倍内閣の終わりの始まり、
第1幕が終わった段階に過ぎない。

2017年7月27日 (木)

防衛大臣 実質不在というリアル

北朝鮮や中国等との難しい状況下、これほど信頼のおけない
 ~世論の7割以上が「稲田氏は即時辞任を」とし、防衛省の
  中からも大臣に対する裏切り行為でもある、文書はありました、
  報告はしました、とする内部告発(リーク)が生じてきている
 ~人物が、防衛省の政治家としてのトップに居座っている、
というのは、「支持する政党がどこかなどという各個人の考えを
超えたところの国家的危機」だ。

それを政権与党はどれほど真面目に考えているのか?
自衛隊に緊急出動する事態が生じても「勉強会に出席してました」
とやり過ごす、その程度の人が防衛大臣というのが信じられない。

こんなテイタラクな国防体制状況は、おそらく戦後初めての状況
に違いない。

追記;やっと稲田が辞任表明。というより事実上の更迭だ。
    安倍氏の「ネコ可愛がり」もこれまで。

2017年7月22日 (土)

南スーダン問題~陸自と稲田防衛大臣の深刻な亀裂と、野党時代、当時の防衛大臣を批判した稲田氏の発言が傑作~正にいま自分自身に向っている批判

「報告を受けていない」~本当ならシビリアンコントロールが
できていないことを証明。

報告を受けたいたのに、「受けていない」なら、
国会における偽証発言。

報告を受けたけど、「そういう認識を持たなかった」のなら、
防衛大臣としての資質無し。

加えて、自民党が野党時代、与党民主党(当時)の
一川防衛大臣に対して、
稲田氏はこう厳しく批判した。

「部下に厳しくて自分に甘い!決して責任を取らない!
 不用意な発言が多すぎる。
 あなたは自分の役割を分かっているんですか?
 あなたの役目は国を守ることであって、
 あなたの身の保身を守ることではありませんよ!
 いい加減にしてください」

その批判発言は、そのまま今のあなたにお返しします。
http://saigaijyouhou.com/blog-entry-17444.html

2017年7月19日 (水)

民進党のテイタラクさ~党首の戸籍を問題にしている場合ではないはずだ

同じ党員の今井雅人衆議院議員が、
「都議会議員選挙で勝てなかったのは、蓮舫氏の国籍
 (戸籍)問題をはっきりさせていないから」などと、
「はあ?」と思える、与党さえ言わなくないった疑義を持ち出した
のは呆れた。

「民進党の退化」を象徴する事象だ。
先の都議会議員選挙での大敗北は自民党だけでない。
民進党こそ深刻な事態であることに気づかないのか?

党内で党首の戸籍を問題にしている場合か?
党内でやるべきは政策論争であり、都議会議員選挙で大敗北
した原因を分析し、今後に備えた根本的な対策を検討し進めて
いくことこそが同党の緊急にして必須の事だろう。

今井氏に象徴される事態は、同党の末期的状態を示している。

追記;
18日、蓮舫さんは戸籍を開示して会見を開いたが、
「こんなことをして何になるか?」
とほとんどの国民は思っているだろう。

当然だが、党内には、蓮舫氏の二重国籍が都議会銀選挙
の敗因とする今井議員の意見に否定的な意見は多く、
寺田学衆院議員はツイッターで
「そのピントのずれが根源的な敗因を作り出している」
と指摘している。そのとおりだ。

それに気づかない同党内の鈍感さと、バラバラな党内事情が
この件ではからずも露呈した。
解党して1から出直すことをお薦めする。

メディアと時の政権との関係、立ち位置問題

加計問題とは無関係なのに、前川喜平・前文科相事務次官の
プライヴェート行動を掲載した読売新聞はやはり大きな波紋を
呼んだようだ。
読者からさえも、「なぜ関係ないプライヴェートな記事を載せる?」
というクレームが2,000件ほど同社に行き、
「もう読まない。解約する」との連絡も300ほどあったという。

7月13日の朝日新聞で、政府に対し「メディアが真っ二つ?」とした
記事においても、大石裕慶大教授が

「前川氏の、出会い系バーを巡る報道は、政権とメディアが
 保つべき一線を越えた」と批判している。

劇作家の詩森ろば氏は「あの記事は、ここまで来たか、と驚いた」
としながらも「御用新聞があってもいい。メディアがそれぞれの
立ち位置を鮮明にするのは市民にとっては良いことかも」と
皮肉的にではあるが語っている。

内閣支持率が下がり、不支持が上がる理由

森友問題は国有地がべらぼうな安さで民間法人に売られた
という極めて不透明要因があり、背任罪等の法的な問題も
生じ得る事案だが、
加計問題に関しては、もし「本当に獣医学部が早期に必要」で、
京都産業大学より加計学園や今治市に設置したほうが、
愛媛県だけでなく、全国的に将来の獣医を発信して行き易い
という理論的にして現実的根拠があるなら、
役所や政府がそれをきちんと説明し、
「加計のトップと安倍総理とは、たまたま友人だったという事は
 あるが、決定に至る手続きにおいて、何ら問題無い」と、
論理的時系列的に記録に基づいて実証すればよいだけのこと
なのに、それをしないで、やれ、
「議論した経緯に関する記録文書はない」とか、
「総理は関与していない」等々、その根拠を示さぬまま
「まっとうな決定」などと言うだけで、逃げてばかりいる。

仮に総理も役所も「潔白」であるなら、逃げる必要なないはずだ。
国民が呆れ、内閣支持率より不支持率が上回る状況に至って
いるのは、こうした、「問題解決能力の無さ」、「不誠実さ」、
「無責任さ」からの不信感であり、
 加えて、
稲田防衛大臣、金田法務大臣という、およそその地位と
責任感と能力に相応しくない人物の継続、

更に、不倫、重婚、秘書への暴言と暴力等2回生議員らによる
不祥事の連続が加わっての、内閣支持率暴落なのだ。

山口二郎氏の民進党への苦言

最近、山口二郎氏の論評は平凡なのが多く、下記もそうだが、
一応ご参考アップ。 東京新聞7月9日

「東京都議会選挙で自民党が大敗したことで、安倍一強の
 政治状況にも変化が起ころうとしている。
 公明党の山口代表も言うように、安倍ベースの憲法改正論議
 がいったん停止することを願いたい。
 おごり高ぶった安倍自民党に都民が厳しい批判を加えたことは、
 民主主義の健全な作動である。

 しかし、次にいかにして政治を刷新するかについて展望は
 見えてこない。それはひとえに野党第一党の民進党のテイタラク
 のゆえである。

 自民党政治に疑問を持つ人々の票は圧倒的に都民ファースト
 に、一部は共産党に流れた。
 民進党は自民党とならぶ敗者である。
 なぜ自民批判の受け皿になれなかったのか。
 厳しく反省することが不可欠なのだが、同党の幹部の能天気さ
 には呆れるばかりである。

 さらに、国会対策委員長は閉会中の審査について、
 安倍首相抜きの審査を受け入れた。
 落ち目の自民党に助け舟を出すようなものである。

 いつも民進党に同じような説教をして芸が無いと情けなく思うが、
 ともかく民進党は政治の不正と腐敗と徹底的に戦う姿勢を示し、
 他の野党と協力しなければならない。
 そして、原発をはじめとして、安倍政権とは異なる政策の柱を
 立てなければならない。
 政党交付金の貯金と連合という支持組織の上に安住していては、
 野党第一党の座さえも危うくなるに違いない」

2017年7月18日 (火)

郷原信郎さんの7日ツィッター「防衛大臣の職責を自覚しない稲田氏は即刻解任を」

以下は、郷原信郎さんの7日ツィッターの紹介。

 「防衛大臣の職責を自覚しない稲田氏は即刻解任を」

「稲田朋美防衛大臣が、九州北部での記録的な豪雨で自衛隊が
 災害対応に当たっていた7月6日、昼の1時間余り防衛省を不在
 にして、民間人との防衛政策の勉強会に出席し、その間、
 40分間は、副大臣、政務官の「政務三役」が不在であったことが
 批判にさらされている。
  石破元防衛大臣は、「防衛の仕事は、5分、10分の遅れが
 思わぬ結果を引き起こすことがあり、近くにいたから問題ないと
 いうことではない。防衛省としてあるまじきことであり、
 原因を解明し、そういうことが二度とないようにすべきだ」、
 述べたとのことだが、全くその通りだと思う。

 防衛大臣は、他国の侵略的な行為への対応や防衛出動に
 関して重要な職責を担うものだが、ある意味ではそれ以上に
 重要なのは、重大な災害で国民の生命が危険にさらされて
 いるときに、防衛省のトップとして、自衛隊組織の
 人的・物的資源をどこにどのように配置するのかを、
 刻々と変化する状況の中で適切に判断することであろう。

 しかも、災害への対応は、防衛省だけで行うものではない。
 全国の消防組織を統括する総務省消防庁、被災地の自治体
 などとの連携、それらを統括する首相官邸と、常時、
 緊密な連絡をとり、必要な調整を行うことが、
 防衛大臣に求められる極めて重要な職務である。

 稲田氏が防衛省を不在にした昨日正午頃は、
 九州北部を襲った豪雨で、数十万人に避難指示が出て、
 しかも、各地に孤立した地域があり、一刻も早い救助を
 待ち望んでいる人たちが大勢いた。
 そのような状況で、民間人との「勉強会」に出席していた
 というのは、重大かつ深刻な豪雨災害の被災者や
 その安否を気遣う家族の心情を思うと、
 絶対に許せないものである。

 稲田氏が出席した「勉強会」というのも、支援者ら中心の
 イベントであろう。被災者の救援より、そういう「勉強会」を
 優先する稲田氏の姿勢は、一般の国民より
 支援者・お友達との関係を優先する森友学園・加計学園
 問題等での安倍首相の姿勢と共通するものである。

 都議選の応援演説で、
 「防衛省、自衛隊、防衛大臣、自民党としてお願いしたい」
 などと防衛大臣にあるまじき発言をし、直後に発言を撤回
 した際には、緊張感を持って職務に臨む、などと述べていたが、
 その言葉は一体何だったのか。

 稲田氏は、複数の政務三役が近くに所在し、速やかに
 戻ることができる態勢をとっており、対応に問題が
 あったとは考えていない、と述べているとのことであり、
 菅義偉官房長官も、会見で、問題はないと思っている。
 大臣も含めてすぐ近くに所在し、秘書官から随時連絡を
 受けて速やかに省内に戻る態勢だった、と述べたとの
 ことだが、平時において「不測の事態」の発生に備える
 というのとは全く異なり、既に重大な災害で多くの人の命が
 危険にさらされているのである。

 何かあったら連絡を受けて防衛省に戻れば良いという
 話ではない。
 国土の防衛のために配備されている陸海空の自衛隊を、
 防衛面での影響を最小限にしつつ、最大限効果的に
 九州での豪雨災害の救援対応をするために、
 防衛大臣として、他の機関との連携をとりつつ
 全力で対応に当たらなければならないのは当然である。

 「連絡を受けて防衛省に戻ればよい」などというのは、
 稲田氏も、菅氏も、今回の豪雨災害を不当に軽視している
 としか思えない。
 「国民の命を守る」という防衛大臣の最大の職責を
 全く自覚しているとは思えない稲田大臣は即刻解任すべき
 である。
 これ以上、このような人物を防衛大臣の職にとどまらせる
 ことは、国民として到底納得できることではない」

より以前の記事一覧

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック