2017年5月27日 (土)

前川氏

2017年4月28日 (金)

B

2017年4月16日 (日)

NHKスペシャル「熊本城再建」

NHKスペシャル「熊本城再建」を興味深く見た。
1年前の地震で崩壊したものの多くが明治以降に補強された
もので、築城時から残る石垣はほとんどそのままだった、
という調査結果の驚き。

具体的には明治以降の石垣の31%が崩壊したのに対し、
築城時の石垣が崩れたのはわずか10%。

一番古い時代の石垣がなぜ一番強度だったか?
その秘密は2つ。

1つは一番外側の意思を地面から並行に積むのではなく、
上に伸びる側面に対してそれぞれ直角に埋め込んでいるので、
地震の揺れでも個々が横に飛び出し難かったこと。

もう1つは「武者返し」と呼ばれる曲線は、
これまで敵を寄せ付けないための工夫と考えられてきたが、
当時も何年かごとに大規模な地震は周辺で起きていたことから、
地震対策による綿密な工夫(結果的には現代にも通じる綿密な
計算式が成り立つほどの緻密さ)が施されていたからだ、
ということだ。

この計算式(武者返しの曲線構造、比率等)は
今後の修復にも応用できるかもしれないという。

それに先立つNHKの午前の番組で、
熊本出身の宮崎美子さん(熊本大卒)が、
城が大変な状況になりながらも、
「残っていてくれて良かった」と涙ながらに語り、
普段当たり前のように在った城が、自分にとっても
市民県民にとっても、こんなにも大事なもの、
心の支えであったことをあらためて気づかされた、
という主旨の発言が印象的だった。

2017年4月14日 (金)

4月13日の東京新聞に投書が掲載されました~教育勅語は憲法に反する

4月13日の東京新聞に投書が掲載されました
以下が、その全文です。

 教育勅語は憲法に反する

政府関係者ら国会議員が、「教育勅語にも良いことは
書かれてある」などと否定しない言動にあきれる。
内容の良し悪しなどそもそも問題ではない。

憲法が施行された後、衆参両院において、
1948年に廃止を決議している。
衆議院では、
「詔勅の根本的理念が主権在君並びに神話的国体観に
 基づいている事実は明らかに民主平和国家、
 主権在民の日本国憲法に違反する」とし、
憲法第98条に基づき「教育勅語等排除に関する決議」。

参議院では、
教育基本法施行により既に失効したと確認の決議をした。

教育勅語を教育現場で教えることは教育基本法違反であり、
憲法違反なのだ。国会議員が「良い面もある」と言うこと自体、
憲法と教育基本法と国会決議を無視した発言である

以上です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

追記

決して投書魔ではありませんが~新聞社の対応の違いについて

今回の東京新聞掲載、同紙に掲載いただいたのは
これで7回目です。
他、これまで朝日新聞に3回、毎日新聞に1回掲載いただき、
それぞれは労務問題だったり、政治、社会問題等
いろいろでした。

毎日新聞では、モーグルの上村愛子さんが、
バンクーバーで惜しくもメダルに届かず4位となり、彼女が
「何で、こんなに一段一段(長野7位→ソルトレイク6位
 →トリノ5位)なんだろうと思いました」
と無念な心情を語ったことについての感想を取り上げて
いただきました。

掲載していただける場合、事前の校正を含めたやりとりは
朝日新聞が徹底していて、メールと電話で数回やりとりをし、
原文のまま残るのは8割くらいというまでに練られますが、
さすが文面のプロですから納得できる修正が施されます。

毎日新聞も電話で部分修正したい点と掲載予定日の
連絡が一度ありましたが、その程度。

東京新聞に至ってはナントこれまでは一度も連絡が無い
まま突然掲載されるかたちでした(むろん部分修正や
カットがありましたがほぼ全文のままが多かった)。

しかし今回は初めて東京新聞から事前に電話があり、
修正が必要な部分のやりとりと掲載予定日を聞きました。
今回の同紙による修正はコンパクトで効率的で、
私の原文よりずっと良いので、サスガだな、と
思った次第です。

2017年4月 9日 (日)

確率論を超えて~囲碁や将棋で、なぜ人間がAIに勝てないのか~そして14歳2カ月史上最年少プロ棋士の誕生

4月1日に行われた第2期電王戦二番勝負第一局で、
人工知能(AI)搭載の将棋ソフト「PONANZA」が71手で
佐藤天彦名人に勝った。

囲碁でも、3月に行われた日中韓トップ棋士と、
人工知能(AI)の「DeepZenGo」が争う
ワールド碁チャンピオンシップで、いま日本最強の井山裕太さんが
3連敗したばかりだ。

ゲーム理論によると、手数=展開の可能性の数
 (ゲーム状態数)は、チェスが10の120乗、
将棋が10の220乗、囲碁が10の360乗(通り)あると推定
されており、素人の勝手な想像だと、
それらは究極の確率論での対決に想われるので、
プロ棋士、特に名人位の棋士が負ける理由が想像つかない
のだ。
早々に棋譜を見てみたいが。

裏のウラの裏を攻めていっても、AIはその攻め筋を
見越して先回りし、反撃して勝つということなのだろう
けれど、それでも単純に人間が機会に負けるのが
釈然としないのだ。
人間の頭脳の進化はAIに負け続けるのか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

それはそれとして、昨年10月に、史上5人目の
中学生プロ棋士、それも14歳2ヶ月で史上最年少の
将棋のプロ棋士になった藤井聡太四段が大きな話題だ。

そして、プロデビュー戦の対戦相手は、
先ごろ引退を表明した現役最年長棋士、
年の差62歳6ヶ月の加藤一二三九段。
奇しくも、これまでの史上最年少プロ棋士は、
誰あろう1954年に14歳7ヶ月でプロになった加藤一二三さん
だった。

藤井四段はこの対局を110手で制してプロデビュー戦を
勝利で飾り、公式戦出場と公式戦勝利の史上最年少記録
を更新し、更に先日はデビュー戦11連勝と、
デビュー戦連勝の新記録を作った。

今回、佐藤名人に負けて挑戦権を得られなかった
羽生善治さんが「PONANZA」と対決する場面を早く見たいが、
今から藤井少年が「PONANZA」に快勝するシーンも
待ち遠しい。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170401/k10010934101000.html
http://www.asahi.com/articles/ASK416DVSK41UCLV00B.html

中学生棋士、天才の系譜 最年少14歳2カ月棋士誕生
https://www.shogi.or.jp/column/2016/12/fujikato01.html
http://style.nikkei.com/article/DGXMZO06849800T00C16A9000000


追記
人間である棋士はアマはむろん、プロでもほとんどの
対局の中では指し間違い(打ち間違い)「しまった」が
ありがち。
そこまででなくとも、「ああすればよかった」は
ほとんど必ずと言えるほどあるはず。

プロはもちろんアマも極力それが無いようにしながら
責め筋を見つけていく、それが将棋なわけです。

しかし、たぶん「AI」は限りなく、
その「ああすればよかった」が無いのだろうと
思います (注)。

人間の「迷い」という感情面が勝敗を左右している。
タイトルで、「確率論を超えて」としたのはそうした
意味も踏まえていました。

 (注)
 実はコンピューターにも「しまった」は皆無では
 ありません。
 過去、人間が勝ったケースのほとんどは、
 棋士が非常識な手を敢えて打って展開し、
 コンピューターがそれに慌て~あたかも
  人間が動揺、狼狽するかのように~
 AIは当然それに対して修正プログラムを
 組み立てようとするのですが、
 それに少しでも時間がかかっていた場合、
 その隙をついて棋士が攻めて勝つ、という
 パターンでした。
 しかし、コンピューターが人間の感情に近いものを
 習得してきている、ということこそ、
 かえって怖い感じがしますね。

2017年3月18日 (土)

原発が会社を、地域を、国を滅ぼす

東芝と東電~原発が企業を潰す。地域を国を潰す。

東芝が決算発表をまたも延期した。
自社の損益が把握できないという異常。

東証は東芝を「監理銘柄」に指定した。
いよいよ上場廃止が現実味を帯びてきた。それどころではない。
東芝は既にもはや「死に体」だ。東電といい、東芝といい、
結果論として原発経営が2社を実質破綻させた。

核燃料再生エネルギーなど夢物語。
廃炉、放射能汚染物質の廃棄すらままならない事態。
人間が手がつけられないのが原子力なのだ。

原子力開発は科学技術としても不可能で既に破綻している
だけでなく、企業経営においても手に負えない
会社を潰すだけの怪獣だったことは、
2社が全てを物語っている。
理屈ではない。事実こそ全てである。

2017年3月15日 (水)

園児の宣誓は教育基本法違反~教育勅語を教育現場で教えるのも違法行為

森友学園 塚本幼稚園(森友学園)の園児たちの宣誓

「尖閣列島、竹島、北方領土を守り、日本を悪者として
 扱っている中国、韓国が心を改め、歴史教科書で
 うそを教えないようにお願いします。
 安倍首相がんばれ、安倍首相がんばれ。
 安保法制国会通過よかったです。
 日本がんばれ。エイエイオー」

って、ヒットラーユーゲントじゃあるまいし。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

教育基本法第14条第2項
「法律に定める学校は、特定の政党を支持し、又は
 これに反対するための政治教育その他政治的活動を
 してはならない」

学校内のゴミ撤去に8億円はかからないだろうことは
小学生でも推測できる。
しかも「なぜか」委託された国土交通省の「大阪航空局」は
「過去にゴミの撤去費を算定したことはない」と
トウシロ発言。
受託収賄という「不正」が絡んでいると思う。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

11日放送のフジTV週間バイキングで、
 籠池泰典理事長について、

高木美保さんいわく、
「全部 人のせいにして言い訳する。そういう人が、
 子どもに教育勅語で“正直でありなさい”と教えて
 何が悪いと言われても、
 首を洗って出直してらっしゃい!という感じ」
とコメント。

渡辺えりさんは、「虚言癖がある人なのでは」


サンデージャポンでは、稲田防衛大臣について
デープ・スペクターさんいわく、
 「自分も防衛できないのに、国を防衛できるわけけない」

先述のバイキングで、松本人志さんいわく、
 「アキラ100%のほうが防衛力あるよ」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ジャーナリスト鈴木哲夫は
「籠池氏に注目が集まっているが、実は大事なのは、
 簡単に国有地が払い下げられる仕組み。
 参考人招致に籠池氏をという話もあるが、
 当時関わった役人などを呼んできちっとやらなければ
 いけない問題」と指摘。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1946年(昭和21年)には、「勅語及び詔書等の取扱いについて」
 (昭和21年10月8日文部事務次官通牒)と題する通達により、
教育勅語を教育の根本規範とみなすことをやめ、
国民学校令施行規則も改正して、
四大節の儀式で教育勅語を読み上げることも廃止された
 (昭和21年10月9日文部省令第31号)。

翌1947年(昭和22年)には教育基本法(旧教育基本法)が
公布・施行されて教育の基本に据えられ、
学校教育から教育勅語は排除された。

さらに、1948年(昭和23年)6月19日には、
衆議院で 「教育勅語等排除に関する決議」、
参議院で「教育勅語等の失効確認に関する決議」が、
それぞれ決議されて、教育勅語は学校教育から排除・失効
されたことが確認された。

よって、閣僚の発言の
「親孝行だとか友達を大切にするとか、そういう核の部分は
 大切なもの」とか、
 「今日でも通用する普遍的な内容も含まれている」
そんなことは関係ないのだ。
教育勅語は過去の厳然として否定されたモノなのだ。

2017年3月11日 (土)

東日本大震災から6年~音楽によって

プロだけでなく、アマでも、何らかの音楽活動に関わる人間なら、
「3.11」以降、音楽で何らかのアプローチができないかと
考えて来ている人は少なからずいるだろう。

私も何人かと話したことはある。例えば15人ほどの合唱団
があって、そのうち4人が東北出身者なので、
「いつか押しかけ公演したいね」と話したが、皆さん忙しく、
かく言う私もサラリーマンなので動きにくい。
むろん言いわけであることは承知している。
頭の中の考えだけでは何の意味もないことは実感する。

「3.11」直後から、特に原発問題の発生が国内外の音楽家
にも大きな影響を及ぼした。
クラシック、ポップス等を問わず音楽家も苦闘した。

佐渡裕さんや友人でもある さだまさしさんも「音楽は無力だ」と
感じ困惑した。
東北大学でも学んだ小田和正さんも「なかなか歌いに行こうとは
思えなかった」と後年語った。
それでもしばらくして、さださんや長淵剛さんや八神純子さん、
仲道郁代さんや小山実稚恵さんら多くの音楽家が
しだいに被災地、被災者の皆さんに音楽を届けに行き始めた。

イタリア政府の帰国命令により、メータと来日中だった
フィレンツェ歌劇場は帰国したが、メータはほどなく単身再来日
してN響とチャリティ演奏会を開いた。
第九のソリストの一人、藤村実穂子さんは
「何かしたいと思っていたが、1人では歌えないのでは
 と悩んでいたところ、ズービンが声をかけてくれたので
 嬉しかった」と語った。

偶然翌12日に関西でフォーレのレクイエムのソロを
歌った小林沙羅さんは異様な雰囲気の中、
祈りを込めて歌い、東京の自宅に戻ったとき、
それまで抑えていた感情が高まって思わず大泣きした。

来日を控えていたムターはドイツ政府の許可が下りず
来日を諦め、ジャパンアーツのホームページに
 「自分は行きたいが、許可が下りず行けなくて
  申し訳ない」
という見舞いとお詫び文が掲載された。

来日を控えていたドミンゴは周囲の猛反対を押し切って来日。
私もNHKホールで聴いたが、最後に3階まで満員の聴衆全員が
起立していっしょに歌った「故郷」は忘れられない。

ロンドン在住のピアニスト小川典子さんは直後から
英国内のTV出演等で支援を呼び掛け、
チャリティ演奏会を開始。

ベルリン在住の樫本大進さんや日下紗矢香さんも
ベルリン・フィルを含む多くの音楽家とともに
チャリティ演奏会を開いた。

ウィーン・フィルは今でも来日のたびに、時間を割いて
メンバーが被災地に赴き、楽器指導を含む被災者との
交流を継続している。

後年、アッバードも被災地訪問プロジェクトを立ち上げたが、
自身は来日直前に逝去され、残念だった。

いまだ行方不明者2,553名。
仮設住居者3万4千人以上を含め、他の都道府県への
避難者数も12万人を超えたままでいる。
被災者の皆さんはむろん、想いを寄せる音楽家も含め、
様々な感慨が続く6年目の「3.11」が来る。

2017年2月23日 (木)

池田晶子さん逝去から10年

2017年2月 5日 (日)

アメリカ大統領令の愚かさ~試される司法

より以前の記事一覧

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック