« 合唱団やえ山組~バッハ ミサ曲ロ短調 | トップページ | 田部京子さん~~宗次ホール~充実のリサイタル »

2022年6月 5日 (日)

大塚 茜さん~ニーノ・ロータのフルートソナタを演奏

大塚 茜さん~ニーノ・ロータのフルートソナタを演奏

久しぶりに大塚 茜さんのフルート演奏を聴いた。大塚さんの吹くフルートのトーンは常に温かく、聴く者を幸せな気持ちにしてくれる。

共演はハープの宮本あゆみさん。大塚さんが「そろそろ、ユニット名を付けないと、と思うくらい」共演されているので、ほとんど盟友に近くなっていると言える。

6月4日の午後、会場は雑司ヶ谷の「平光広場」。広場と言っても屋外ではなく、小さな空間(部屋)だが、満員で、目算で60人前後はいたと思う。

2人には既に常連が多数いて、男女を問わないが、若い人以上に、中年以上の年配衆が多そうなのが面白い。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

大塚さんが、1月ころ、体調を崩されたことは全く知らなかったが、この日の演奏では、それを伺わせるような点は皆無で、全く問題なく、素晴らしい演奏をされたので、完全快癒されたに違いない。

ハープの宮本あゆみさんは、これまでに、橋 幸夫さん、中丸三千繪さんとも共演され、最近は、「葉加瀬太郎オーケストラコンサート2022 The Symphonic Sessions」のメンバーとして各地のツアーに同行されるなど、ジャンルを問わず活躍されている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

演奏曲は(ほぼ)以下のとおりだが、プログラムは配布されなかったし、口頭で順次アナウンスされる曲をメモしていたわけではないので、1~2曲ほど抜け落ちていると思うし、曲順も多少違うと思うが、概要はお示ししたい。

前半は主にポップス系の曲で、休憩後の後半はクラシック色が増す、という構成。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1.松任谷由実「ダンデライオン~遅咲きのたんぽぽ」

2.「Woman」~"Wの悲劇"より

とりわけ、素晴らしかった。

3.久石譲.:「風の通り道」

4.ニコライ・カスプーチン作曲の曲

5.宮本あゆみ作曲「アネモネ」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(休憩)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

6.ショパン:ノクターン~嬰ハ短調 遺作

7.「もののけ姫」より1曲。

大塚さんは、冒頭とエンディングで、尺八に似た音を出す奏法を用いるなど、興味深かった。

8.ニーノ・ロータ:映画「ロミオとジュリエット」~テーマ

名曲の名演。

9.ニーノ・ロータ:フルートとハープのためのソナタ

ニーノ・ロータ(1911年~1979)の27歳のときの作品。

3楽章制、特に第1、第2楽章は、ゆったり感あるロマンティックな曲。

ニーノ・ロータというと、どうしても映画音楽のイメージがあるし、実際、「太陽がいっぱい」、「ロミオとジュリエット」、「ゴッドファーザー」等、有名曲があるが、交響曲は3曲、オペラを1曲、弦楽のための協奏曲、トロンボーン協奏曲、ファゴット協奏曲なども作曲していたことを、今回、帰宅後に調べて、初めて知った次第。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

アンコール

「ネッラ・ファンタジア」(原曲は、映画『ミッション』で使用されたエンニオ・モリコーネ作曲『ガブリエルのオーボエ』)

この大好きな、素敵な曲で締めくくってくれたのも、とても嬉しかった。

 

https://m.facebook.com/pg/akanefl/posts/

 

https://blogtag.ameba.jp/news/%E5%A4%A7%E5%A1%9A%E8%8C%9C

« 合唱団やえ山組~バッハ ミサ曲ロ短調 | トップページ | 田部京子さん~~宗次ホール~充実のリサイタル »

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック