« 第13回 東京チェロアンサンブル | トップページ | クァルテット・エクセルシオ~ショスタコーヴィチ »

2022年3月13日 (日)

ブラームス~室内楽マラソンコンサートの第3部を聴いて

W響子さんの連携に感動そして名曲クラリネット五重奏曲を堪能

諏訪内晶子さんが芸術監督するプロジェクト、国際音楽祭NIPPON 2022は、彼女によるバッハの無伴奏曲のコンサートで開始したが、そのラストを飾る「ブラームス 室内楽マラソンコンサート」の第3部を、3月13日夜、東京オペラシティで聴いた。

「オール・ブラームス・プログラム」の室内楽コンサートの第1部は、午前10時30分に開始して4曲が演奏された。第2部が一番長丁場で、13時30分に開始。6曲が演奏されて、18時20分ころ終了。

私が聴いた第3部は19時に開始し、15分の休憩を挟んで21時30分終了。聴き応えある4曲のコンサートだった。

第3部について書いた後、最後にご参考として、第1部と第2部の演奏曲と演奏者を付記する。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1.弦楽五重奏 第1番 ヘ長調 Op.88

1Vn.マーク・ゴトーニ、2Vn.小林美樹、

Va.田原綾子、村上淳一郎、VC.上野通明

全体的に明るく、温かな、安定感のある格調高い演奏で、見事だった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2.弦楽五重奏 第2番 ト長調 Op.111

1Vn.米元響子、2Vn.小川響子、

Va.鈴木康浩、村上淳一郎、VC.辻本 玲

冒頭から、5人は、まるで、ベルリン・フィルのように大きく体を動かしての演奏が素晴らしく、唖然とするほど楽しかった。これこそ、室内楽ライヴの醍醐味だ。

特に、ヴァイオリンの米元響子さんと、葵トリオの小川響子さんという「W響子」ということでウマが合うのか、演奏中も、まるで、おしゃべりしながら弾いているかのような、コミュニケーション力抜群の演奏で、強烈な印象を受けた。

米元さんは、小川さんやチェロの辻本さんが座る左側を度々見ながら、アイコンタクトを続ける。小川さんも、それに応じる。辻本さんも然り。ヴィオラの2人は、米元さんの向かいにいるから左を向く必要が無い。米元さんには見えていて、2人もしっかり見ているからだ。

米元さん、小川さんのW響子さんによる情熱的で、コミュニケーション力の高い演奏が、他の3人を牽引し、3人もそれに刺激を受けているかのように応じたアンサンブルは、アグレッシブで、情熱的な演奏で、圧巻で、素晴らしかった。

終演後、聴衆の多くが両腕を高く上げて、盛大な拍手を送っていたので、私と同じような興奮と感動を覚えたに違いないことが確認できた。

「こんな素晴らしい室内楽の演奏は初めて聴いた」、と言いたい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 (休憩後)

3.クラリネット三重奏曲 イ短調 Op.114

クラリネット:金子 平、ピアノ:阪田知樹、VC.中本健二

金子さんのクラリネットのニュートラルな安定感も良かったが、阪田さんの明るいピアノの響と、自在なテクニックの中本さんのチェロが特に印象的だった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

4.クラリネット五重奏曲 ロ短調 Op.115

クラリネット:金子 平、Vn.諏訪内晶子、マーク・ゴトーニ、

Va.鈴木康浩、VC.辻本 玲

名曲中の名曲。交響曲も含めて、もしかしたら、ブラームス最高の傑作は、この曲かもしれない、と思うくらい、素晴らしい曲。

秋の気配漂う冒頭から、深い情感と気品と、絶妙なアンサンブルとして作曲された曲想が続く。温かさ、しなやかさ、哀愁と同時に、凛とした佇まい。自在さと規律の形式的バランスの見事さと、その中に散りばめられた様々な感情の移ろい。奇跡としか言い様のない素晴らしい曲だ。

演奏も実に良かった。クラリネットの金子さんの安定した美しいトーン。とりわけ、ニュートラルな明るさと品が生かされたのは第2楽章だった。

弦の4人がそれを見事に支えて歌っていく。

決して激しないように、丸みと明るさを湛えての演奏は、諏訪内さんによるトーンの統一、リードの表れだろう。温かな品の良い弦と、穏やかな安定感あるクラリネットによる絶妙な演奏で、素晴らしかった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(参考)

第1部~10:30開始

1.ピアノ三重奏曲第1番 ロ長調 Op.8

Vn.マーク・ゴトーニ、VC.中本健二、ピアノ:菊池洋子

2.ピアノ三重奏曲第2番 ハ長調 Op.87

葵トリオ~ピアノ:秋元孝介、Vn.小川響子、VC.伊東裕

3.ピアノ三重奏曲第3番 ハ短調 Op.101

Vn.米元響子、VC.上野通明、ピアノ:阪田知樹

4.ホルン三重奏曲 変ホ長調 Op.40

ホルン:日髙剛、Vn.小林美樹、ピアノ:菊池洋子

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

第2部~13:30開始

1.弦楽六重奏曲第1番 変ロ長調 Op.18

Vn.米元響子、小林美樹、Va.村上淳一郎、田原綾子、VC.辻󠄀本玲、上野通明

2.弦楽六重奏曲第2番 ト長調 Op.36

Vn.マーク・ゴトーニ、諏訪内晶子、Va.鈴木康浩、田原綾子、VC.上野通明、辻󠄀本玲

3.ピアノ四重奏曲第1番 ト短調 Op.25

葵トリオ+Va.鈴木康浩

4.ピアノ四重奏曲第2番 イ長調 Op.26

Vn.マーク・ゴトーニ、Va.田原綾子、VC.中本健二、ピアノ:髙木竜馬

5.ピアノ四重奏曲第3番 ハ短調 Op.60

Vn.米元響子、Va.鈴木康浩、VC.辻󠄀本玲、ピアノ:阪田知樹

6.ピアノ五重奏曲 ヘ短調 Op.34

Vn.米元響子、Va.田原綾子+葵トリオ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

全出演者

諏訪内晶子、マーク・ゴトーニ、米元響子、小林美樹(ヴァイオリン)

鈴木康浩、田原綾子、村上淳一郎(ヴィオラ)

イェンス=ペーター・マインツ、辻󠄀本玲、上野通明(チェロ)

阪田知樹、菊池洋子、髙木竜馬(ピアノ)

葵トリオ<秋元孝介(ピアノ)、小川響子(ヴァイオリン)、伊東裕(チェロ)>

金子平(クラリネット)

日髙剛(ホルン)

« 第13回 東京チェロアンサンブル | トップページ | クァルテット・エクセルシオ~ショスタコーヴィチ »

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック