« 2021年12月 | トップページ | 2022年2月 »

2022年1月29日 (土)

田部京子さん~吉松さん編曲の新協奏曲を弾く

田部京子さん~シューベルトの「ピアノ協奏曲」を初演

「えっ? シューベルトは、ピアノ協奏曲なんて作曲していないよね?!?」

「はい。ピアノ・ソナタ第21番を、吉松隆さんが「協奏曲」としてアレンジした「作品」でして、この日がその初演だったのです」。

藤岡幸夫さん指揮、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団による、前半にその曲が置かれた演奏会を、1月29日午後、ティアラこうとう大ホールで聴いた。後半のプログラムはシベリウスの交響曲第1番。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

編曲に関するいきさつを、吉松さんがプログラムに寄稿されている。それによると、

吉松さんが、田部さんが演奏するシューベルトのソナタ第21番を聴いたのは1994年で、とても魅了され、それがきっかけで、あのユニークな「プレイアデス舞曲集」の録音に繋がり、1998年には、あの美しく、素晴らしいピアノ協奏曲「メモフローラ」が誕生し、田部さんと藤岡さんにより、英国で録音されたのだが、その英国CHANDOSとの契約では、藤岡さん指揮により、吉松さんの作品のCD録音を、年1枚位のペースで開始されてもいたので、吉松さんは密かに、この曲のアレンジを思い付いたという。

「誰に頼まれたわけでもなく、演奏の当てがあったわけでもなく」取り掛かり、2000年の春には完成したが、「面白そうだね」とは言われながらも、今日まで20年以上「お蔵入り」的に演奏される機会が無く、「絵に描いたような自業自得」だったと自嘲ぎみに書かれている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ステージに置かれたピアノはスタインウェイではなく、ベーゼンドルファー。最初、吉松さんか、田部さんの希望か、と思ったが、ホールで最近、導入されたようなので、あるいは、そのお披露目の意向がホールからあったのかもしれないが、結果的には、原曲的にも、吉松さんのアレンジ的にも、スタインウェイの強靭さより、ベーゼンドルファーの柔らかで「しなやかな」トーンが、作品と演奏に、より相応しいものとして寄与された様に感じられた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、第1楽章の開始は、どう開始させるのだろう? 原曲のとおり、ピアノのソロからだろうか?と興味があったが、弦による美しい和音で開始し、直後、あの冒頭を田部さんが弾き始めた。なるほど、巧い開始だ。

その後、当然ながら、本来はピアノのソロの旋律であっても、オケに取って代わられ、ピアノはオブリガートに回るなど、様々な工夫はされていた。第3楽章は木管が美しく使われるなど、全体として、とても美しいオーケストレーションで、「さすが、抒情性の吉松」と納得できた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ただ、それでも、強いて言えば、編曲は編曲であって、これはシューベルトの「作品」ではなく、「完全に純粋な吉松作品でもない」。

如何に吉松さんの才能をもってしても、アレンジという行為には「限界」は当然ある。

ユニークな内容だし、田部さんも楽しんで演奏されただろうことは間違いないが、聴いている中、私は原曲の素晴らしさをあらためて実感せざるを得なかった。

シューベルトが、自分の死期を意識する中、奇跡的なまでの天国的な楽観的な、長大な音楽に自らを遊ばせた余裕、それを内包し得たという信じがたい作品の見事さを、吉松さんの編曲を楽しむ中で、あらためて実感したのだ。吉松さんのアレンジが見事であるが故に、かえって益々オリジナル作品の見事さが浮き彫りになったようにも感じられた。

そして(と言うか、しかし、と言うべきか)、これは、吉松さんにとっても、不名誉なことではなく、むしろ名誉な事に違いない、と、それこそ氏の名誉にためにも強調しておきたい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そして、もう一度言うなら、昨年、浦安と浜離宮で2回聴かせていただいた、田部さんによるこの名曲を、この大ホールで、オリジナルのまま、もう一度聴きたい、聴かせていただきたい、と強く感じた次第だった。

終演後は、美しいオーケストレーションによるユニークな企画に加え、田部さんのファン、吉松さんのファン、藤岡さんのファン、東京シティ・フィルのファンなどの相乗効果からか、長く盛大な拍手が続き、カーテンコールは4回に及び、前半のプログラムが終了した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

休憩後の後半は、シベリウスの交響曲第1番 ホ短調 Op.39

第2楽章の瑞々しさ、第3楽章の躍動感も印象的だったが、それまで端正でスタイリッシュな印象を受けていた中、終楽章のエンディングに向かう中、雄大さがそれに加わって見事だった。

オケの熱い演奏は、そのまま、藤岡さんの「シベリウス愛」を感じさせる演奏と言える。

 

 

https://www.cityphil.jp/concert/detail.php?id=241&

2022年1月16日 (日)

齋藤友香理さん ~ 新日本フィルハーモニー交響楽団を指揮して交響曲3曲を演奏

齋藤友香理さん~交響曲3曲を振る~新日本フィル

ドレスデンで研鑽中の指揮者 齋藤友香理さんが、新日本フィルハーモニー交響楽団を指揮して、「未完成」、「運命」、「新世界より」を振ったコンサートを1月16日午後、川口リリアのメインホール(大ホール)で拝聴した。これは、川口総合文化センター・リリアの主催公演で、「2022ニューイヤーコンサート~“華麗なる3大交響曲”~と銘打たれた公演。

新年早々、3つの有名な交響曲を一度に、それも女性指揮者が振る、とあってか、大ホールは9割位の盛況な入りだった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

齋藤さんは、後述するが、2020年2月18日放送のTV「セブンルール」で取り上げられていて、興味深く拝見したので、「これから聴いて行こう」と思った直後の、コロナ禍入りだった。

新日本フィルのコンサートは久しぶりで、フルメンバーによる団員も、数名を除いてマスク無し、譜面台も、ソーシャルディスタンス対応の一人1台ではなく、2人(1プルト)で1つ、という、ようやく「普通」に戻っていた。

コロナ元年の2000年は、団の存続の危機が言われた位だったから、満員に近い集客といい、何よりだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

全くの余談だが、新日本フィルの第2ヴァイオンのフォアシュピーラー、佐々木絵理子さんは、2018年10月に、「カーサ モーツァルト」(原宿)で行われた、「歌う女、奏でる女、弾く女」で知り、終演後、お話する機会があっただけでなく、ヴァイオリンの肩当で、丸型の簡易肩当を使用されていたので、「それ、良いですね」、と私が言うと、「数個持っているので、伊藤さん、ヴァイオリンをやっているのなら、これ、差し上げますよ」、と頂いたりもした。

あのときも、茶髪というか金髪が印象的だったが、この日も、変わらず金髪だったので、ステージに出て来たとき、直ぐに判った次第(笑)。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1曲目は、シューベルトの交響曲 第8番 ロ短調 D759「未完成」

第1楽章。ゆったりと開始。アレグロ主部に入っても、落ち着いたテンポで進め、昨今、流行りの、速いテンポで現代風を気取るスタイルとは一線を画すアプローチに、好感を覚える。この曲は、あくまでも内省的な面を基本としているのだ、というように考えていることが伝わってくる。

チェロで開始する第2主題では、「più ピアノ」でデリケートな情緒も表出していた。

第2楽章のテンポはオーソドックスで、ロマン性よりも、弦のアクセントの強調を含め、バロック的な雰囲気を持った、エレガントな演奏だった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2曲目は、ベートーヴェンの交響曲 第5番 ハ短調 op.67「運命」

第1楽章のテンポはオーソドックスで、各所のフェルマータも短め。

第2楽章は、落ち着いたテンポでの爽やか系の演奏で、好感が持てた。

第3~第4楽章にかけては、いたずらに劇的に盛り上げるのではなく、自然体で進めた演奏。もちろん、第4楽章においては、要所々々で、強調すべき部分(場面)で、それがキチンとなされていた。立派な第4楽章だった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

休憩後は、ドヴォルザークの交響曲 第9番 ホ短調 op.95「新世界より」

第1楽章。丁寧な序奏の演奏に続く、アレグロ主部は、オーソドックスなテンポによる、自然体な運び。フルートにより開始される第3主題は、2回ともテンポを落として、ゆったり、しなやかに歌う。

第2楽章がとりわけ良かった。

落ち着いた、ゆったりしたテンポで、弱音を主体にデリケートに歌う演奏。ファースト・ヴァイオリンによって嬰ハ短調で奏される部分は、とりわけステキだった。

第3楽章も、急がず慌てず、余裕あるテンポで、着実に進めていた。

第4楽章も自然体を基本としながらも、曲想的にメリハリ良く、ダイナミクスも十分で、立派な演奏だった。

「新世界より」が終わった直後、齋藤さんが団員たちに深々と一礼し、3回のカーテンコール後のアンコールは、ヨハン・シュトラウス2世&ヨーゼフ合作の「ピッチカート・ポルカ」。

新年に相応しいし、管楽器に負担をかけないナイスな選曲。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

齋藤友香理さんについての全体的な感想

3曲とも譜面を置いての、入念で自然体を基本とした運び。作品に対して向き合う真面目な姿勢に好感を抱くが、それは物足りなさと表裏一体と言えなくもない。

2拍子と4拍子を巧みに振り分けていたが、そんなに四角四面に几帳面に振らなくても、オケをちゃんと弾いて(吹いて)くれるのだから、要所々々をダイナミックに振るなどの、大らかな指揮でよいのに、と思ってしまう。

そうした良い意味での要領、図々しさは、今後、場数を踏むことで獲得していくのだろうな、と想像する。

女性がどう、という気は無いが、しかし、国内外を問わず、女性指揮者が増えて来たとはいえ、未だマイナーな存在ゆえ、「応援していきます」と言いたくなる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

先述のTV「セブンルール」

ドレスデン。2013年9月からこの地に移り住んで6年。コンクールで賞を取っても、オーディションを受けては落選の日々、彼女はここ1年以上、ヨーロッパでの指揮の仕事を行えていない。“やばい”とは思うけど、自分の中ではもうちょっと勉強しなさいという合図なんだなと思ったりする、と前向きに語っていた。

「セブンルール」の7つ目が「指揮者以外には嫁がない」。その心は、「指揮者では食えないが、指揮者の魅力は何物にも代えがたい」。

サラリーマンのお父さんが、確か、「結婚して、孫の顔を見たい」という様な事を言われていたと記憶するが、音楽ファンとしては、「そういう事よりも、指揮者として、もっと活躍する姿を見たい」、と、応援も含めて、敢えて勝手に言わせていただこう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日本のオケと海外のオケについて

新日本フィルに限らず、日本のオケは、金管を含めて格段にハイレベルになったことは、今更言うまでもないことだが、以前から感じていることを今日も感じたので一言付け加えたい。

ファーストヴァイオリンの音が、コンマスを含めて4人くらいで弾いているかの様にしか聞こえてこないのは、このホールの音響が良くないことだけが原因とは思えない。

ベルリン・フィルだと、トップから一番後ろの人まで、同じエネルギー=モチベーションで弾いている感じがして、正に「弦が波打って弾いている」感があるのに対して、日本のオケは、コンマス周辺の奏者と、後列の奏者とのそれが、同じ熱量で弾いている感じがしない。「一丸となる」感じが薄い気がする。温度差を感じてしまうことが多いのだ。

それが、奏者個人の問題なのか、団という組織に在る文化や空気感などに起因する問題なのか、よく解らないが、いずれにしても、欧米の一流オケと、日本のオケの決定的な差、違いは、この点にあると感じて来たし、今日も感じてしまった次第。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

演奏曲

1.シューベルト:交響曲第8番 ロ短調 D759「未完成」

2.ベートーヴェン:交響曲第5番 ハ短調 op.67「運命」

3.ドヴォルザーク:交響曲第9番 ホ短調 op.95「新世界より」

アンコール

「ピッチカート・ポルカ」

 

https://www.lilia.or.jp/event/2645

 

「セブンルール」

https://ohitoritv.com/ktv-7rules-conductor-yukari-saito/

https://www.ktv.jp/7rules/program/200218.html

https://dogatch.jp/news/cx/75281/detail/

2022年1月 8日 (土)

大村博美さん~チャリティコンサート

大村博美さんによるチャリティコンサート

海外の歌劇場でも活躍されている数少ない日本人ソプラノ歌手の一人、大村博美さんによるチャリティコンサートを1月8日午後、紀尾井ホールで拝聴した。名歌手による、係る主旨のコンサートとあって、会場は、ほぼ満員の入り。

ピアノは名手、河原忠之さん。

賛助出演として人気テナーの山本耕平さんを迎えてのプログラムは、下記記載のとおり、ユニークで面白く、大いに楽しませていただいた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

概要や感想の前に、このコンサートの主旨について

コンサート実行委員会の晴佐久 昌英 神父は、カトリック上野教会の主任司祭として、生活困窮者のための「うぐいす食堂」も運営されているが、その「一息つける場所」の提供に加え、今の状況下において、「私達に必要なのは、お互いに助け合って共に生きていく、暖かい家族的なコミュニティ」であるとして、「私たち大きな家族」が音楽の感動を分かち合う場を実現すべく、生活保護受給者、難民のかた、技能実習生、路上生活者、障碍者手帳をお持ちのかたなど、120名以上のかたをご招待し、「コロナ禍の生活困窮者支援」として開催されたチャリティコンサートだった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「第1ステージ」

白いドレスで登場された大村さんの1曲目は、なんと、「ア・カペラ」での「アメージング グレイス」。続く2曲目の「ピエ イエズ」(フォーレの「レクイエム」)も含めて、大村さんの、このコンサートに寄せる思いが強く伝わる、印象的な開始だった。

2曲の後、大村さんがマイクを手にして挨拶された。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

大村さんの挨拶の概要

「コロナ禍で、多くの人が大変な思いをされていると思います。コロナで亡くなられたかた、ご家族や友人などで罹患(感染)されたかた、直接、罹患されなくとも、多くの人が、毎日の仕事や生活において、厳しい状況の中を生きていらっしゃると思います。そうした方々のために、少しでも何か力にならたら、ということで、1年位前から、このコンサートの準備(企画)をしてきました。

私には実の母親の他、母の様に慕っているかたが何人かいます。その一人で、今日も来場されるはずだったかたが、先月、突然亡くなられました。

~この件に関して、伊藤は、大村さんの後援会からの情報で概要は存じているが、詳細は控え、Mさんとだけさせていただく~

23日に、その悲しい知らせを受け、泣く泣くリハを行った翌24日、そのMさんから「ゆうパック」が届き、驚いて開けると、私が舞台でつけるためにMさんが用意してくださったイヤリングが入っていました。そして今、私はそれを着けています。

こうした状況下で、私も強く生きていきたいと思いますし、1曲目と2曲目で、「アメージング グレイス」と「ピエ イエズ」を歌わせていただいたのも、この厳しい状況の中でも、少しでも皆様に、穏やかで安らいだ気持ちになっていただけたらと思ってのことでした」。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そして、当初予定された3曲目と4曲目を入れ替えて、まず、黒人霊歌である「彼の目は一羽のスズメに注がれ」を自在なスウィングで歌われ、その後、「メサイヤ」から「喜べ、シオンの娘よ」を伸びやかに歌われ、第1部を「アヴェ マリア」(グノー~バッハ)の清らかな歌唱で終えた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「第2ステージ」

引き続いての第2ステージは、ゲストの山本耕平さんが登場されたが、なんと、右足をケガされたようで、松葉杖での登場で驚いた。

バーンスタイン「ウエストサイド物語」より「マリア」を山本さんがイスに腰かけたまま、甘い(色気のある)トーンで魅力的に歌い、次いで、「トゥナイト」のデュオ。曲の後半は、山本さんもピアノに寄り添うように立っての歌唱。オペラ歌手によるミュージカル・ナンバーのデュオは格別なものがある。

ここで、2人のトーク。

大村さん~「山本さんとは、いつか共演してみたいと思っていた」

山本さん~(足のケガに関して)「皆さんから優しくされる」と笑わせ、「大村先輩とは、留学先での先生が同じで、先生から大村さんの活躍、如何に「階段」を登っていくか、など、当時から、たくさん話を聞いていた。今回、共演させていただき、とても幸せです」という主旨のコメントがあった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

トークの最後、大村さんから次に歌う曲の紹介と逸話を披露。

「私は映画が好きで、フランスの自宅では、夕食後、必ず1つは映画(DVD)を観る。今回の選曲での打ち合わせで、ミュージカルも良いね、ということになり、「アナと雪の女王」より「Let It go」をフランス語で歌います。そして、スーザン・ボイルさんの名唱でも知られる「I dreamed a dream(夢破れて)」を歌います」として、2曲を歌われた。

フランス語による「Let It go」は、とても新鮮だったし、「I dreamed a dream(夢破れて)」も、スケール感が見事でステキだった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「第3ステージ」

休憩後の第3ステージは、オペラアリアのコーナー。

赤いドレスで登場した大村さんによる、グノーの歌劇「ファウスト」より「宝石の歌」の、スケール感ある歌唱で開始。

山本さんのトーク。今回のコンサート全体のコンセプト(共通要素等)や、「ラ・ボエーム」のアリアの概説をされた。

プッチーニの歌劇「ラ・ボエーム」より、山本さんによる魅力的な「なんて冷たい可愛い手」。大村さんによる繊細にしてドラマティックな「私の名はミミ」が披露され、「うるわしい乙女よ」のデュオで終えた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

続いての、大村さんによるヴェルディの「ドン・カルロ」より「世の虚しさを知るあなた」が、格別なまでに圧巻だった。

素晴らしさという点では同じでも、大村さんはその歌唱により、プッチーニとヴェルディの「違い」を確実に、見事に示された、と言える。

そしてそれは、プログラム最後の、大村さんの「十八番(おはこ)」の一つでもあるプッチーニの「蝶々夫人」の「ある晴れた日」によって、再度、その違いと、それぞれの素晴らしさを披露し、聴衆に深い感動を与えた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

アンコールの1曲目は、大村さんが、プーランクの「愛の小径」を情感豊かに、スケール感を持って歌われた。

ここで、会場で配布されたフライヤー(ちらし)の1つ、先述の「うぐいす食堂だより」について、大村さんから直接紹介があり、「よろしければ、お帰りに募金を」と呼びかけた。大村さんの直接の言及の効果は絶大で、帰り、私を含めた多くの来場者が募金箱に投じていた。

アンコール2曲目(最後の曲)として、大村さんが、プッチーニの「トスカ」より「歌に生き、愛に生き」を歌われたが、コンサート最後に相応しいまでの感動的な歌唱で、会場を大いに沸かせて、この素晴らしいコンサートが終わったのだった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

プログラム

第1ステージ

1.アメージング グレイス

2.ピエ イエズ(フォーレの「レクイエム」より)

3.彼の目は一羽のスズメに注がれ〜(黒人霊歌)

4.「喜べ、シオンの娘よ」(ヘンデルの「メサイヤ」より)

5.アヴェ マリア(グノー~バッハ)

第2ステージ

1.バーンスタイン「ウエストサイド物語」より

(1)マリア ~ 山本さん

(2)トゥナイト ~デュオ

2.「アナと雪の女王」より

「Let It go」のフランス語版「Libérée délivrée」

3.「レ・ミゼラブル」より「I dreamed a dream(夢破れて)」

 (休憩)

第3ステージ

1.グノー:歌劇「ファウスト」より「宝石の歌」

2.プッチーニ:歌劇「「ラ・ボエーム」より

(1)なんて冷たい可愛い手 ~山本さん

(2)私の名はミミ ~大村さん

(3)うるわしい乙女よ ~デュオ

3.ヴェルディ:歌劇「ドン・カルロ」より「世の虚しさを知るあなた」

4.プッチーニ:歌劇「蝶々夫人」より「ある晴れた日」

アンコール

1.プーランク「愛の小径」

2.プッチーニ:歌劇「トスカ」より「歌に生き、愛に生き」

2022年1月 2日 (日)

1年生の活躍~箱根駅伝往路

坂登りの5区。

1位をキープした青山学院の若林宏樹さん。

6位の中央大学の阿部陽樹さん。

7位の東京国際大学の倉掛 響さん。

11位の早稲田大学の伊藤大志さん。


いずれも1年生の力走だった。

 

https://news.yahoo.co.jp/articles/2801f744845de2b0b431fcfe067b6d400b1062b0

教え子へのタスキ~箱根駅伝の往路

4区、初出場の駿河台大学の今井隆生さん31歳~教員休職中、4月に復職予定~が、20位で5区で待つ、かつての教え子、永井竜二さん(3年)にタスキを渡す瞬間は、グッと来るシーンだった。
その少し前、4区の終わり近くで声をかえた徳本一善監督の言葉も良かった。
「今井、お前の思い残すことを全部ここに置いていけ。楽しかった練習を思い出せ。俺は楽しかったぞ!」。

https://news.yahoo.co.jp/articles/6a53fa9fc9f13d3006b52eac4b84188c89b90e24
https://news.yahoo.co.jp/articles/c19fbd3a5345fb6fa58a7efe3740d7586202ebdf
https://number.bunshun.jp/articles/-/851224
https://news.yahoo.co.jp/articles/0ec489519b5bbd2b46e2aebc29233e932d7b3083
https://number.bunshun.jp/articles/-/851225
https://news.yahoo.co.jp/articles/d3dfa2a3f212908910af9b757160ac5bb4306714

2022年1月 1日 (土)

謹賀新年

皆様、明けましておめでとうございます。
喪中ではありますが、まずは皆様に、新年のご挨拶を申しあげます。
いつもご覧いただき、ありがとうございます。
あらためて、深く御礼申しあげます。
今年こそが、皆様にとりましても、良き年となることをお祈りいたします。
今年も、どうぞよろしくお願いいたします。

« 2021年12月 | トップページ | 2022年2月 »

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック