« 吉江忠男さん&岡田 愛さん~ジョイントリサイタル | トップページ | メサイア~プロムジカ使節団 第2回公演 »

2021年9月26日 (日)

「クール プリエール」の定演~大村博美さんが共演

合唱団の「Choeur Prière(クールプリエール)」の第37回定期演奏会を9月26日午後、上野学園 石橋メモリアルホールで拝聴した。指揮は1982年より常任指揮者を務めている黒岩英臣さん。私が所属する合唱団「鯨」の常任指揮者でもあるので、ここでも、黒岩先生と呼ばせていただきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「クール プリエール」の昨年の定演は、当然の如く中止だったが、ようやくの演奏会であり、ソリストには、海外のオペラハウスで活躍されているソプラノの大村博美さんを迎えての公演、ということもあって、(一席空けではあるが)ほぼ満員の聴衆からは、開演前から期待感が伝わって来ていた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「クールプリエール」を私が拝聴するのは初めてで、プログラムによると、「1973年、東大柏葉会OBを中心に発足。1983年に黒岩英臣先生を常任指揮者に迎え、翌年、アンサンブル・ミニョン(女声)と合併、新生クールプリエールとして再スタートし、今日に至る」とあり、この40年間には、いろいろなコンクール等で上位入賞を果たすなど、評価の高い合唱団。

後述のとおり、透明なハーモニーが美しく、とても優秀な合唱団。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

団員数が少ないことも、練習会場の確保も含めて、演奏会に向けての準備で有利に働いたと想像できる。

この日、曲により若干の変動はあり、「ルネサンス宗教曲」では、女声(ソプラノとアルトの合計)11名、男声(テノールとバスの合計)10名。ブラームスでは、女声が10名と1名減だったと思うが、最後のプーランクでは、賛助も加わり、(それでも)女声12名、男声11名の、いわゆる「少数精鋭」と言える合唱団。

なお、面白かったのは、マスクをして歌われた人と、着けずに歌われた人が、男女それぞれ混在していたこと。ちなみに、黒岩先生とプーランクでのオケはマスク着用。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

素晴らしい合唱団

演奏曲は下段に記載のとおりだが、合唱団は、ルネサンス宗教曲集にしても、ブラームスの「マリアの歌」や、アンコール2曲目のブラームス「静かな夜に」にしても、「ソフトで、温かく、透明感ある見事なハーモニー」だった。統一感、均一感が素晴らしい。特に男声が見事だった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

圧巻の大村博美さん

第三部での、大村博美さんのソロ1曲目は、フォーレの「蝶と花」。シャンソン風の、洒脱な、エスプリを感じさせる曲で、それを感じさせてくれる素敵な歌唱。

2曲目のフォーレの「レクイエム」からの「ピエ・イエズ」は、ヴィブラートの乗った、スケールの大きな、いわば、オペラのアリア調な歌唱だったので、この曲が持つ、一般的なピュアなイメージからは異色な歌唱と言えるが、それだけに、この曲の違った要素を提示されていた、とも言える。

ソロステージ最後は、プーランク「愛の小径」。「小径」と言うより、パリの凱旋門への大通りを連想させるような、スケール感ある歌唱で圧巻だった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

演奏会最後のプーランクの「スターバト・マーテル」でも、大村さんのソロが入る、第6曲「愛しい御子が息絶えるのを見られ」、第10曲「キリストの死を私に負わせ」、第12曲「肉体が死ぬとき、魂に天国の栄光を」における大村さんのソロが圧巻で、声量の豊かさを含めて。ドラマティックで素晴らしかった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

演奏曲

Ⅰ.ルネサンス宗教曲集

1.グレゴリオ聖歌:めでたし、元后あわれみの母

2.パレストリーナ:めでたし、元后あわれみの母

3.ヴィクトリア:アヴェ・マリア (4声)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Ⅱ.ブラームス:マリアの歌 作品22 よりの抜粋

1.第1曲「天使の挨拶」

2.第4曲「狩人」

3.第5曲「マリアへの祈り」

4.第6曲「マグダラのマリア」

5.第7曲「マリアへの賛歌」

(休憩)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Ⅲ.フランス歌曲集

ソプラノ:大村博美さん ピアノ:内藤 晃さん

1.フォーレ「蝶と花」

2.フォーレ「ピエ・イエズ」(レクイエムより)

3.プーランク「愛の小径」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Ⅳ.プーランク:スターバト・マーテル(抜粋)

内藤晃さんによる編曲での室内楽伴奏版による演奏で、ヴァイオリン:加藤綾子、チェロ:山田健史、フルート:岡本元輝、クラリネット:竹内彬、ピアノ:内藤晃の各氏によるアンサンブル。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

アンコール

1.大村さんと合唱で、モーツァルト「主を褒め称えよ」

2.合唱団で、ブラームス「静かな夜に」

 

http://www.choeurpriere.com/

http://www.choeurpriere.com/concert/2021priere_program_pre.pdf

« 吉江忠男さん&岡田 愛さん~ジョイントリサイタル | トップページ | メサイア~プロムジカ使節団 第2回公演 »

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック