« 2021年6月 | トップページ | 2021年8月 »

2021年7月24日 (土)

田部京子さん~ピアノ・リサイタル

田部京子さんが浜離宮朝日ホールで展開している「シューベルト・プラス」の第7回公演を7月24日午後、同ホールで拝聴した。

プログラムは以下のとおりだが、これは本来、昨年予定されていた演目で、同プログラムとしては1年延期公演と言えるもの。

1.シューベルト:ピアノ・ソナタ第4番 イ短調D.537 Op.164

2.ショパン:ピアノ・ソナタ第2番 変ロ短調「葬送」Op.35

3.シューマン:クライスレリアーナ Op.16

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1曲目のシューベルトのソナタ第4番

第1楽章の音の密度の濃さ。イ短調と言っても、シューベルトならではの、長調部分の多い、即興風な曲想の応じた入念な弾き分けが素敵だ。

第2楽章は、曲想が素朴にして様々な要素が盛り込まれた親しみ易い曲。田部さんが、その音の庭園を散策するが如く、楽しんで弾かれていたように感じた。

第3楽章も即興曲的な曲想を自由自在に、しかし格調高く奏された。

全体として、短調の調性を含めて、「爽やかさ」が印象的だった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2曲目は、ショパンのソナタ第2番「葬送」

田部さんがショパンを弾かれるのは珍しいかもしれない。それだけに、昨年から期待のプログラムだった。期待に違わぬどころか、それを大きく超えた素晴らしい演奏だった。

第1楽章では、ショパンと言うより、アグレッシブなシューマンのパッションを想像させ、1曲目のシューベルトが青色の清々しさなら、この第1楽章は、赤色の情念さえ感じられ、そのスケール感を含めてとても印象的で見事だった。

第2楽章のスケルツォでは、リズミックな要素をキチンと立たせての入念な弾き込みが魅力。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

第3楽章の「葬送」は、落ち着いたテンポ設定の中、田部さん特有の微妙なアゴーギクを含みながら、長調の部分での美しさも含めて、純音楽的な楽章としての荘重さと深淵な悲しみを表出されていた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

第4楽章の冒頭の1音にテヌートをかけてから進行するスタイルは、この曲に限らず、田部さんの特徴の1つだが、その直後からのエンディングまでは、敢えて音のクッキリ感は抑え、むしろ淡いヴェールをまとった様な音の混沌を創り出し、この短くもユニークな終楽章の特徴を結果的に見事に描き出してみせたのだった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

休憩後のシューマンの「クライスレリアーナ」。

第1曲は、ありがちなパッション全開というよりも、2曲目とは逆に、むしろ、シューマンと言うより、ショパン的繊細さとフレージングの清冽な鮮やかさにおける音の美しさが印象的だった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

第2曲は、田部さん特有の微妙なアゴーギクが有効的に、しかし自然体として示されながら、抒情性と場面ごとの曲想の弾き分けの見事さが印象的だった。

その後も、動的な曲と静的な曲との特徴の表出がキチンと提示され、特に第6曲での詩的で独白的な演奏や、第7曲での正に「rasch」という表示に相応しいアグレッシブな弾き込みが見事だった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

アンコールの1曲目は、予想通り「トロイメライ」。

音が上昇する部分での、微妙なアッチェランド(とまでは言い過ぎで、音を持っていく勢い、と言うべきもの)を含めた、もたれ過ぎないが、しかし十分叙情的な歌が、正に夢のように美しかった。

2曲目は、ショパンのノクターン 嬰ハ短調(遺作)。

ゆったりとしたテンポでの、しっとり感は、もしや、この日一番の叙情的演奏だったかもしれない、と言えるほどで、内省的にして、秘めた悲しみが胸一杯に入り、広がっていくが如く感動的な演奏だった。

 

https://www.asahi-hall.jp/hamarikyu/event/2021/07/event1876.html

https://www.asahi-hall.jp/hamarikyu/event/20210724.pdf

2021年7月18日 (日)

東京二期会~ヴェルディ『ファルスタッフ』

Wキャスト公演の7月18日公演を東京文化会館で鑑賞、拝聴した。指揮は、当初予定されていたベルトラン・ド・ビリーが来日できなくなり、1990年生まれのイタリア人 レオナルド・シーニが務めた。後述するが、とても良かった。管弦楽は東京フィルハーモニー交響楽団合唱。合唱は二期会合唱団。演出・衣裳はロラン・ペリー。

なお、本公演は、スペインのテアトロ・レアル、ベルギー王立モネ劇場、フランス国立ボルドー歌劇場との共同制作公演でもある。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ここ1か月ほど、2種のCDを、スコアを見ながら聴き、展開が解り、この日、舞台を見て、よくやく全貌が解った。

主人公のファルスタッフが一番重要なのはもちろん、男声ではフォードとフェントンが活躍するし、第1幕ではカイウス役も重要。

女声では、活躍という点では、ナンネッタが実質的な中心の感があり、各種CDでも有名なソプラノが名を連ねている。

そしてもちろん、物語の展開的には、メゾが歌う クイックリーが重要。これも、カラヤン盤でのクリスタ・ルードヴィヒなど、有名歌手が名を連ねている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ファルスタッフ役の今井俊輔さんは、本当に素晴らしかった。声量といい、堂々たるステージでの貫禄と言い見事。少し真面目過ぎる感じもしなくもないが、充実した歌唱は、海外のどの歌劇場でも、この役で十分、聴衆を喜ばせるにたる力量に違いない、と思った。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

フォード役の清水勇磨さんは、たぶん初めて聴かせていただいた歌手だけれど、とても良かった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

フェントン役の宮里直樹さんは、いつもながらの若々しいトーンで魅力的だった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

第1幕明け早々で美声を聴かせてくれたのは、カイウス役の吉田 連さん。もっと、たくさん聴きたいと思ったほど素敵だった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ナンネッタ役の三宅理恵さんが、技術もトーンも演技も魅力的で、ファルスタッフ今井さんに次ぐくらいの存在感がった、と私は感じた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そして、クイックリー役の中島郁子さんも、いつもながらの深く濃いトーンによる歌声と、役柄を十分感じさせてくれる立ち振る舞いで、良かった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ロラン・ペリー氏の演出は、部分的には「?」もあったけれど、総じて空間を効率的に使っていて、なかなか良かった。特に第3幕のナンネッタが歌うシーンは、ファンタジーある効果設定だった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

冒頭書いたように、指揮を代演したレオナルド・シーニは、今年31歳になるか、なったかの若さだけれど、技術だけでなく、落ち着いた、堂々たる指揮で、まるでもう、この曲を何十回も振った経験があるが如く、見事に統率していた。やはり、「イタリア人にとって、ヴェルディは特別なんだな」と、彼のヴェルディに対する愛が十分感じらえる指揮だった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

出演者

7月16日、18日  17日、19日

ファルスタッフ:今井俊輔     黒田 博

フォード:   清水勇磨     小森輝彦

フェントン:  宮里直樹     山本耕平

カイウス:   吉田 連      澤原行正

バルドルフォ: 児玉和弘     下村将太

ピストーラ:  加藤宏隆     狩野賢一

アリーチェ:  髙橋絵理     大山亜紀子

ナンネッタ:  三宅理恵     全 詠玉

クイックリー: 中島郁子     塩崎めぐみ

メグ:     花房英里子    金澤桃子

http://www.nikikai.net/lineup/falstaff2021/index.html

2021年7月16日 (金)

佐渡裕プロデュースオペラ「メリー・ウィドウ」

「原作の逸脱(笑いの付加)こそ、このシリーズ企画公演の特徴」

「楽しくなければオペラではない、を地で行く関西パワーの凄さ」

佐渡裕芸術監督プロデュースオペラ2021喜歌劇「メリー・ウィドウ」(日本語での、Wキャストによる公演)の初日を、兵庫県立芸術文化センターKOBELCO大ホールで楽しく鑑賞、拝聴した。

佐渡 裕 指揮、兵庫芸術文化センター管弦楽団、ひょうごプロデュースオペラ合唱団。演出・日本語台本=広渡 勲。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今月16日から25日までのロングラン。休みは19日と23日のみで、2組が4公演ずつ出演される。

佐渡さん企画のこのシリーズは2005年「ヘンゼルとグレーテル」を皮切りに毎年開催されて来た。もちろん、昨年は例外的に、コロナ禍ゆえ、中止となったが。

私がここで楽しんだのは今回が2回目で、前回は、ちょうど10年前の2011年7月。作品は「こうもり」だった。あのときは、小林沙羅さんが出演される、ということが遠出するきっかけだったが、今回は、20代の若さで主役ハンナ役に抜擢された高野百合絵さんがご出演されるから。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

オープニングから笑いを交えた演出

佐渡さんが登場し、会釈後、一瞬、指揮台を降りて見えなくなり、再度「聴衆に背を向けて指揮台に上った人」が振り向いて、あの声とトーンで言った。「いらっしゃ~い」。

ニエグシュ役で出演される桂 文枝さんだった。会場、爆笑。文枝さんがストーリーの概要をトーク。

「ハンナは大金を得たわけです。和歌山県でも似た話がありましたが」(会場、爆笑)。

その他にも、劇中でのセリフで笑わすこと多々のほか、第2幕と3幕の幕間だったと思うが、客席側に「眼鏡をかけたら東海林太郎さんのよう」な恰好で出て来て話たかと思うと、佐渡さんに近づき。パリに関しての会話。10年前も、こうした役回りを桂ざこばさんがされていたので、同じスタイルだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

新スター~高野百合絵さん

高野百合絵さんが最初に歌う曲は、シャンソンの様な雰囲気が出ていてステキだったし、第2幕での有名な「ヴィリアの歌」では、聴衆が静まり返り、感動して聴いているのが、ひしひしと伝わってきた。

第3幕での有名な「唇は語らずとも」で、目頭と胸が熱くならない人がいるだろうか?

ダニロ役の黒田さんと2人のデュオに、会場がウットリしたのだった。

メゾゆえ、中音域でのトーンが安定感あり抜群だし、高野さんはメゾと言っても、ソプラノと言ってよいほどの高音も魅力的で、技術も巧みなので、この日も実に伸びやかな美声で聴衆を魅了したのだった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

高野さんは、もはや スター歌手。背の高い美人、という外見も含めて天性のもの。

20代での主役抜擢自体、素晴らしいし、歌といいセリフといい、歴史を重ねつつある毎年の企画公演に初出演とは思えないほどの、堂々たる演技と歌唱。

私は、2018年11月の日生オペラ「コジ・ファン・トゥッテ」で、高野さんがドラベッラ役を歌われたときに初めて知り、聴き、「素晴らしい歌手が出て来た」と感心して以来、ファンとなり、FB友人にもなっていただいている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

他の出演者で特に印象的だったのが、カミーユ・ド・ロシヨン役のテナー、小堀勇介さんだ。どこまでも伸びやかな歌声は素晴らしく、秀逸。とても優秀なテナーだと思う。今後も活躍するに違いない。

ダニロ・ダニロヴィッチ伯爵役の黒田祐貴さんも、とても良かった。正統派にして、安定感と格調の高さを感じさせる歌声が素敵だ。

ヴァラシエンヌ役をコケティッシュに演じ、歌った高橋 維さんも可愛らしくて良かった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

元宝塚の香寿たつきさんによる「宝塚劇場」

シルヴィアーヌ役で出演された、宝塚歌劇団出身の香寿たつきさんが、この公演を更に魅力的なものとしたのは間違いない。

劇中の会話で、「愛」の話となり、「愛、愛?」~「あ~い~、それは~」と「愛あればこそ」の一節を歌っただけでなく、第3幕だったか、なんと、「すみれの花咲く頃」を歌われ、聴衆を楽しませた。

「おお、これが宝塚スターだ」、と私も歓喜した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ダンサー陣の活躍

第2幕でのパーティーや、第3幕でのマキシムでの「フレンチ・カンカン」など、多くの男女のダンサーたちの活躍もステキだった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

劇場の構造

10年前にもブログに詳細に書いたが、今回も、このKOBELCOでは、オケピットと客席の間に、花道(渡り廊下、回廊)のような横断する細い特設通路=エプロンステージが設けられたのだが、これは宝塚歌劇の伝統装置である「銀橋(ぎんきょう)」とのことで、ここでヅカガールが観客にアピールするように、この公演でも、下記記載のグランド・フィナーレを含めて、随所で有効に活用された。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

カーテンコールの後のプライズ的グランド・フィナーレ

第3幕最後の全員での「女・女・女」のコーラスで締め、カーテンコール。この「後」が長かった。

8年前にも私はこう書いている。「エンディングを迎えてのソリストたちのカーテンコール、二度目は「銀橋」に出て来てのそれだから、近くの聴衆は喜んだ。しかし、これでは終わらなかった。実は「ここからがサプライズであるグランド・フィナーレの開始」だったのだ」。

今回もそう。まるで、新しい幕が始まったかと思うほどだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

高岸直樹さんと吉岡美佳さんのクラシック・バレエに始まり、(以下、順番は正確ではないと思うが)再度、大勢のダンサーによる「フレンチ・カンカン」。男声ソリスト陣による「女・女・女」のコーラス。白ハット、白いスーツの宝塚男役スタイルでカッコ良く登場した香寿たつきさん。「銀橋」での、カミーユ小堀さんとヴァランシエンヌ高橋さんのデュオ。

ステージでのダニロ黒田さんのソロに続き、再び、ハンナ高野さんの「ヴィリアの歌」。2人による「唇は語らすとも」。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

まだ続く。

佐渡さんがステージに上り、指揮台には桂文枝さん。この7月16日は、文枝さんの78歳の誕生日とのことで、オケと全員で「HAPPY BIRTHDAY to you」の大合唱。

文枝さんの指揮で、佐渡さんが「女というものは」と「女・女・女」を歌い始め、合唱。

文枝さんがステージに上がり、誕生日祝いの花束贈呈と大きいケーキの登場。などなど。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

佐渡さんの企画と、関西の「ノリ」

このように、いくらオペレッタとはいえ、ヴァラエティ豊富な内容は、ここでの公演ならではのもの。この「関西のノリ」は凄い。この「ノリ」は東京には無いもの。今回は、「宝塚公演」と合体したかのような内容が素晴らしかった。

この展開は、佐渡さん自身による「日本語による、宝塚歌劇や関西のお笑いの要素を問い入れた、今でも自負している2008年のメリー・ウィドウ」をベースとしたもの。

東京でここまでやるのは、ちょっと想像できないし、東京だと、「堅苦しい考えのヤツ」が「逸脱し過ぎだ」と批判しかねない。しかし、私はこの「ノリ」を強く支持する。

かつて、吉田秀和さんが言った、「やりすぎ(?)、それこそ、バロックだ」を思い出す。

そう、「やりすぎ(?)、これこそオペラだ、オペレッタだ」、と強く支持する。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

演出について

「やり過ぎの演出」は嫌なものが多いが、広渡 勲さんによるこの公演での演出自体は、奇を衒(てら)ったところのない各セットで、シンプルにして美しいものだった。とても良かった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

感染対策

なお、劇場の客席は、一席空けではなくて「強き」とも言えるが、これは新国立劇場でも同様だし、今や、東京文化会館でも同様の対応となっている。

そして当然ながら、出演者全員は入念な対策を繰り返しながら、この日を迎えている。プログラムには、小味淵彦之さん(音楽評論家)の寄稿により、その概要と、以下の文も書かれていたので、ぜひご紹介したい。

「劇場という空間では、建築基準法上、非常に厳しい換気基準が求められていて、KOBELCO大ホールでも、内部の空気が30分でほぼ入れ替わる設計になっている。検証でも、実際の気流の流れが確かめられ、舞台上の空気はほとんど客席に下りず、天井方向から速やかに排出されることが実証された」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

トイレがキレイに

このホールはトイレが多く、東京の有名なホールのように、トイレに「ケチイ」というところがない。東京の「気取り」はなく、実にたくさんトイレが配備されていて素晴らしい。

10年前は、個室がシンプルな便器だったが~使用しなかったが、私は施設のトイレの個室の状況で、その施設の「衛生配慮の本気度」を判断するので、初めて行った施設では、使わなくても、必ず見て確認することを常としている~今回は2回目だったが確認すると、全ての個室が、温水洗浄便座になっていたので、驚いた。

これは、コロナ禍がもたらした良い点のものか、それ以前に既に改善されていたかは知らないが、とにかく、とても感じ入った次第。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

キャスト

配役:    7月16、18、21、24日:7月17、20、22、25日

ハンナ・グラヴァリ:      高野百合絵    並河寿美

ミルコ・ツェータ男爵:   折江忠道     片桐直樹

ヴァランシエンヌ:    高橋 維     市原 愛

ダニロ・ダニロヴィッチ伯爵:黒田祐貴   大山大輔

カミーユ・ド・ロシヨン: 小堀勇介     樋口達哉

カスカーダ子爵:     小貫岩夫     水口健次

ラウール・ド・サンブリオッシュ:大沼 徹  晴 雅彦

ボグダノヴィッチ:    泉 良平     ジョン・ハオ

シルヴィアーヌ:  (全日)香寿たつき

ニエグシュ:    (全日)桂 文枝

プリチッチュ:      志村文彦     三戸大久

プラスコヴィア:     押見朋子     清水華澄

クロモウ:        森 雅史     河野鉄平

オルガ:         鈴木純子     板波利加

エマニュエル:   (全日)鳥居かほり

2021年7月15日 (木)

日下紗矢子さん~シューマンのソナタ全曲リサイタル

ヴァイオリンの日下紗矢子さんと、姉で、ピアノの日下知奈さんによる、シューマンのヴァイオリン・ソナタ全3曲を弾くコンサートを、7月15日夜、王子ホールで聴いた。

日下紗矢子さんのライヴを拝聴するのは、バッハのCD「リターン・トゥ・バッハ~RETURN TO BACH」のリリース記念として、2013年3月に浜離宮朝日ホールで行われたリサイタルを聴いて以来。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

あのときのピアノは、ベルリン・フィルのヴィオラ首席の清水直子さんのご主人、オズガー・アイディンさんだった。あのときは、ベルリン・コンツェルトハウス管のコンミスに加え、読響の(ゲスト)コンミスを兼ねる直前だったので、終演後のサイン会では、「ベルリンと読響の活動比率」について質問したのを覚えている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この日のプログラムは、前半が、ソナタ第1番 イ短調と、第3番 イ短調。後半が、「3つのロマンス」と、ソナタ第2番 ニ短調。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

8年前のリサイタルで、直ぐに感じた彼女の特徴は、「音の明るさ」だ。開放的な明るいトーンは、珍しいほどに特徴的だった。

今回は、オール・シューマンプログラムということもあり、トーンとしては、やや控え目であったかもしれないが、前半での2曲では、情感豊かなG線の音や、爽やかで明るい音によるトーンは一貫していた。

後半の最初、「3つのロマンス」でも、彼女の特徴は出ていた。すなわち、楽観的と言えるほどの、屈託のない一途さ、音楽は楽しくなければ、と言っているかのように感じられる無垢な伸びやかさ。それが素直に表出されていた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

プログラム最後に、第2番 ニ短調を持ってきたのは、よく解る。3つのソナタの中で、最も劇的で情感深く、創意工夫とダイナミズムに溢れた傑作だ。

ベートーヴェンとブラームスの間に位置する重要なソナタ、ということに留まらず、あらゆるヴァイオリン・ソナタの中でも、アグレッシブで個性的なソナタと言える。

日下さんは、このソナタをトッパンホールでも弾いており、そのライヴCDも市販されているが~後日、感想をアップします~その演奏をまざまざと思い起こす、正にこの日一番の、情熱的な、感情移入と技術コントロールの冴えたバランスを展開した、圧巻の演奏だった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

正規プログラム終了後、聴衆に感謝を伝え、アンコールとして、クララ・シューマン「3つのロマンス」から第1曲、という愛らしい曲を弾き、かかる状況下でも8割は入っていただろう、聴衆の度々の盛大な拍手をもってコンサートが終了した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

余談だが、日下さんは「3.11」直後から、同じくベルリン在住の樫本大進さんらとともに、積極的にチャリティーコンサートを展開された。当時、皇太子殿下で、今の天皇陛下はそれをご存知で、同年だったか、陛下がベルリンをご訪問された際、現地の音楽家に謝意を伝える機会があったようで、陛下と日下さんが会話されている写真が新聞に掲載された。あれからもう10年も経過したのだけれど。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

プログラム

1.ヴァイオリン・ソナタ第1番 イ短調 Op.105

2.ヴァイオリン・ソナタ第3番 イ短調 WoO.27

(休憩)

3.3つのロマンス Op.94

4.ヴァイオリン・ソナタ第2番 ニ短調 Op.121

アンコール:クララ・シューマン「3つのロマンス」から第1曲

 

https://eplus.jp/sf/detail/3413520001

« 2021年6月 | トップページ | 2021年8月 »

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック