« トゥーランドット~神奈川県民ホール~初日組 | トップページ | クァルテット・エクセルシオ 第39回 東京定期演奏会 »

2020年10月18日 (日)

トゥーランドット~18日公演

ダブルキャストのもう1組の演奏を10月18日、同じく神奈川県民ホールで聴いた。
ダブルキャストで聴く楽しみは、歌手の優劣ではなく、個性の違いを感じ取れる事にある。例えば、同じリューでも、昨日の木下さんと今日の砂川さんとでは質感が全然違う。そこが面白い。
最初に全体的な印象を述べると、初日組がベテランの、経験豊富な歌手が中心のキャスティングであったのに対して、18日公演組は、たぶん平均年齢が若い組による公演、と言えると思う。
よって、色合いで言うなら、17日組が「濃い色合い」だとすれば、18日組は、もう少し「パステルカラー系統のような色合い」にして若き実力者による公演と言えるかもしれない。
ここでも、歌手を列記後、初日組同様、舞台での登場順~歌い出す順~で、感想を書いてみたい。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
トゥーランドット姫:岡田昌子、王子カラフ:芹澤佳通
リュー:砂川涼子、ティムール:デニス・ビシュニャ
皇帝アルトゥム:大野徹也、役人:井上雅人
大臣ピン:大川博、大臣パン:大川信之、大臣ポン:糸賀修平
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
役人役の井上雅人さん
初日の小林啓倫さんが落ち着いたトーンだったのに対し、井上さんはやや濃いトーンで、良い意味で権威ある管理者感が出ていた。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
王子カラフ役の芹澤佳通さん
今回初めて聴いたが、高音が素晴らしく、一瞬、ドミンゴかと思ったほど。ただ、大役ゆえ、そうとう大変だったようで、第2幕の後半くらいから、少し声に疲労が感じられた。どうしても前日の福井敬さんと比べてしまうのだが、芹澤さんのせっかくのヘルデン系の美声が、持続的な声量としては少し弱くなる場面があった。後半の声の質的保存力が今後の課題のような気がした。例えば、「誰も寝てはならぬ」は全体としては素晴らしかったが、低音のD(1点ニ)が弱かったのと、最高音Hでは、もう少しだけ持続的な声量があったら最高だった。それでも十分魅力的なアリア歌唱だったし、オペラ界に素敵な歌手が登場したと思う。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
リュー役の砂川涼子さん
外見的にも小柄で可愛らしい素敵な容姿だが、それが歌声にも出ていて、ピュアで可憐で、「せつなさ」一杯溢れる歌声で素敵だった。声量は木下さんほどではないにしても、第1幕でのアリアや、第3幕での有名なアリアでは、凛とした清らかさと哀愁が共存する見事な歌唱だった。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ティムール役のデニス・ビシュニャさん
前日のハオさんが慈愛を感じさせたのに対し、ビシュニャさんは威厳を感じさせる父親像を表出していて印象的だった。どちらも見事なティムールだと思う。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ピン、パン、ポンの3人組
正直に言わせていただくと、前日以上に、この18日組の3人が特に良かった。ピン役の大川博さんが堂々たる声でリードし、ポン役の糸賀修平さんがとても個性的な声で印象的。パン役の大川信之さんも良かった。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
皇帝アルトゥム役の大野徹也さん
敢えて地声で歌う、という難しい役で、ちょっと苦労されているなあ、という印象を受けた。テナーなら、遠慮することなく堂々と歌いたいところ、「それをやれない役所」という難しい役だ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
トゥーランドット姫役の岡田昌子さん
岡田さんは決して太い声ではなく、むしろ、シルクのような気品のある美声だが、ここぞという場面での声量は十分あって素晴らしかったし、謎かけの場面とそれ以降におけるドラマティックな歌唱は、お世辞抜きで本当に見事だった。第3幕での叙情的歌唱も美しかった。
第3幕の終わり近くでは、高音で強く入った(強靭な発声で歌い出した)かと思ったら、subito(スービト。すぐに)で、ピュアなトーンに変化させたのには心底驚き、感動した。凄い技術で、敢えて口幅ったく言わせていただくと、「凄く成長されたな」と思ったし、その成長に胸が熱くなる思いがした。その場面は、フェルマータしてディミヌエンドする部分だったかもしれず、それだと、プロ歌手としては当然の表現なのかもしれないが、それにしても抜群のトーン変化で、とても感動した。
2012年2月のヴェルディ「ナブッコ」公演で、アビガイッレ役を歌い演じた岡田昌子さんに感動し、厚かましくも友人になっていただて以来、ずっと応援してきたが、益々進化し続ける岡田昌子さんに今後も期待したい。

« トゥーランドット~神奈川県民ホール~初日組 | トップページ | クァルテット・エクセルシオ 第39回 東京定期演奏会 »

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック