« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »

2020年7月20日 (月)

名古屋ブルーノートが廃業を発表~1年前の思いのこと

ちょうど1年前の7月20日、名古屋の宗次ホールで田部京子さんのリサイタルを聴いた。
宗次ホール自体初めてだったので、嬉しさが重なった。
同日の夜はそのまま名古屋に宿泊し、翌21日は、来日中だった ロシア国立交響楽団を愛知県芸術劇場コンサートホールで聴いたのだった。
宿泊した20日夜、夕食後、ホテルに戻る際、ホテルの近くに在った 名古屋ブルーノートの前で、近々出演予定者のポスターを見て、「いつか、じっくり聴きに来てみよう」、と思ったのだが、まさかそのちょうど1年後の今日、8月15日をもって廃業する旨を公表するとは。
地下のライブハウスだって、工夫すれば開催できないことはないだろうけれど、経営的に難しいと判断したのだろう。残念でならない。

https://news.yahoo.co.jp/articles/f86af6202e98d5cf87c61f09a1d8fe179c04ac9d
https://www.nagoya-bluenote.com/

2020年7月19日 (日)

名古屋ブルーノートを救え

この文は、7月17日に書こうと思っていた内容です。

以下、後日記載します。

2020年7月18日 (土)

新日本フィルと田部京子さん

後日記載します。

2020年7月16日 (木)

藤井聡太さん~タイトル初獲得~新棋聖に

後日記載します。

2020年7月11日 (土)

二期会オペラ・ガラ・コンサート

後日記載します。

2020年7月 9日 (木)

演奏家にステージを提供しないホールの罪~「独演コンサート」中止

日本声楽家協会主催で、日暮里サニーホールのコンサートサロンで定期的に開催されている「独演コンサート」では、これまで多く歌手のコンサートを楽しませていただいてきた。
ところが同ホールが、「ホール・コンサートサロンは、会議や客入れなしの音楽練習等に限る」と発表したことにより、今年7月から来年2月10日までの間で決定していた独演リサイタルが全て中止となった旨、日本声楽家協会が公表した。
今年は(これから)寺谷千枝子さん、上江隼人さん、伊原直子さん、
冨平安希子さん、望月哲也さん、そして、来年1月の鈴木 准さん、
加耒 徹さんの各コンサートを楽しみにしていたのに、残念でならない。
 今や、大ホールでのオケの演奏会でさえ開催し始めている、というのに、歌手の単独コンサートがなぜ開催できなのか? 意味が解らない。たぶん、「クラスターを発生させたら、ホールの存続自体に支障をきたす」という警戒感からだろうが、過敏になり過ぎだし、ホールの自己保身以外の何物でもない。「演奏家あってのホール」のはずなのに、その根本を忘れたヒドイ決定だ。

既に大ホールを含めて、各ホールが実施している席数の削減や消毒対応、換気対応等を工夫すれば、小ホールでの開催は難なくできるはずだ。
アマチュアでもオケや合唱団が練習会場確保の点で困難に直面しているが、プロの場合は、演奏家の活躍の場、収入源の場だし、ホールだって収益を考えれば、自ら閉鎖することが如何に愚かしい選択であるかは解るはずだが、あまりにも世論を気に過ぎた、その過剰な恐怖心からの反応に驚き、怒りを覚える。
演奏の場を提供しない行為は、芸術家保護と音楽文化の継続と育成に対する大きな裏切りであり、その社会的責任は大きい。
https://nisseikyo.blog/2020/06/17/%E5%85%AC%E6%BC%94%E4%B8%AD%E6%AD%A2%E3%81%AE%E3%81%8A%E7%9F%A5%E3%82%89%E3%81%9B%EF%BC%9A%E7%8B%AC%E6%BC%94%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%882020%E3%83%BB%E5%A3%B0%E3%81%A8%E3%83%94/

« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック