« 池江璃花子選手 退院 | トップページ | 外国特派員協会での2人の会見 »

2019年12月18日 (水)

伊藤詩織さん民事裁判で勝訴

民事で勝ったのは良いが、刑事での不起訴はおかしい。
それは詩織さんだけの問題ではなく、
全女性に対する人権軽視に他ならないからだ。

・・・・・・・・・・・・・・

逮捕が取り消され、証拠も証言もあるのに不起訴となり、刑事裁判さえおこなわれなかったという不可解すぎる事実。

伊藤さんの声に呼応し、力になる人びとが現れた。たとえば、控訴審で重要なポイントになるであろうホテルのドアマンの陳述もそうだ。

現在発売中の「週刊新潮」(新潮社)では、問題の夜、山口氏が伊藤さんの腕を掴んでタクシーから降ろし、そのまま引っ張るようにしてホテルの入口に連れてゆく様子を目撃したドアマンの陳述書の内容が伝えられている。このドアマンは逮捕状が取り消される前にも警察の捜査に対して同じように証言し供述調書も作成されていたが、検察からの聴取などはなく不起訴となる。そして民事裁判がもうすぐ結審するというニュースを知り、〈このままでは私の見たことや私の調書の存在は表に出ることなく葬り去られてしまう〉と考え、伊藤さんの支援団体に自ら連絡をとったのだという。

 

« 池江璃花子選手 退院 | トップページ | 外国特派員協会での2人の会見 »

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック