« 岡田昌子さん リサイタル~伸びやかに響わたる美声 | トップページ | TGY合唱団~ジョン・ラターとダン・フォレストのレクイエムを演奏~意欲的な選曲が素晴らしい »

2019年12月14日 (土)

岸 七美子さん クリスマスリサイタル~レア曲も披露

12月14日午後、ソプラノの若きエース 岸 七美子さんの「クリスマスリサイタル」と題したコンサートを所沢市の松井まちづくりセンターで聴いた。

ピアノは式町典子さん。

曲目は以下のとおりだが、1曲目の第一声から直ぐに「岸さんの声だ」と判る声。他に似た声の歌手をちょっと思い浮かばない、独特のトーンが魅力だ。

・・・・・・・・・・・・・・

全ての曲について、解説や逸話、あるいは自身の思い出等を語りながらの進行は、いわゆる市民コンサート的なコンセプトに相応しいし、もちろん、歌唱レベルの充実度は素晴らしかった。

ドニゼッティのオペラ「大洪水」からの「その心がよこしまな望みを」の紹介が興味深く、録音も楽譜さもほとんど無い、というもので、確かに初耳のオペラとアリア。岸さんがたまたま知って気に入り、楽譜をイタリアの~サンタ・チェチーリア音楽院とおっしゃったかと思うが~音楽院の図書館で見つけた、というレア中のレアな作品。ということは、もしやこの日の演奏が日本初演だったのではないか?と言えるほどの珍しい作品なので、面白かったし、明るく、聴き易い曲だった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

演奏曲

1.ウェード 「神の御子は今宵も」(Adeste fideles)

2.カッチーニ 「アヴェ・マリア」

3.作者不詳 「アメージング・グレース」

4.渡辺 茂 「たき火」

5.日本古謡 「ふじの山」 (編曲=面川倫理一)

6.中山晋平 「コンドラの唄」

7.山田耕筰 「蟹味噌」(がねみそ)

(休憩)

8.レオンカヴァッロ 「マッティナータ」

9.マスカーニ 「バッラータ」

  1. ドニゼッティ オペラ「大洪水」より「その心がよこしまな望みを」
  2. プッチーニ オペラ「ラ・ボエーム」より「私の名はミミ」
  3. プッチーニ オペラ「ラ・ボエーム」より「私が街を歩けば」
  4. アルディーティ 「くちづけ」

アンコール

プッチーニ オペラ「ジャンニ・スキッキ」より「私のお父さん」

« 岡田昌子さん リサイタル~伸びやかに響わたる美声 | トップページ | TGY合唱団~ジョン・ラターとダン・フォレストのレクイエムを演奏~意欲的な選曲が素晴らしい »

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック