« 大村博美さん リサイタル~情感豊かなスケール感と繊細さが融合された歌唱 | トップページ | 合唱団 鯨 »

2019年12月 5日 (木)

砂川涼子さん リサイタル~最後にドラマが待っていた

今やオペラファンでその名を知らない人はいない人気ソプラノ歌手 砂川涼子さんの待望のファースト・アルバム「ベルカント」のリリース記念ともいうべきリサイタルが12月5日夜、紀尾井ホールで開催された。砂川さんは私にとっても都合がつく限り、絶対に聴き逃したくない歌手の一人だ。

ピアノは指揮者としても活躍中の園田隆一郎さん。また、ゲストとしてバリトンの上江隼人さんも登場した。この設定が最後に凄いドラマをもたらせたのだが、それは後述する。

・・・・・・・・・・・・・

曲目は以下のとおりで、いつもながらの清涼感ある、凛として気品ある歌唱で、前半では特に別宮貞雄さんの「さくら横ちょう」、ドナウディのアリアより「私は望みを失ってしまった」、ロッシーニの3曲目「競艇後のアンゾレータ」が素晴らしかった。

後半での上江さんとのデュオ、「準備はできたわ」も素敵だったし、「トゥーランドット」からのアリアは絶品だった。

・・・・・・・・・・・・・・

けれど、もし、ここまでだけのプログラムだったら、「素敵なコンサートだった」という言葉で締めくくれたかもしれないのだが、最後に持って来たアンコールは、その言葉では済まされない、凄い展開をもたらした。すなわち、とてもアンコールとは言えない長大で素晴らしいデュオが演奏されたのだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

上江さんとのデュオで、ヴェルディ 歌劇「椿姫」より第二幕第一場 ヴィオレッタとジェルモンの二重唱。まるで本当のオペラの一場面がそこの生じた気迫のデュオ。

終演後、フランコ酒井さん=酒井章さんが、「最後の椿姫が特に凄かったですね」と言うので、私はこう答えた。「ええ。でも、あれは「アンコール」とは言えないですね(笑)。最後にアレを持ってくるというのは、ある意味「ズルイ」です(笑)」と。

もちろん肯定的に、絶賛という意味で言った。これは私にとって「一生忘れられないデュオ」となった。

なお、会場には林康子さんが来場されていた他、ヴィタリ・ユシュマノフさんも見かけた。

・・・・・・・・・・・・・・

演奏曲

1.ヴィヴァルディ 歌劇「ジェスティーノ」より「喜びをもって会おう」

2.ヴィヴァルディ 歌劇「ポントの女王アルシリダ」より

「私はジャスミンの花」

3.ヘンデル 歌劇「セルセ」より「喜び満ちて小川は」

4.ヘンデル 歌劇「リナルド」より「なんて素敵な喜び」

5.中田喜直 さくら横ちょう

6.別宮貞雄 さくら横ちょう

7.ドナウディ「古典様式による36のアリア」より

 (1)私は望みを失ってしまった

 (2)いつかまた君に逢えるだろうか

 (3)私は心に感じる

8.ロッシーニ 「ヴェネツィアの競艇」

 (1)競艇前のアンゾレータ

 (2)競艇中のアンゾレータ

(3)競艇後のアンゾレータ

(休憩)

9.モーツァルト 歌劇「フィガロの結婚」より

   「おいでください、膝をついて」

  1. ドニゼッティ 歌劇「ドン・パスクワーレ」より

 (1)デュオ曲「準備はできたわ」

 (2)上江さんのソロで「天使のように美しい」

  1. グノー 歌劇「ファウスト」より

「ああ、私が微笑んでいるのが見えるわ」(宝石の歌)

  1. ビゼー 歌劇「カルメン」より「恐くないと言ったけれど」
  2. プッチーニ 歌劇「ラ・ボエーム」より「あなたの愛の叫ぶ声に」
  3. プッチーニ 歌劇「トゥーランドット」より「氷のような姫君の心も」

アンコール

ヴェルディ 歌劇「椿姫」より

第二幕第一場 ヴィオレッタとジェルモンの二重唱

« 大村博美さん リサイタル~情感豊かなスケール感と繊細さが融合された歌唱 | トップページ | 合唱団 鯨 »

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック