« 桜を見る会~税金のムダ使い | トップページ | 小林沙羅さんソプラノリサイタル~ピアノ、箏、尺八と紡ぐ歌の調べ~ »

2019年11月16日 (土)

沖澤のどかさん指揮でプーランクの「グローリア」を歌いました

先のブザンソン国際指揮者コンクールで優勝した沖澤のどかさんが、私の母校の大学学生オケと合唱団を指揮する演奏会が10日午後、東京芸術劇場であり、私はOB合唱賛助としてプーランクの「グローリア」を歌いました。

昨年の東京国際音楽コンクールでの指揮部門での優勝も素晴らしいことですが、ブザンソン優勝という、いわば「勲章」を携えての学習院初客演ということで、3日前の7日に、オーケストラ・アンサンブル金沢を指揮されましたから、沖澤さん帰国後としては2回目の演奏会、東京近郊では初と思われ、それだけに注目されていたようで、一般大学の学生アマチュア演奏会にもかかわらず、1500名近くご来場いただいたという盛況なコンサートでした。

・・・・・・・・・・・・

私と沖澤さんとは、私が武蔵野合唱団に所属していた時代から面識があり、また、今回の学生の混声合唱団の学生指揮者T君が、沖澤さんの高校の後輩ということから、のどかさんとT君いずれもご縁のある私が結果的に橋渡しをする役も果たすかたちで、約1年前に決定した招聘でした。

10月からの沖澤さんとのリハでは、正確な音程の要求はもちろん、楽曲ごと場面ごとで、ガツンと歌うべきところや、繊細に歌うべきところでの、そのニュアンスの伝達、指示がとても素晴らしかったですし、ラテン語に関しても、アクセントや強調すべき単語等を指示され、大いに勉強になりました。

・・・・・・・・・・・・・・・

演奏会前日の東京芸術劇場でのゲネプロでは、沖澤さん自ら、弦や管打楽器奏者らの座る位置を細かにチェックして修正していくなど、細やかな配慮をされていたのが印象的で、沖澤さんは小柄なので、失礼ながら一瞬、学生が配置修正をしているかと見間違うような面白さもありました。

「幻想」のリハも客席で見、聴きました。第3楽章でのオーボエのエコーで受け応えや、終楽章の鐘に関して、いずれも舞台袖~前者が上手、後者が下手~に配した奏者が演奏する音量のバランスや、演奏のダイナミクスを含むニュアンス等に関しても当然、入念に何度も修正、調整を繰り返していました。

・・・・・・・・・・・・・・

武蔵野合唱団では、練習指揮者(いわゆる下振り)としての沖澤さんの指揮しか経験しておりませんでしたが、やっと、というか、本番での指揮に、私自身も出演して、ごいっしょさせていただいた機会は実に嬉しく、かけがえのないものとなりました。本番での颯爽とした凛々しく的確な指揮は見事で素晴らしかったです。

・・・・・・・・・・・・・・・

「グローリア」でのソプラノソロを歌っていただいた金成佳枝さんは、今年5月、杉並公会堂で、コーロ・ヌオーヴォという合唱団による「マタイ受難曲」を聴いた際に初めて聴いた歌手でしたが、メゾのような深々とした声による感情移入の歌唱が素晴らしく、当日、最も印象的だった歌手でしたので、今回、偶然とはいえ、これまた嬉しい共演となった次第でした。

・・・・・・・・・・・・・・・・

学習院輔仁会音楽部第63回定期演奏会

11月10日(日)東京芸術劇場

学習院大学管弦楽団、学習院大学混声合唱団

デュカス 交響的スケルツォ「魔法使いの弟子」

プーランク グローリア ソプラノ=金成佳枝

ベルリオーズ 幻想交響曲

« 桜を見る会~税金のムダ使い | トップページ | 小林沙羅さんソプラノリサイタル~ピアノ、箏、尺八と紡ぐ歌の調べ~ »

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック