« 小林沙羅さんソプラノリサイタル~ピアノ、箏、尺八と紡ぐ歌の調べ~ | トップページ | 大村博美さん リサイタル~情感豊かなスケール感と繊細さが融合された歌唱 »

2019年11月24日 (日)

ソプラノ 林正子さんをじっくり聴いた

来年6月東京文化会館でのニュルンベルクのマイスタージンガーのプレゼン的な要素も含めて、「今日はオペラの日~トーク&コンサート」という楽しいイベントが、東京駅前の中央郵便局KITTE1階アトリウム イベントスペースで、11月24日午後3時から開催された。昔の中央郵便局の建物を知る者としては、近代的な商業施設を取り込んだ複合的な新しいビル自体に感慨を覚える。

・・・・・・・・・・・・・・・

それはともかく、ソプラノの林正子さんが出演ということで、何がなんでも出向いた。実力第一級の林さんはジュネーブ在住なので、なかなか聴く機会が少ないのが残念だ。

2014年7月、山田和樹さんがスイス・ロマンド管弦楽団の来日公演を指揮してメンデルスゾーンの交響曲第2番「讃歌」を演奏した際、当時私は武蔵野合唱団に所属していたので、東京芸術劇場で一員として歌わせていただいたが、そのときのソリスト、テノールの西村悟さんとともに、林さんの歌唱が素晴らしく、圧倒的な印象を抱いた。

その前後にも、オペラ等で数回聴いているが、とにかくソロをまじかにじっくり聴かせていただく機会がこれまで ほとんどなかったので、楽しみにして出かけた次第。

この日も本当に素晴らしく、林さんにはぜひ日本でのリサイタルをもっとたくさんやって欲しいと強く要望したい。

・・・・・・・・・・・・・・

もう一人のソリストはバリトンの青山貴さんで、青山さんはソロリサイタルやオペラ、そして「イル・デーヴ」を含めたら2桁の回数は聴かせていただいているので、素晴らしいことは言うまでもなく、この日ももちろん素晴らしかった。

なお、来年の「マイスタージンガー」では、林さんはエーファを歌い、青山さんはコートナーの役で出演される。

・・・・・・・・・・・・・

清水のりこさんによるエレクトーン演奏についても、これまで楽器の驚異的性能~まるで一人オーケストラだ~を含めて何度も書かせていただいているし、最近では9月に上田で拝聴したばかりでもある。

・・・・・・・・・・・・・・・

司会は朝岡聡さん。トークゲストは元宝塚男役トップスターの大和悠河さんということで、会場には大和さん目当ての人も結構来ていた。

・・・・・・・・・・・・・

演奏曲は以下のとおりだが、商業スペースの会場ゆえ、当然、歩く人、買い物等の人などで騒音少なからずの状況ながら、林さんをじっくり聴かせていただいて大いに満足したし、青山さんの迫力ある声と清水さんの素晴らしい演奏も十分に堪能した。宝塚には詳しくないゆえ、大和さんのことは初めて知ったが、オペラ愛あふれる熱く楽しいトークだった。

騒音少なからず、とはいえ、1階だけでなく、吹き抜け空間の2階、3階の両サイドにはたくさんの人が聴いていたことは当然付け加えたい。

・・・・・・・・・・・・・

演奏曲

1.ビゼー「カルメン」より「闘牛士の歌」by 青山さん

2.プッチーニ「つばめ」より「ドレッタの夢」by 林さん

3.ワーグナー「ニュルンベルクのマイスタージンガー」

第一幕への前奏曲(抜粋)by 清水さん

4.グノー「ファウスト」より「宝石の歌」by 林さん

5.プッチーニ「トスカ」より「テ・デウム」by 青山さん

6.レハール「メリー・ウィドウ」より

   「くちびるは語らずとも」by 林さん&青山さん

« 小林沙羅さんソプラノリサイタル~ピアノ、箏、尺八と紡ぐ歌の調べ~ | トップページ | 大村博美さん リサイタル~情感豊かなスケール感と繊細さが融合された歌唱 »

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック