« 高野百合絵さんの魅力「カルメン」ハイライト | トップページ | この半年で観た映画 その27 »

2019年10月 6日 (日)

映画 蜜蜂と遠雷~競争物語にしておらず聴衆の前で演奏できる喜びが描かれていて素晴らしい~大推薦です

恩田陸さんの直木賞受賞作品の映画化。音楽雑誌「ショパン」10月号の表紙を、音楽家ではなく、4人の俳優が飾ったほどの話題作。原作を読んでいないので、「競争物語だとしたら陳腐な内容だろうな」と想像しただけでなく、「クラシックに詳しくない人が見て、コンクール(の世界)イコールがクラシック音楽、と誤解されたら嫌だな」とまで思いながら、期待せずに映画館に行ったのだが、想像とは全く違うテイスト、内容で、とても良かった。主役の4人の参加者がそれぞれの思いや、状況を抱えながら、音楽に向き合っていくという内容が良い。要するに全くコンクール コンクールしていない、ギスギスした内容でないのが良い。

・・・・・・・・・・・・・・・・

コンクールにおいてはライバルであるにもかかわらず、亡き母への思いから脱しきれない松岡茉優さん演じる栄伝亜夜を、19歳の新人 鈴鹿央士さん演じる風間塵がさりげなく勇気づける関係性、その栄伝は、コンクールで再会した幼馴染、森崎ウィンさん演じるマサルを本選前にサポートするという関係性が良い。3人のレベルの域に達していないという設定の、松坂桃李さん演じる高島明石を含めた4人のそれぞれの会話から見えてくる、同じコンクールに参加した者にしか解らないであろう不思議な友情の設定も素敵だ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

二次予選での課題曲「春と修羅」(実際の作曲者は藤倉大さん)の最後に置かれた各自が自由に演奏してよいというカデンツァに関しての展開が特に面白く、4人各様のカデンツァが演奏されるのだが、考えてみれば、マサルのセリフにもあるように、過去の作曲家の多くは「コンポーザーピアニスト」であって、作曲しないピアニストの隆盛は19世紀後半以降のものだろう。演奏は本来的に各人の独自性であるという点を考えれば、即興を含めた各人のカデンツァ=個性の発露とも言えるのだ。

シーンとしては、松岡茉優=栄伝亜夜と、鈴鹿央士=風間塵による「月の光」→ポップ調→「月光」もう一度「月の光」の場面が良い。恋でも生まれるのでは、というような雰囲気の。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

そして、本選に残った3人における、共鳴による感性の交換から生まれる友情にも似た関係性が素敵だ。本選でのコンチェルト演奏。マサルによるプロコフィエフの2番、風間塵によるバルトークの3番、ラストでの栄伝亜夜によるプロコフィエフの3番、それぞれの演奏の何とカッコイイことか。

「世界は音楽に満ちている」、「最終的にはピアノがどのくらい好きか、音楽がどのくらい好きか」~これが若者たちの原点でもある。

「世界中で自分たった一人しかいなくてもピアノを弾く」くらい好きだけど、「コンクールというより何より、聴衆の前で演奏できる喜び」が描かれていて素敵だ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

4人の俳優が演奏するシーンで実際に演奏したのは、松岡茉優演じる栄伝亜夜は河村尚子さん、松坂桃李演じる高島明石は福間洸太朗さん、森崎ウィン演じるマサルは金子三勇士さん、鈴鹿央士演じる風間塵は先日チャイコフスキー国際コンクールで2位になった藤田真央さん、と、実際に活躍している若手ピアニストであることや、各俳優と奏者との個別対談や、各組ごとでのCDリリースもされるなども含めて、大きな話題となっている。

https://www.youtube.com/watch?v=b9z6NcS5Wwc

https://mitsubachi-enrai-movie.jp/

 

・・・・・・・・・・・・

 

ご参考

フェイスブックで映画「蜜蜂と遠雷」に関する3人の感想を拝読して

フェイスブックに投稿された「蜜蜂と遠雷」の原作も読んでいるという3人の、同映画鑑賞後の感想を拝読した。タイムラインに投じていた男性のYさんと女性のKさんは、映画作品として楽しめた、と好意的に書かれていたが、某音楽サイトに投じていた女性は「コンクールのリアルが描かれてないので残念」とガッカリ調の内容だった。

3人目の人に対する私の意見はこうだ。「コンクールのリアルが映画で描けるわけないので、私は別物=ファンタジーとして十分楽しんだ。コンクールのリアルを体験したいのなら、コンクールの会場に行くか、ドキュメンタリーフィルムを観ればよいだけのことなので」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

雑誌ショパン10月号

https://www.chopin.co.jp/month.html

 

紀子さまと映画鑑賞

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191002-00000385-oric-ent

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

松坂桃李、事務所との“戦い”を告白 松岡茉優「大丈夫ですか!?」  映画「蜜蜂と遠雷」完成披露イベント

https://www.youtube.com/watch?v=9VzXLxq1BDM

 

松岡茉優、天才ピアニスト役は「挑戦というより闘い」

https://www.youtube.com/watch?v=leexrtx3TB0

« 高野百合絵さんの魅力「カルメン」ハイライト | トップページ | この半年で観た映画 その27 »

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック