« 二期会サマーコンサート~オペラに魅せられて 2日目第二部 | トップページ | オペラ・ガラコンサート 上田サントミューゼ »

2019年8月28日 (水)

小川里美さんのバースデイコンサート~アルマ・マーラーの歌曲も披露

藤原歌劇団所属のソプラノの小川里美さんは昨年、友人たちのサプライズに誕生日が振り回され、最後に「最後は飲んで終わるよ」と言われて向かった先に待っていたのは、なんと「小川里美コンサート」だったという。

「有り得ないでしょう」と笑わせた。

そこで、「だったら、自分でコンサートを設定しておけば、あんなムチャはされないんだ」として「誕生日にコンサートなんて本当は気恥ずかしいのですが」としながらも開催された次第。

・・・・・・・・・・・・・・・・

会場の渋谷駅近くの美竹清花サロンは私は初めて。茶系統のスタインウェイのあるステージスペースと、客席というかイスは60席ほどでほぼ満杯になる。これでもう少し高さがあると良いなと思う。

・・・・・・・・・・・・・・・

曲は以下のとおり。これまでオペラとガラコンサート、マーラーの「千人」等で小川さんの歌声は拝聴してきたが、直にソロだけを聴くのは初めて。

歌手でも器楽奏者でも、その人の良さを直に知ることができる点でサロンコンサートこそ重要だ。

今回も十分堪能した。小川さんの良さ、特徴が良く解った気がする。

・・・・・・・・・・・・・・・

アルマ・マーラー作曲の2曲も興味深く聴いた。

歌のパートよりも、ピアノ伴奏の和音が個性的で面白かった。なかなか良かった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

何度も共演しているという須藤千晴さんのピアノも素晴らしく、特にアンコールで弾いたソロ=自身の編曲による「ニュー・シネマ・パラダイス」のメドレーは感動した。

そして最後のアンコール「私のお父さん」が終わると、やっぱりあった「サプライズ」。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「乾杯の歌」に乗って歌手仲間がどんどん入ってきた。

テノールの高田正人さん(二期会)~私は先日「オペラに魅せられて」で2日間ともお会したばかり~や、バリトンの須藤慎吾さん(藤原歌劇団)らにより、花束と歌の進呈。藤原とか二期会とか関係なく、「里美さんは歌手仲間から愛されているんだなあ」ということがよく判った。

なお、会場にいた60代位の一般男性も今日が誕生日とのことで、里美さんに続いて、同氏にも会場全員で「ハッピーバースデー」を歌って祝ったのだった。これこそ音楽。これこそ時間と空間を共有するライブの良さだ。

・・・・・・・・・・・・・・・

プログラム

1.R・シュトラウス「献呈」

2.シューマン「献呈」

3.アルマ・マーラー「静かな街」

4.アルマ・マーラー「あなたの傍らで心おきなく」

5.カールマン喜歌劇「チャールダーシュの女王」より

   「山は私の古郷」

6.レハール喜歌劇「ジュディッタ」より「私の唇は熱い」

7.J・シュトラウス二喜歌劇「こうもり」より「チャールダーシュ」

 (休憩)

8.サティ「あなたが欲しい」

9.ショパン「悲しみ」(別れの歌の編曲)

  1. プーランク「愛の小径」
  2. プッチーニ「太陽と愛」(ラ・ボエームより)
  3. プッチーニ歌劇「ラ・ボエーム」より「私の名はミミ」
  4. グノー歌劇「ファウスト」より「宝石の歌」
  5. ヴェルディ歌劇「椿姫」より「そはかの人か~花から花へ」

アンコール

1.フォーレ「月の光」

2.ピアノソロで「ニュー・シネマ・パラダイスのメドレー」

3.プッチーニ「私のお父さん」

・・・・・・・・・・・・・・

なお、プログラム冒頭に記載された小川里美さんの「ご挨拶」が素敵なので、全文ご紹介します。

「本日はお越しいただきありがとうございます。自分の誕生日にコンサートをする、というのは何だか気恥ずかしいものですが、演奏と共に一年をはじめるのも素敵なことのように感じています。2008年に藤沢市民オペラでオペラデビューしてからあっという間の11年、沢山の役や演奏の機会をいただき、自分が想像していたことをはるかに超えて、私の人生は豊かになりました。

音楽をイタリアで学び始めたのは大学院時代のことで、きっかけをつくってくれたのは私の後輩でした。イタリアでは中国・韓国・日本の同世代の仲間と切磋琢磨し、声を見つめる日々を過ごしました。

これまでひたすら前だけを見て走ってきて、ふと立ち止まる瞬間に今一番思うのは、ご縁があって出会うことのできた仲間たち、私の演奏を聴いてくださる方に、ほんの少しでも歌を通して何かお返しできたら、例えば何か心に寄り添えるような、ふっとほぐれるような瞬間を完成ご一緒できるような歌を歌いたいなということです。

今日のプログラムは、オーストリアにご縁のある楽曲、私がイタリアで一番歌ったプッチーニと、長年須藤千晴さんと演奏してきたフランス歌曲を中心に組みました。千晴さんのピアノは純粋で端正で、時には大胆で雄弁で、魅力にあふれているなあと毎回感じます。

音楽はとてもアナログな、人間のあたたかみを伝える芸術だと思います。皆様にとりまして音楽がいつも優しく寄り添う存在でありますように、これからも努めていきたいと思います。

2019年8月28日

感謝を込めて 小川里美」

« 二期会サマーコンサート~オペラに魅せられて 2日目第二部 | トップページ | オペラ・ガラコンサート 上田サントミューゼ »

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック