« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »

2019年6月26日 (水)

嘉目真木子さん独演コンサート~ホリガーも歌われた

NPO法人の日本声楽家協会が毎年毎月1回、歌手の独演コンサートを開催しているが、その第137回である6月は、初登場のソプラノ 嘉目真木子さん。

26日夜、毎回の会場である日暮里サニーホールのコンサートサロンで聴いた。

 

今や大活躍中の嘉目さんだが、これほどメジャーになる前からご縁があったのは嬉しい限り。

11年前の2008年、学習院OB管弦楽団が、今村能氏指揮で、無謀にもプッチーニの「ラ・ボエーム」を演奏会形式で全曲演奏した際、ミミを歌ってくださったのが嘉目さんだった。

以来、彼女の東京二期会オペラデビュー公演の「魔笛」(パミーナ、2010年)、「フィガロの結婚」(スザンナ、2011年)、「ドン・ジョヴァンニ」(ツェルリーナ、2011年)をはじめ、リサイタルを含めて多く聴かせていただいてきた。

201612月のNHKニューイヤーオペラコンサートに出演されたときは、「どうして私が選ばれたのか、よく解らない」と語るような謙虚さ、おおらかさも持つ。

 

なお、この日のピアノは、二期会研修所と日本声楽家協会のピアニストでもある高田恵子さんが務めた。

 

・・・・・・・・・・・・・・

 

「歌詞カードを用意していないので。歌う前に、詩を朗読させていただきます」として、1曲ごと、簡単な解説の後、日本語訳の詩を朗読してから歌われた。

 

「独演コンサート」ということから、実際、運営サイドからは事前に「好きに選曲してよい」とのことで、嘉目さんは結果的に、ほとんど全て穏やかな曲想を基調とした曲を選ばれた。

それは、抒情的な歌を得意とされる嘉目さんらしい、というか、必然的な結果だったと思う。

1部後の休憩後、第2部開始冒頭、「前半は穏やかで、知られていない曲が多かったので、休憩時間にお客様がいなかくなったらどうしよう、思いました」と会場を笑わせたり、アンコールの前に、「私の我がままコンサートにお付き合いくださり、ありがとうございます」と語ったが、理知的というよりは抒情的な歌唱、ソプラノでありながら強い声、ドラマティックな抑揚を自然に作る力のある歌手ゆということを思えば、意識せずとも自然とそういう曲想の選曲をされたと言えると思うし、結果、成功し、ヴァラエティに富んでいた点で、「我がままコンサート」は十分、聴衆を楽しませたと言える。

 

・・・・・・・・・・・・・・・

 

そうした彼女の声質から、前半では、18歳でドビュッシーが創った「星降る夜」も、次の「ロマンス」にも「しっとり感」があったし、「明日」はとても美しい歌唱だったが、とりわけドイツ語で歌った「君を愛す」での、エンディングにもっていく情感豊かな高揚感の表出は素敵だった。

 

アルゼンチンの作曲家というグアスタヴィーノ 「薔薇と柳」は演歌のような感じで面白かった。とても良い曲。なお、「今年になって初めて知り、気に入った曲」というツェムリンスキーの曲は、素朴で良い曲だが、「初披露」ゆえ、慎重さが感じされたので、今後、継続して歌われていくだろう中で、もっと自在さが増すだろうことを予感させる歌唱だった。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・

 

そして、この回は、後半がとりわけ聴き物だった。チェコ語で歌われたドヴォルザークも良かったが、私的にはハインツ・ホリガー作曲作品が面白かった。

 

オーボエ奏者として有名になり、その後、指揮や作曲等、マルチな活動で知られるホリガーだが、正直、嘉目さんが現代曲をこの日、歌われるとは夢にも思わなかった。ミレヴァという少女が5歳から10歳にかけて作った5つの詩に、ホリガーが作曲したこの作品は、ピアノ伴奏はいわゆる現代的で断片的な分散音を中心に展開する中、歌はむしろそれと対照的に、なだらかに淡々と進行するのだが、その対比が面白かった。

 

終わって一端、舞台袖(奥)に下がった後、ステージに再登場された際、嘉目さんは「大丈夫でしたか?」と聴衆に語りかけて笑わせたが、私は、この曲の歌唱を聴けただけでも会場に来た甲斐があった、と思ったほどだ。嘉目さんは「現代曲を歌ってみたいと思った時期があった」と語ったが、今後もぜひ現在作品をレパートリーに加えていただきたい。

 

バーバーの、タイトルとは少し違うイメージながら、とても抒情的な曲の後、クィルターのとても美しい曲で正規プログラムを終えた。

 

アンコールとして、高校生時代のピアノ伴奏の逸話に関した曲という有名な「グリーンスリーブス」により、このコンサートを終えたが、この曲でのピアノパートの編曲がとても美しかった。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

第1部

 

1.ドビュッシー 「星降る夜」

 

2.ドビュッシー 「ロマンス」

 

3.R・シュトラウス 「明日」

 

4.ツェムリンスキー 「受胎」

 

5.グリーグ 「君を愛す」

 

6.グアスタヴィーノ 「薔薇と柳」

 

第2部

 

7.ドヴォルザーク 「我が母の教え給いし歌」

 

8.ハインツ・ホリガー 「ミレヴァの5つの詩」

 

9.バーバー 「受難」

 

10. クィルター 「音楽、優しい声が死ぬとき」

 

アンコール 「グリーンスリーブス」

2019年6月16日 (日)

東京アカデミッシュカペレ~ツェムリンスキーとマーラー9番

東京にはプロ級のアマオケが複数ある。新交響楽団、都民交響楽団、ザ・シンフォニカ、オーケストラハモン、東京アマデウス管弦楽団等々、他にも多分3つ前後はあるだろう。

今日すみだトリフォニーで聴いた東京アカデミッシュカペレのオーケストラもその一角に入れてよいほどのレベルだ。

しかも、19902月に第1回演奏会を開いたこの組織がユニークなのは、オーケストラと合唱団が共存する団体であり、ゆえに年2回の定期演奏会では、毎回必ず合唱を伴う曲が含まれる。

それも、ラターの「マニフィカト」や三善晃のオペラ「遠い帆」抜粋演奏会形式、ワーグナーの「さまよえるオランダ人」全曲演奏会形式、マスカーニの「カヴァレリア・ルスティカーナ」全曲演奏会形式など、意欲的な取り組みにしてレベルも高いという団体だ。

来年の6月はブリテンの「戦争レクイエム」が予定されている。

 

57回演奏会のこの日は、海老原光さんの指揮で、

ツェムリンスキーの「春の埋葬」と、マーラーの交響曲第9番が演奏された。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

1. ツェムリンスキー「春の埋葬」

 

2人の独唱(ソプラノとバリトン)と合唱とオーケストラのための25分くらいのこの作品は初めて聴いたが、とても良い曲。もっと演奏されてよい。激しい部分もあるが、大部分は穏やかで温かく明るい曲想。ツェムリンスキーのことは詳しくないが、オーケストレーションは巧みだと思う。声部に関してもソロも合宿もオペラのように処理が巧い。マーラー同様、歌劇場で指揮者として活躍するようになる前の時代の作品というが、すでに力量がみてとれる。

 

マーラーに認められただけでなく、晩年のブラームスにも認められて指導を受けている。19002月に作曲者の指揮で初演されたこの曲のスコアには、その3年前に他界したブラームスを思い、「ヨハネス・ブラームスの思い出に捧げる」と記載された。ツェムリンスキーは作曲に関して、マーラーと結婚するアルマ・シントラーとシェーンベルクの師であり、ついでに言うと、アルマの「元カレ」でもある。

 

この日の独唱は、ソプラノが坂井田真実子さん、バリトンが与那城敬さん。特に大活躍中の与那城さんの声は、オケがどんなに大音量で響いていても、それに負けずに客席に届く声で、見事。

 

合唱も一部オケに隠れた部分もあったが、全体的にバランスも声量も十分で、立派だった。「sch」などの子音もよく出ていた。

 

なお、坂井田真実子のプロフィールには「2016年、指定難病の視神経脊髄炎を発症。一時は下半身不随になるも、現在は後遺症と戦いながらステージに復活」とあり驚いた。

客席からは特に気が付くようなことはなかったから、順調に回復されているのだろうけれど、今後のご健康とご活躍をお祈りしたい。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

2. マーラー交響曲第9

 

言うまでもなく偉大な作品。特に第1楽章の評価は初演時から誉れ高いが、弦奏者としては第4楽章こそ格別な楽章と言える。

これまでたくさん演奏を聴かせていただいてきた。録音は市販の全てとは言わないが、それに近いほど相当数聴いているし、ライブもプロアマ問わず、たくさん聴いてきた。

最初はたぶん山田一雄さん指揮新日本フィルか新交響楽団。

次いで今でも語り草となっている1985年のバーンスタインとイスラエル・フィルの来日公演。

あれは特に終楽章が素晴らしく、言葉にできない感動とはこのことかと思ったほどだった。だからあの日の感動を私は一度も書いていない。

 

あとは私自身としては、オケの一員として演奏者側に入ることが最大の希望。

現在所属しているオケでは相当難しいので、どこかで弾かせていただくべく、アプローチもしてきたが、タイミング等でなかなか実現していない。

いつかはオケの中でこの曲を体験してみたい。

 

それはともかく、この日の演奏では、海老原さんの指揮が積極果敢でとても良かった。指

揮台ところ狭しと大きな身振りで全身で動く。飛び跳ねる瞬間も2回ほどあったほどだ。久しぶりに全身全霊でマーラーにのめり込む演奏を聴かせてくれた。

最近は妙に気取っているだけで大人しいマーラー演奏が多すぎる気がするので。

 

1楽章は冒頭から落ち着いたテンポで開始されたので、抒情的アプローチを主体とする演奏になるのかなと思ったら、必ずしもそうではなかった。激しい部分では徹底的にたたみ込む。スポーツ的とでも言いたくなるほど、シャープにスタイリッシュに進めていく。いわゆるメリハリの良い演奏だが、それを徹底させた演奏。

それでもこの楽章のエンディグはゆったりと落ち着かせ、冒頭の雰囲気に戻した感のある演奏。エンディングでのオーボエのロングトーンは立派。

総じて弦が素晴らしく、木管も良い。金管と打楽器も良いが、ホルンが第1楽章の前半でやや安定感を欠いたのが残念。後半持ち直したが。

 

2楽章はスタイリッシュなアプローチは変わらないので、痩せた質感で進行したゆえ。ふっくらとしたユーモラスな肌感覚は無いものの、個々の力量で室内楽的なまとめを見せ、合奏として見事だったと言える。

 

3楽章でこのオケのただならぬ力量が提示された。中間部でのトランペットソロで残念な部分はあったが、それを別とすれば、全体的な技量と運びは圧巻で見事という他ない。

 

4楽章は、第2、第3楽章とうって変わって冒頭から、しっとりと情感たっぷり美しく歌いながら進行。約25分かけた演奏、と言うと、この曲のテンポ感に詳しい人なら、だいたいのテンポ感と運びのニュアンスが伝わるかもしれない。

すなわち、極めて遅いというほどではないが、標準より少し遅めの、たっぷりと落ち着いた、余韻を大事にしたアプローチによる演奏。とても美しい、立派な終楽章の演奏だった。

 

http://www2s.biglobe.ne.jp/kapelle/

2019年6月 9日 (日)

アウローラ・フィルの「復活」~アクトシティ浜松

後述のご縁で旧知の歌手、ソプラノの田上知穂さんとメゾの長谷川忍のお2人がソリストとして出演されることから、浜松でマーラーの交響曲第2番「復活」を聴いた。

オケは暁、夜明けを意味する名を関したアウローラ・フィルハーモニック管弦楽団。指揮は永峰大輔さん。

浜松は初めて降りた。良い街だ。当然オケも初拝聴。単独の団で取り上げるには大変な曲を演奏するため、浜松周辺の各オケに所属する人たちが集って合同の形態として演奏するオケで、昨年から活動を開始したオケとのこと。

そうした形態では、関東では、私も数回出演させていただいた みなとみらい21交響楽団がある。それの静岡県版と言える。

 

ホールは浜松駅からすぐの巨大な商業施設アクトシティ浜松の中にある中ホール。

ソリストに関する後述のとおり、1,030名収容の中ホールゆえの問題は露呈したし、曲的にも本来は2,336名収容の大ホールが好ましいが、結成後まもないアマオケでは集客の問題が当然あるので、中ホールでの公演としたのだろう。

・・・・・・・・・・・・

1. オケと全体について

私自身は演奏者としてオケ=ヴァイオリンで1回、合唱団の一員として2回演奏経験があるし、聴く側としては、録音では20以上、ライブも10団体以上聴いている曲なので、「それなりに知っている曲」。

1楽章開始早々からのチェロとコントラバスによるユニゾン進行の部分は「合わせ」がとても難しい部分だが、ピタリと合って素晴らしい。最初の5小節間だけでなく、その後、長々と79小節までほとんど同じ音型をチェロとコントラバスが弾くのだが(3841小節だけが異なる)、全て抜群のユニゾン進行だった。

 

1楽章は基本的には速めの(溜めの無い)演奏だが、練習番号7からの静かな場面では、ゆったりとデリケートに演奏するなど、メリハリが良い。全楽章通じて、このオケは特に弦が素晴らしかった。

 

2楽章でも、変イ長調から短調(嬰ト短調)に転じての3連符が続く場面でも弦が一糸乱れず進行する。また、92小節からのチェロパートが豊かに歌う場面では、ヴァイオリン群が弱音でオブリガートに徹しながらも、必要な音量としてはキチンと聞こえさせて演奏する、というバランスも見事。これは言うほど易しくはない部分だ。とても優秀な弦楽器群。

 

ただ、難しい第3楽章では、レガートは良かったが、スタッカートのパッセージはもっと粒立った音で演奏したほうが良かったと思う。この楽章で、もう1つ言えた傾向としては、室内楽的アンサンブルという点では立派な合奏だったが、この楽章に固有のグロテスクなまでの迫力が足りなかったこと。例えば、とても印象的なパッセージである524小節から527小節。変イ長調に転じた部分で、移動ドで第1ヴァイオリンの旋律を読むと「ソラシ・ド・ド・ミ」「ソラシ」の部分。まとまってはいたが迫力がなかった。ここは整いより迫力が欲しい。

 

金管は良い出足だったのだが、楽章が進むにつれて、トランペットとホルンに音割れが目立つようになってきたのが少し残念だった。

 

木管は総じて安定していて、コールアングレは上手かったし、終楽章の合唱が出る直前の荒涼感ある印象的な場面では、練習番号30からのフルートとピッコロが掛け合う部分で、フルートがcisのトリルから嬰ヘ短調で下降して上行するフレーズは抜群に巧かった。ちょっとしたプロはだし。

 

打楽器も総じて良かったが、第3楽章でのティンパニの音は、もっと硬めのパレットを使ったほうが良かったように感じた。

・・・・・・・・・・・・・・・

 

2. 合唱について

 

合唱団は、第1楽章終了後、2階後ろから入場し、そのまま両サイドのバルコニー席に座った。まさかこの横一列で歌のではないだろうな?との危惧は当然回避され、合唱の出る数分前の大音響の部分で、正面オルガンを挟んで左右に立ちならんだのだった。

 

そしていよいよ合唱の出番。

 

おっと、歌い過ぎ。たぶん、この曲を初めて歌う人が多いのだろう。よし歌うぞ、という気合と気負いが最初から出てしまったが、この合唱開始冒頭に気合は要らない。むしろこの合唱開始の部分は、ある意味「歌わなくてよい」。祈りと語りが聞こえればよい。祈りが聞こえて欲しい場面なのに、それは聴こえてこなかった。「元気さ」は伝わったが、この冒頭で元気さは要らない。エンディングに至るまでよく歌ってはいたけれど、弱音での抑制という点で物足りない。けれど今後、この曲を何度も歌った経験ある人が増えれば、この問題は解消され、今日の演奏の5倍上手く歌えるように必ずなると思う。それは時間の問題かもしれない。それはともかく、歌う喜びは十分伝わってきた合唱だった。

 

なお、合唱は3つの合唱団の合同~アウローラ・フィルハーモニック合唱団、アマデウスコーラス、一音入魂合唱団~で、合計ソプラノ=26名、アルト=25名、テノール=16名、バス=14名。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

3. ソリスト

 

私がこの浜松までこのコンサートに聴きに行った理由は正直1つしかない。ソリストの2人が旧知の田上知穂さんと長谷川忍さんという嬉しいコンビだったから。2人が揃っての出演なら、浜松なんて近いものだ。

 

私が活動しているオケが、2008年、無謀にも「ラ・ボエーム」を演奏会形式で全曲演奏した際、ムゼッタを歌ってくださったのが田上さん。そして偶然にも同年結成された声楽ユニット「千駄ヶ谷スタイル」で田上さんとともにメンバーだったのが長谷川忍さん、というご縁で知り合い、以降、お2人の歌声は何度も聴かせていただいている。つい最近も、東京芸大の旧奏楽堂でのフランス語による日本歌曲の演奏会に出演された長谷川さんのことをアップしたばかりだ。

 

さて、田上さんの言葉を借りれば「細身の2人による復活ソロ」だが、とても良かった。長谷川さんのトーンはこの曲によく合っていると思えたし、田上さんの伸びやかな声は十分客席に届いた。それゆえ、「もったいない」と感じたのは歌う位置(場所)。すなわち、各席から見て左手奥、第2ヴァイオリンの奥、ホルン群の手前横に第1楽章から座っていて、第4楽章のメゾ歌い出しもそこ。終楽章でも2人位置は変わることはなかった。2人とも客席に声はよく届いていたが、それでも、例えば、もう一段上がって、パーカス群の一角とか、2階正面のパイプオルガン奏者席の前、左右どちらか(あるいは両サイドに分かれて)歌われたとしたなら、更に一段と明瞭に客席に届いたと想像できるので、残念だ。

 

オルガン前サイドは、先述のとおり合唱団が陣取ったし、確かにギリギリの空間ではあったが、ソリスト2人の空間を確保するのは何とかできたように客席からは見えた。

 

先述の繰り返しになるが、集客問題を別とすれば、本公演を中ホールではなく、大ホールで演奏して欲しかった、聴いてみたかった、とつくづく思う。その点は残念だった。

 

それでも、私の個人的感慨で言うなら、「復活」を田上さんと長谷川さんのコンビで聴けたのは、この上ない喜びだった。

 

 

2019年6月 6日 (木)

祝 山ちゃん&優さん

人柄

この好感度抜群感は何だろう?~山里亮太さんと蒼井優さんの会見を夜、TVで拝見してそう思った。

見ている側をこれほど楽しく嬉しくしてくれる会見は稀だ。

稀に見るほどのお似合いのカップルだなあと思った.

 

しずちゃんの好アシストがナイスだったが、以前TV「しくじり先生」で、山ちゃんと、しずちゃんこと山崎静代さんとの関係は相当悪いものだった、南海キャンディーズはそういう時期が長く続いていた、という告白があり、とても驚いたのだが、それを乗り越えた南海キャンディーズの先で待っていたのが、蒼井優さんとの新しい展開だった、ということなのだろう。

 

山ちゃん、優さん、おめでとうございます。

 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190605-00000067-asahi-soci.view-000

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190605-00000383-oric-ent

https://news.yahoo.co.jp/pickup/6325775

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190605-00000173-dal-ent

 

 

« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック