« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »

2019年5月31日 (金)

フランス語による日本歌曲~旧奏楽堂

530日夜、「Chants du Japon~日本の名歌~おなじみの名曲に新しい響きを」と題したユニークな試みのコンサートが、東京芸大の旧奏楽堂(旧東京音楽学校奏楽堂)で開催され、とても興味深く拝聴した。

 

これは、20年以上前に、日本人に愛された20曲の歌曲をフランス語訳するという企画があり、現在、立命館大学の特任教授をされているミッシェル・ワッセルマン氏がそれに挑んだところ、「フランス歌曲のようだ」と好評を得、当時も関東と関西でコンサートが行われたという。

 

今回はフランス歌曲に造詣が深い歌手2人~メゾソプラノの長谷川忍さんと、テノールの安冨泰一郎がプログラムの約半分ずつを分け合うかたちで披露された。なお、フランス語訳の20曲に加え、ドビュッシーやフォーレなどのフランス歌曲が前半に3曲、後半に1曲加えられ、合計24曲が演奏された。

 

また、当初予定されていたピアノの鈴木真理子さんは体調不良とのことで、急な交代として粟根祐人(あわね ゆうと)さんが演奏したが、1週間前に急に代演を引き受けたとはとても思えない、とても見事な演奏だった。

単に技術的完璧さだけでなく、既に相当歌曲伴奏の経験があるのではないか、と思えるほど情感的表出も優れ、しかも、あくまでも歌手に寄り添い、歌手を支える役に徹しての演奏、という、正にプロフェッショナルなピアノ演奏だった。

まだ若いと思われるが、とても良い奏者。

 

・・・・・・・・・・・・・

 

プログラムは以下のとおりだが、驚いたことに、最初のデュオの2曲以外の全曲を、2人とも暗譜で歌われた。プロだから当然と言われればそうだろうが、しかし、大変な労力と力量が無いとできないことには違いないだろう。

 

何度も聴かせていただいている長谷川忍さんは、メゾの特質を生かした彩り深い声により、曲想の変化をよく表出されていたと思う。どれも良かったが、「ゆりかご」の2曲や「浜辺の歌」、「中国地方の子守歌」、「霧と話した」は特に印象深かった。

 

初めて拝聴した安冨泰一郎さんは、声量よりも詩の持つニュアンスと曲想に沿った独特のトーンで歌われた。「初恋」や「さくら横ちょう」は特に良かった。

 

総じて、2人は、こんなに巧くフランス語訳された歌なんです、ということを紹介するアプローチというのではなく、まるでフランス歌曲のように、ごく自然に「純粋な歌曲そのもの」を歌うという姿勢に徹しており、加えて個々の詩に込められた思い、情感を入り込んで表現されていたことがよく伝わる歌唱だった。ユニークで意欲的な企画とプログラムは意義深く、3人の出演者はその意図に見事に応えた演奏だったと思う。

 

・・・・・・・・・・・・・

 

第一部 四季

 

1. 早春賦Prémices Printemps2

 ~作曲=中田章、作詩=吉丸一昌(1913年)

 

2. 荒城の月Le lune sur les ruines du château2

 ~作曲=瀧廉太郎、作詩=土井晩翠(1901年)

 

3. 朧月夜Lune voilée~長谷川さん

 ~作曲=岡野貞一、作詩=高野辰之(1914年)

 

4. 恍惚の時L’Heure exquise~安冨さん

 ~作曲=R・アーン、作詩=P・ヴェルレーヌ(1892年)

 

5. この道Cette route~長谷川さん

 ~作曲=山田耕筰、作詩=北原白秋(1926年)

 

6. からたちの花Les fleurs du mandarinier~安冨さん

 ~作曲=山田耕筰、作詩=北原白秋(1925年)

 

7. 麦の花Fleur des blés~安冨さん

 ~作曲=C・ドビュッシー、作詩=A・ジロ(1878年)

 

8. 夏の思い出Souvenir d’été~長谷川さん

 ~作曲=中田喜直、作詩=江間章子(1949年)

 

9. 浜辺の歌Chant du rivage~長谷川さん

 ~作曲=成田為三、作詩=林古渓(1916年)

 

10. 砂山La dune~安冨さん

 ~作曲=山田耕筰、作詩=北原白秋(1923年)

 

11. 椰子の実Noix de coco~安冨さん

 ~作曲=柳田国男、作詩=島崎藤村(1936年)

 

12. 歌を教える仙女La Fée aux chansons~長谷川さん

 ~作曲=G・フォーレ、作詩=A・シルヴェストル(1882年)

 

13. 待ちぼうけAttente vaine2

 ~作曲=山田耕筰、作詩=北原白秋(1924年)

 

・・・・・・・・・・・・

 

二部 愛

 

14. 宵待草Fleur d’une nuit~安冨さん

 ~作曲=多忠亮、作詩=竹久夢二(1910年)

 

15. 鐘が鳴りますLa cloche sonne~安冨さん

 ~作曲=山田耕筰、作詩=北原白秋(1923年)

 

16. 出船La bateau qui part~長谷川さん

 ~作曲=杉山長谷夫、作詩=勝田香月(1928年)

 

17. ゆりかごLes berceau~長谷川さん

 ~作曲=G・フォーレ、作詩=S・プリュドム(1879年)

 

18. 平城山Narayama~安冨さん

 ~作曲=平井康三郎、作詩=北見志保子(1935年)

 

19. 初恋Premier amour~安冨さん

 ~作曲=越谷達之助、作詩=石川啄木(1938年)

 

20. ゆりかごLes berceau~長谷川さん

~作曲&作詩=平井康三郎(1943年)

 

21. 中国地方の子守歌BerceuseChant populaire de la région du Chûgoku

 ~長谷川さん~岡山県民謡・子守歌:山田耕筰編曲(1928

 

22. さくら横ちょうLa venelle aux cerisiers~安冨さん

 ~作曲=中田喜直、作詩=加藤周一(1950年)

 

23. 霧と話したCe que j’ai dit au brouillard~長谷川さん

 ~作曲=中田喜直、作詩=鎌田忠良(1960年)

 

24. アンコールのかたちで~赤とんぼLibellule rouge

 ~2人および会場全員

 ~作曲=山田耕筰、作詩=三木露風(1927年)

2019年5月27日 (月)

ZARD 坂井泉水の十三回忌に寄せて

527日でZARDの坂井泉水さん~本名=蒲池 幸子(かまちさちこ)さんが亡くなって12年。

私が芸能関係者で唯一、告別式~一般者向けの音楽葬627日青山葬儀所~に行った人。

 

19912月デビュー。19931月リリースの「負けないで」で一気に人気歌手になり、90年代後半を彩る歌手となったが、2000年以降は病気が続いた。

そして2007527日、入院先の慶應義塾大学病院内のスロープからの転落という不運な事故死。

もっと長く活動されていたら、どんな詞を書き、歌っただろう、と思い、残念でならない。

 

ここでは永久保存版と言うべき映像をご紹介したい。

1993年にTVミュージックステーションに出た際の映像だが、これが貴重なのはこれが本ステではなく、リハーサル映像だろいうこと。魅力的な人だった。

https://www.youtube.com/watch?v=RIc4_Q1K2zQ

 

 

ZARD 坂井泉水さんに恋して

ニコ動は別として、ユーチューブで「揺れる想い」が見れなくなっているのは残念だが、今、坂井泉水さんが最も美しく、格好良く映し出される曲はこの「二人の夏」だ。素晴らしい。

https://www.youtube.com/watch?v=dZjlbMyUPMQ

 

 

2019年5月25日 (土)

コーロ・ヌオーヴォのマタイ受難曲

25日午後、合唱団コーロ・ヌオーヴォの第60回演奏会を杉並公会堂で聴いた。

今年3回目の「マタイ受難曲」ライブ拝聴。

今回初めて聴かせていただいたコーロ・ヌオーヴォは1974年創設で、バッハを中心に主に古典派の宗教作品を演奏してきた団体。

「マタイ」の全曲演奏は2002年、当時の常任指揮者の故・佐藤功太郎氏指揮以来で、4回目の演奏。

今回の指揮は常任指揮者長岡聡季(さとき)さん。

オケはバッハチェンバープレイヤーズ トウキョウ。

 

この曲はオケも合唱も2つに分かれるが、

合唱団のパート人数は合計でソプラノ=23名、

アルト=20名、テノール=14名、バス=13名とバランスは比較的良い。

 

3月に聴いた2つの合唱団による「マタイ」は横浜みなとみらいの大ホールという大きな会場だったが、この日の会場は杉並公会堂で、大ホールと言っても中規模と言える会場であり、そのことが今回の充実した演奏に大きく寄与したと感じた。このことは後述する。

 

長岡氏の指揮は、この曲にしてはとても大きな身振りで、情熱をもってこの曲に挑んでいることが伝わる演奏。

合唱団はそれに応え、単に人数的バランスだけでなく、構成感と積極果敢な姿勢という点でもバランスの良い、とても素晴らしい演奏だった。

 

38日のフロイデ・コーア・ヨコハマによる「マタイ」は精緻で美しいアンサンブルと誠実さによる集中した演奏、教会で歌う人々や、教会の絵画をイメージする内面志向の演奏という、いわば「静的」イメージがあり、

また、324日の横浜シティ合唱団の「マタイ」は、やや荒削りではあるが、団員一人ひとりの意思と積極果敢な姿勢を重んじた、屋内というよりは街中の、市民たちの歌声としての、外に向かう「動的」でパッショナブルな演奏、というイメージを抱いたのだが、

今回のコーロ・ヌオーヴォの演奏は、その両者の良い要素を併せ持ったと言えるほどの完成度と情熱があり、どのナンバーも総じて良かったし、「sch」などの子音の発音も例えば第54曲では際立って優れていた。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

ソリスト

 

与那城敬さんのイエスもこれで今年3回目の拝聴だが、ホールの良さもあってか、この日が一番良かったように思えた。それにしても、いよいよ「マタイのイエス役と言えば、与那城さん」という評価が決定的となったと言えるだろう。

 

谷地畝晶子さんの正統的アルトの歌唱をこの日も堪能。端正で気品のある、本当に素敵なアルト歌手。

 

エヴァンゲリストの松原友さんも、時折音程が上がりきっていない部分が散見もされたが、癖のない伸びやかでとても良い声。この曲に向いていると思う。これで全体の完成度が更に高ければ申し分ないところ。

 

井口達(とおる)さんはもう少し声量が欲しい気もしたが、要所では巧くまとめていた。

 

星川美保子さん、鈴木准さんの清涼感、初めて聴いた高橋幸恵さんの端正な歌唱も良かった。

 

そして、もう一人、この日初めて聴いたソプラノの金成佳枝さんは、メソのような深い声と独特の歌い回しが魅力的で、第8曲の感情移入は素晴らしく、「バッハだって、大いに感情移入していいんですよ」ということを彼女から教えていただいた気がした。

 

・・・・・・・・・・・・

 

オケもとても良かった。ソロでは第1オケのオーボエソロや、第49曲でのフルートソロが素晴らしく、第57曲でのヴィオラ・ダ・ガンバ、第39曲と第42曲のヴァイオリンソロも良かった。

特に39曲では、一見アッサリと弾いているようでいて、そのクール感の中に哀愁も感じられる演奏。

 

・・・・・・・・・・・・

 

杉並公会堂

 

先述のとり、大ホールと言っても、中規模なことが幸いした。

すなわち、3月の2つの「マタイ」は、いずれも横浜みなとみらいだったので、ホール全体にソロや合唱の声の響が拡散するには大きすぎる感がしたのに対し、杉並公会堂では、適度な大きさと良質な響ゆえ、ソロも合唱もオケのソロも、客席によく届き、ホール全体に、まとまり感を持ちつつ拡がったのだった。

 

また、パイプオルガンは無いホールだが、あるとしたら。その中央正面の木製の壁に、直接映し出された字幕スーパーは、字も大きくて、とても見易かった。また、客席も演奏中は真っ暗にはぜず、薄明りをキープしてくらたので、プログラムの歌詞や場面等を見ながら聴けた点もなかなか良かった。

 

・・・・・・・・・・・・・・

 

お、最後になってしまったが、この演奏会では児童合唱団は使わず、第一部冒頭間もなく等の部分は、エヴァンゲリストとイエスを除いたソリストが2階正面の客席にならんで歌うなどの工夫がなされた。

 

http://coro-nuovo.main.jp/

2019年5月21日 (火)

水星交響楽団による6番の交響曲

519日午後、一橋大学管弦楽団のOBを中心に1984年に結成された水星交響楽団の第59回定期演奏会を、すみだトリフォニーで聴いた。

これまで、マーラーの3番等、マーラーを中心に数回聴かせていただいてきたオケで、私が聴いた回はいずれも常任指揮者の齊藤栄一氏の指揮によるものだったが、

この日は同オケ初来演という新田ユリさん。

 

曲、というか、この定演のコンセプトがユニークで、シベリウスの交響曲第6番で始まり、吉松隆さんの交響曲第6番、休憩後はチャイコフスキーの交響曲第6番「悲愴」という、「6番」を集めた演奏会だった。

こういう企画は素敵だ。

 

1. シベリウス交響曲第6 ニ短調 Op.104

シベリウスの交響曲では、多くの人が多分そうであるだろうように、私は第2番から入り、すぐに大好きになった。

次で3番のシンプルさ、第5番の朝焼けのような大自然を思わせる冒頭と終楽章のエンディングの雄大さ、ユニークさに感動し、最近では1番も好きになったが、今私が一番関心を持ち、好きになったばかりの曲が、他ならぬこの6番だ。

冒頭からなんという美しさだろう。

各楽章を入念に練習を積み上げてきた成果がよく判る立派な演奏だった。

 

日本シベリウス協会会長でもある新田ユリさんは、渡邉暁雄亡き後、今では正にシベリウスのスペシャリストとも言える存在。

今後も彼女の北欧作品の演奏には特に注目し、期待したい。

 

・・・・・・・・・

 

2. 吉松隆 交響曲第6番「鳥と天使たち」Op.113

いずみシンフォニエッタの委嘱により2013年に作曲。

同年7月に、飯森範親指揮の同オケにより初演された作品。

チェロやコントラバスを減らし、特殊楽器やパーカッション群を増した、室内オケ的な編成ながら、響としては和調にして結構賑やかな作品。

6番ということで、ベートーヴェンの「田園」やシベリウスの作品を当然意識したであろう曲想も感じる。

以下のとおり、各楽章にはタイトルが付けられ、プログラムにはそれぞれの構成や特徴が書かれてはいるが、敢えてそれにはこだわらず、あくまでも今回この曲を初めて聴いた私が、感じたままの印象をメモ的に書いておきたい。

 

1楽章は「右方の鳥」と題されている。

冒頭から、NHK大河ドラマ「平清盛」を連想させる雅な和音と曲想の中を鳥を模した旋律や音型が木管で奏される。高揚していくと、パーカスを中心としたジャズ風な曲想となるが、「自然」と「ジャズ」は吉松作品全体に一貫する共通の要素でもある。

 

2楽章は「忘れっぽい天使たち」とユニークな題が付されているが、徹底した雅で抒情的な曲想。レスピーギが「ローマの松」で用いた鳥笛も含めて、あるいは特殊楽器による擬音も含めて細やかな場面移行がなされる。また、終わり近くに、チャイコフスキーの「悲愴」の一節を思われる場面も登場する。

 

3楽章は「左方の鳥」。

シベリウスを意識したであろう冒頭。やがてスネアドラムを中心にリズミックで生き生きとした曲想となるが、雅な和声は一貫している。

 

全体について

とてもユニークで面白い作品。

とても気に入ったので、即CDを購入したくらい。

ただ、もし1点難を言うとしたら、全体の曲想には、ガラリと変わるような大きな場面変化はあまり感じない、ということがあるが、多分、吉松さんにしたら、それは敢えて同じ曲想で統一したということだろうし、確かに統一感は十分ある作品と言える。

 

・・・・・・・・・・・

 

3. チャイコフスキー交響曲第6番「悲愴」ロ短調Op.74

新田さんが全体的に思い入れを敢えて排したようなストレートな運びの、ねっとり感の少ない演奏なので、その点でもあまり楽しめなかったし、前2曲の練習だけでも大変だったこともあるのか、いささか練習不足感も感じた。

1楽章ではヴィオラやクラリネット、ホルンやトロンボーン等の音程が気になる部分も散見され、第4楽章でもトロンボーンやチェロの音程で不明瞭な部分があるなど、技術的にも、前2曲の完成度に比べると上出来とは言い難い内容だった。

3楽章は立派だった。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

それにしても、私がこの演奏会に行こうと思ったのは、

シベリウスの6番と吉松隆の6番が演奏されるプログラムだったからで、チャイコフスキーの「悲愴」があろうが無かろうが関係なかった。

 

昨今、アマだけでなく、プロオケも相変わらず古典派とロマン派の有名曲がメインプログラムとしてならべられる。

しかし、私だけでなく、もっと近代作品や現代作品を聴きたいと思っている人は決して少なくないはずだ。

ありきたりの有名曲オンパレードのプログラムや、そうした曲、同じような曲ばかり振る指揮者をフライヤー(チラシ)、「ぶらあぼ」、新聞広告等で見るとウンザリする。

もっと新しい作品や、演奏回数が少ない作品を取り上げて欲しいものだ。

 

https://suikyo.jp/

 

・・・・・・・・・・・・

 

添付1~吉松隆 交響曲第6

https://www.youtube.com/watch?v=EieAuBQMEdM

 

添付2~シベリウス交響曲第6

https://www.youtube.com/watch?v=FbzyLCkznBE

 

NHKスペシャル「いじめ探偵」~いじめを隠ぺいする学校という組織

519日放送のNHKスペシャル「いじめ探偵」はあらためて、この国のイジメ隠ぺい体質のままの学校の存在を浮き彫りにした。

警察が把握しただけでも、年間イジメの発生件数は41万件という。

1日に1000件以上発生していることになる。

 

中学生ら子供たちが同級生や部活でイジメを受け、悩み、自殺してしまう子も後を絶たないという現実があるのに、学校、教師らは「イジメは確認できなかった」と「無かったこと」で終わらせることに必死になる。

生徒の人権や学業や命より、自分たち組織の平穏無事が大事とする。

場合によってはイジメられている子を批判し、イジメているガキどもを守ろうとさえする。

 

事なかれ主義という怪物が学校組織、教師らの体内に住み着く。

子供が苦しもうが死のうが、教師人生に支障がなければよしとする教師など教師ではない。

生徒を守らず、学校の体面、体裁、平穏無事しか頭にない学校など廃校にしてしまえばよい、

 

http://www6.nhk.or.jp/special/detail/index.html?aid=20190519

 

https://www.nhk.or.jp/docudocu/program/46/2586155/index.html

2019年5月 1日 (水)

令和

後日記載します。

« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック