« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »

2019年1月26日 (土)

祝 大坂なおみさんん~全豪オープン初優勝&世界ランキング1位

凄い試合だった。第1セットも10ゲームで決まらず、7-6で勝ち、第2セットも5-3の40-0と、あと1本で勝つところまで行きながら、ペトラ・クビトバ選手が逆転で同セットをもののした。さすがウィンブルドン2回の覇者。
クビトバさんは2016年12月、強盗に襲われ、利き腕の左手を負傷。復帰自体が危ぶまれるほどの状況からの復帰とメジャー大会の決勝進出。あっぱれとしか言い様がない。なおみでなければ彼女に勝てなかった。それでも勝ったなおみさんの力量に感服。全米オープン優勝に続く、グランドスラム連覇。今回の優勝で2000ポイントを獲得し、世界ランキング1位が決定した。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190126-00000007-tennisd-spo


第2セット~まさかの逆転後、トイレ休憩時
「勝つ前に勝ったと思ってしまった。私は今、世界最高の選手と戦っているのだ。勝とうと考えるのではなく、謙虚に、集中して楽しもう。無の気持ちになろう」
実際、クビトバ選手は、
「第3セットの彼女はまるで別人だった。まるで、新しい試合を始めたかのように落ち着いていた」


参考
「何か、ありがとうございます」~1月29日日本経済新聞「春秋」より
「生中継なの?」と英語でインタビュアーに尋ねた大坂なおみさん、日本語で「おじいちゃん、お誕生日おめでとう」と笑った。23日、全豪オープンで4強入りした時だ。74歳の祖父は北海道で26日の決勝を見て「かわいそうなのか、めんこいのか」と漏らしたという。
古語の「愛(めぐ)し」が語源とされる方言「めんこい」には「かわいらしい」や「いとおしい」の意味がある。漁協の要職に就く祖父の目に、孤独に戦う孫の姿は、荒波にもまれ、けなげに進む船のようにみえたのか。優勝後は抹茶アイスをなめ、一夜明けの取材に食べたいものを「カツ丼アゲイン(もう一度)」と応じている。
21歳。アジア勢で初の女王となったアスリートのめんこい一面だが、昨秋には父の故郷、ハイチを訪れ、現地の人々とも交流したと報じられた。いく度となくクーデターなどの政変に揺れ、最近では大地震やハリケーンによる甚大な被害に苦しんだ国である。そこで水をくむために何キロも歩く人々の現実を知ったという。
ゆかりの地での見聞も精神面に影響を与えただろう。好きな道で才能を発揮できる喜びを再認識したかもしれない。リビアや日本出身のコーチも含め、彩り豊かな人々に支えられ、ひのき舞台で活躍するのは私たちの手本であり、あこがれだ。優勝後の会見の言葉、そのままお返ししたい。「何か、ありがとうございます」

・・・・・・・・・・・・・・
参考
写真は昨年の全米オープンの覇者同士のツーショット。
今回の全豪もこの2人が優勝、という同じ結果になったが、今回は「バッタリ会った」状況はなかったようようだ。
https://www.thetennisdaily.jp/news/grandslam/us/2018/0033360.php

ドン・ジョヴァンニ~好感もてる演出と充実の日本語公演

この演目に限らず、これまで日本語によるオペラ公演で深い感銘を受けた記憶の数は割と少ないが、今回はとても良かった。インフルエンザ完治がギリギリ間に合って良かった。聴き逃したとしたら実にもったいない公演だった。

東京芸術劇場のステージ内にオケを組み込んで、前フロントステージと奥域の二重構造とするなど、舞台を効率的に生かした、シンプルにしてまず音楽ありきの、良い意味で中庸な、エキセントリックにならない演出。よって余計な装飾やオブジェはほとんど使わず、舞台転換もなく、衣装もオーソドックス。

ダンサーの多用は、一歩間違えると表面的なケバケバしさを露呈する危険があるが、自身ダンサーでもある森山開次さんによる演出と振付は、節度を保つことでその危険を回避しただけでなく、場面によってはダンスがシーンを強くサポートするほどの説得力を持ち、あるいは、オブリガートとしての役割と質感をもって場面を装飾するが、いずれにおいても、音楽のリズムとアクセントによく合った振付であった点が好ましいし、見事だった。

・・・・・・・・・・・

日本語による外国オペラでは、アリアもセリフ(レスタティーヴォ)でも、とかく「字余り的な不自然さ」が気になりがちだが、今回は全ての歌手において、アリアもセリフも日本語と旋律線が心地よくマッチしていた、と強く感じた。

タイトルロールを歌ったヴィタリ・ユシュマノフさんはロシア人なのに、アリアもセリフも完璧で美しい日本語だったので、とても驚いた。歌手の皆さんはいずれも良く、女声3人~高橋絵理さん、小林沙羅さん、鷲尾麻衣さんのそれぞれが技術の高さに加え、声の質感の違いを聴かせてくれたし、それぞれ有名なアリアでの名唱を含めて、表情の潤いさも含めて見事だった。

男声ではとりわけテナーの金山京介さんの美声が素敵だった。金山さんがデビューしたころは、何となく硬さも感じたが、ここ数年、毎年1回以上を聴く中で、毎回、伸びやかで軽やかで美しさを増していく声を感じてきており、今回も本当に感心した。三戸大久さんも近藤圭さんも、役所を上手く歌い演じた。

全体の演出スタンスとしても、ドン・ジョヴァンニの好色性を強調するというより、男女間の心の不安定さ、移ろいを基盤とし、声のアンサンブルに力点を置いて進行するという要素を強く感じた。これにより、ドラマ全体の内的な集中力が増し、悪い弛緩の無い展開、良い流れが終始できていたと思う。

また、軽妙なやりとりから、ドン・ジョヴァンニというより、「コジ・ファン・トゥッテ」を連想するイメージを抱いたことも面白い体験だった。

とても良い公演、立派な公演だった。

金沢、熊本、東京での2回、計4公演である全国共同制作プロジェクトにおける東京公演の初日。

・・・・・・・・・・・・・

指揮=井上道義  演出&振付=森山開次

管弦楽=読売日本交響楽団 合唱=東響コーラス

ドン・ジョヴァンニ=ヴィタリ・ユシュマノフ

レポレッロ=三戸大久

ドンナ・アンナ=髙橋絵理

ドンナ・エルヴィーラ=鷲尾麻衣

ツェルリーナ=小林沙羅……1月27日は藤井玲南

ドン・オッターヴィオ=金山京介

マゼット=近藤圭

騎士長=デニス・ビシュニャ

ダンサー…浅沼圭、碓井菜央、梶田留以、庄野早冴子、中村里彩

引間文佳、水谷彩乃、南帆乃佳、山本晴美、脇坂優海香

http://www.geigeki.jp/performance/concert152/

http://www.geigeki.jp/wp-content/uploads/2018/06/c152-2.pdf

https://t.pia.jp/pia/event/event.do?eventBundleCd=b1810962

2019年1月23日 (水)

インフルエンザが国内を猛威

全国的にインフルエンザが流行っているが、かく言う私も21日、A型と診断された。
人生初罹患。ただ、それほどの熱は出ず、後記談となるが、26日には、別途書いた「ドン・ジョヴァンニ」の公演に出かけることができた。

2019年1月19日 (土)

バッティストーニ指揮「千人」歌いました

バッティストーニ指揮 東京フィル
バッティストーニ指揮「千人」~本番の面白さについて
今回、ソリストの皆さんは、新人とも言える今井実希さんも含めて素晴らしかったのと、児童合唱団が本当に素晴らしかった。ここ数日のリハでは、部分的に当然ながらバッティストーニさんのダメ出しと、こうして欲しいを何度も繰り返したが、その成果は出たと思う。ここ数日間のリハの中で最も良かった。
そして私たち大人の合唱団も、贔屓目抜きで本番が一番良かったと思う。バッティスは比較的デフォルメと言えるほどの大きな「溜め」は少ない指揮をするが、それでも当然リハごとも含めてテンポは微妙に揺れるし、溜を作ることもする。指揮を見ていないと当然ズレが生じる。こうしたことは大人の私たちも何度もあった。本番3時間前のリハでも「指揮を見ろよ」と言いたくなる場面はあったが、本番は集中力全開で、そうした点はほぼ無かったと思う。本番20分前まで、確認や修正をリハ室で行っていた成果は出たと思う。
中島郁子さん他、ソリストの皆さんも、終演後、一堂に会した解団式で、「神秘の合唱開始部分では、涙が出るほど良かった」と、おっしゃってくださったことは、合唱団冥利に尽きる。
指導した山神健志さんが「本番であれだけできるんだから、練習段階からもっとやってよ」と終演後に言って、団員たちを笑わせたように。そのセリフは私が普段活動している集団でも指摘されたことがあるから、アマチュア集団にありがちなのかもしれない。「本番に強い」という、本来あまり感心してはいけない傾向が。
・・・・・・・・・・・・
本番ではそうした良い事も含めて色々な事が生じる。
本演奏が開始し、まだそれほど経過していないころ、私の隣の80歳近いと想われる男性Yさんが体調が悪いのか、時折目をつぶり、やや前かがみになるシーンが続いた。結局最後までステージを降りずに済んだのだが、合唱の部分でない場面で、私はYさんに何かあった場合の対応を意識した。Yさんは、本番3時間前のリハで、「体力を温存したいので、客席にいたい」と降りていたので、心配はしていたが、はたして本番でもそうした状況が生じた。
人によっては、「そうした状態でステージに出てはいけない」とする意見もあるかもしれないし、それはそれで理屈ではあるが、私はそれは言わない。何より、その人にとって、そのとき、その場に出ていることがとても重要な大切な瞬間なのだ、ということと、「本番では係る音楽以外の事も含めて色々なことが生じ得る、それこそが本番」、「そうしたことを全てを受け入れてステージで「共生」するのが、ステージをいっしょにするということ」だからだ。
・・・・・・・・・・・・・・・・
今回の新宿文化センター合唱団の人数はソプラノ117名、アルト104名、テノール41名、バス52名、児童合唱は4つの団体の合計で80名。総勢394名の合唱団だったが、本番での集中力は客観的に考えても見事なものだったと思う。合唱が大好きな人たちが集い、「千人」に思いを込めて挑んだ成果を出せて良かったと思う。


その前の段階
バッティストーニ指揮マーラー「千人」初回リハ終了
来年1月19日のバッティストーニ指揮東京フィルによるマーラーの「千人」の練習で、本番指揮者であるバッティストーニとの練習は、もちろん1月に入ってからがメインですが、昨夜14日、ちょうど来日中の彼による年内最初で最後の合唱練習がありました。
全体的に速いテンポ。特に第一部は「このテンポで歌うんか~」とは言い過ぎにしても、結構速くて大変です。フレーズの「切り」を徹底したほか、面白かったのは、第二部で、女声でレガートな柔らかなフレーズを創る際に、レガートとは言わず「テヌートで」と言ったことです。それが結果美しいレガートで歌えるようになった。面白いな、と思いましたね。
ご来場いただけたら幸いです。
https://www.regasu-shinjuku.or.jp/bunka-center/wp-content/uploads/2018/08/2018_MAHLER.pdf


更にその前
東フィルの「千人」で歌います
完売のようなのでアップは気が引けますが、以前もご紹介しましたので、お許しを。
19日、バッティストーニ指揮の東京フィルがマーラーの「千人」を演奏します。私は合唱で出演させていただきますが、添付のとおり、とにかくソリスト陣が素晴らしいです。
不満なのは新宿文化センターのステージが狭く、譜面を開くのも難儀するくらいです。児童合唱団みたいに暗譜で立とうかなあ。私がこの曲を歌うのは3回目なので、できなくもないのですが、第二部開始まもなくの男声の部分は見たい感じです。
初めて歌ったのは1986年4月の山田一雄さん指揮、新交響楽団(東京文化会館)。2回目が昨年9月の坂入健司郎さん指揮、東京ユヴェントス・フィルハーモニー(ミューザ川崎)でした。
https://www.regasu-shinjuku.or.jp/bunka-center/wp-content/uploads/2018/08/2018_MAHLER.pdf
https://www.regasu-shinjuku.or.jp/bunka-center/shusai/13991/?doing_wp_cron=1547823718.1991910934448242187500

2019年1月12日 (土)

テレ東「美の巨人たち」&音楽を流せばよいというわけではない

1.テレ東「美の巨人たち」~ミラノ大聖堂
圧巻だった。600年かけて1965年に完成。外観、内装の全体の素晴らしさだけでなく、彫刻やステンドグラスを含めた数々のディティールもまた素晴らしい。
キリスト教文化と建設技術と彫刻等の技術、短期でなく、ゆったりと時間をかけて創造する文化の偉大な結晶。
ナレーターは小林薫さんと神田沙也加さんだった。
https://www.tv-tokyo.co.jp/kyojin/backnumber/190112/


2.音楽を流せばよい、というわけではない
NHKで「コズミックフロント☆ヒーリング 心をいやす究極の星空」というシリーズ企画があることを最近知った。偶然見たのは「南半球の夜」と題した回。各地の数々の星々を映し出す天体ショーを楽しんだ。しかし、「音楽が無ければ、もっと良いのになあ」とも思った。タイトルからして、音楽付きの「ヒーリング」を趣旨としているから、無しとはできないのだろうが、せめて、もう少し音量を抑えた、ゆったりめの曲~室内楽等~にして欲しい。せっかくの天体ショーを見る側の想像力、空想力を音楽が邪魔をしてしまうのだ。
そういえば、昔、吉田秀和さんが、確かEテレ(当時はNHK教育TV)の「日曜美術館」に関することだったと思うが、画面から絵画を見て楽しむ~したがって必然的にその絵に対して想像力を働かせて見ている~のに、BGMとして流れる音楽が、その想像力を邪魔する、ということを書いていた。
少し違う話になるが、都内の駅近くに展開する「富士そば」は、パート従業員にも賞与を出すという立派な経営をされているが、店内に演歌を流すのは気に入らない。オーナーはそういうところで、自分の趣味を押し付けてはダメだ。演歌が嫌いな人、いや、少なくとも飲食店内では音楽自体を不要と思う人も少なくないはすだから。「喫茶室ルノアール」では静かな室内楽中心の曲が流れているので、クラシックファンには良いかもしれないが、世の中はクラシックファンばかりではない。(株)ギフトが展開する横浜家系ラーメンは美味しいが、店内は音量が相当ある賑やか系の音楽が絶えず流れているので閉口する。音楽は流しておけばよい(間違えない)などという考えは、全く見当違いだと思う。
http://www4.nhk.or.jp/cosmic/
「アメリカの夜」「日本星空紀行」
「日本列島の夜」「北半球の夜」「南半球の夜」

2019年1月 5日 (土)

JR東日本交響楽団、バッハはうすでの新年会~充実した1日

5日は、最近フェイスブックで知り合った大学の後輩Yさんの
お誘いで、JR東日本交響楽団の演奏を初めて聴いた。
すみだトリフォニーホール13時30分開演。
常任指揮者 小泉智彦氏の指揮。

1曲目の「禿山の一夜」はブラスが上手く、アンサンブルとして
とても素晴らしい演奏。

ベートーヴェンの交響曲第8番は、第1楽章と3楽章の
テンポ設定が速めなので、ちょっと弦がシンドそうだった。
終楽章がとても難しいのは言うまでもない。

各楽章とも、強調すべきポイントが曖昧な感じが終始した。
やはりベートーヴェンは難しい。一筋縄ではいかない。

休憩後のショスタコーヴィッチの5番は全体的に落ち着いた
テンポで安定感ある演奏だが、第1楽章や3楽章に
もう少し哀愁感が欲しい。
ディティールの「あっさりし過ぎ感」を多々感じた。
そして管に1曲目のような完成度があれば更に良かった
のだが。

ちなみに ベト8だの、ショス5、タコ5だのという言い方は
私は大嫌いなので使わない。

その後、Yさんの友人3人の計5人で、近くの居酒屋で
18時30分位まで楽しい音楽談義の語らい。
Yさんを含めた2人は作曲をするので、現代作品を
いかに人々にプレゼンしていくか~自身の工夫や、
演奏してくれる人、演奏家の人脈確保の重要性等~
という事を含めて、演奏現場の状況などが主な話題となった。

その後、私は椎名町のバッハはうすで行われている新年会に
行き、プロ奏者とアマ奏者の合同演奏や、
アマ奏者、プロ奏者それぞれのアンサンブルを22時まで
楽しんだ。

そこでは、大学合唱団の1年後輩の女性で、
子育てが落ち着いた40歳からヴァイオリンを習い始め、
幾つかのアンサンブルを経験した後、今はバッハはうす主宰の
椎名町ストリングアンサンブルで活動しているKさんに
2年ぶり位に会い、語らい、いっしょに演奏を聴いた。

錦糸町での新たな友人との語らい、
椎名町でのプロ、アマそれぞれの室内楽の演奏を拝聴等、
充実の1日だった。

2019年1月 3日 (木)

祝 東海大学 初出場から46年 悲願の初優勝~箱根駅伝

東海大学が往路で2位に入ったとき、TV解説者等関係者の
多くが、「復路で東洋大学を抜いて優勝の可能性大」と
伝えたが、そうなった。
やはり関係者の情報は大したものだ。

往路で印象的だったのは、青山学院大学の不調(6位)にも
増して、これまで特に強豪校というわけではなかった
國學院大學(3位)と、ここ数年不調だった駒澤大学(4位)の
健闘だ。
復路でも駒澤は健闘して総合4位。國學院も総合7位。

青学の復路6区と9区での区間新での驚異的追い上げ、
最終第10区で2位浮上。
総合は2位だが復路でのタイム優勝は見事。サスガだ。
往路後半での不調が惜しまれる。

悔しい思いをしているのは前回のこともあり、
東洋大学だろう。それでも11年連続3位以内は素晴らしい。

89年の4位以来の好成績5位の帝京大学。法政大学が6位。
2年ぶりのシード権獲得8位の順天堂大学。
エチオピアからの留学生キャプテン拓殖大学が9位で
2年連続シード権獲得。

その(来年の)シード権獲得(10位以内)の争いは
毎年熾烈を極める。
早稲田大学は13年ぶりのシード権落ち、
中央大学も2年連続落ち、明治大学も日本体育大学も
シード落ち。どうした、かつての強豪校。

もっとも、アマチュアオケもそうだが、アマチュア集団では、
その年々でレベル変動があるのは当たり前のことで、
やむを得ないことではあるけれども。

箱根で素敵なのは、繰り上げスタートの22位や23位の
走者にも、沿道の観衆が熱心に声援を送ること。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190103-00010000-spht-spo

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190103-00010002-yomonline-spo

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190103-00000091-dal-spo

2019年1月 2日 (水)

元旦くらい店舗は休め

「ぎょうざの満州」と「福しん」は立派~休暇は重要
全国的にそうかは知らないが、近所の「ぎょうざの満州」さんとラーメンの「福しん」さんが元旦と2日の2日間休業している。従業員の労務環境を考えたら、良いことだと思う。
逆に飲食店で、特に元旦をも営業している店を見ると、便利さとか「頑張っているな」などとは、私は全く思わない。
むしろ、経営方針や経営者のマインドに「ブラックさ」を感じて、好感どころか批判的な感情を抱く。たぶんこれは私一人だけが感じることではないと想像する。百貨店やショッピングモールや外食店も、少なくとも元旦くらい店を閉める、そろそろ、そういう余裕ある風潮、空気感、文化が全国的に欲しい。あったほうが良いと強く感じる。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「福しん」の社長ごあいさつ
「福しんを上場させたい。お前の経理の経験を活かさないか」と父に言われ、建築業界から飲食業界へ転身をはかりました。しかし、コンサルの先生と打ち合わせをするうちにわかったのが、上場するどころか、ウチの会社、いつ潰れてもおかしくない状態なんだな、ということでした。残業代が出ない、有給が取れない、社会保険にも入ってない、長時間労働も普通にありました。上場するためには、そういった労働環境を見直さないといけなかった。だから、ひとつひとつ改善したんです。でも、改善すればするほど、会社としての利益は減っていくわけですよね。結果、上場を諦めることになりました。その代わりに、福しんは社員みんなが幸せに働ける会社に成長を遂げたんです。
社員が幸せに働くためには、労働環境だけではなく、お客様に幸せになってもらうことが不可欠です。お客様に喜んでいただけたら、わたしたちも嬉しい。『喜びを創り上げることが更なる喜びへの創造につながる』わけです。福しんは、清潔で居心地のよい空間、明るくあたたかなサービス、安全な食材を使った出来たての料理を味わっていただくことで、お客様の『喜びの創造』を目指します。そしてその喜びが、社員だけではなく、業者様や地域の方々にも広がるよう、走り続けてまいります。
株式会社 福しん 代表取締役 高橋 順

2019年1月 1日 (火)

謹賀新年~大晦日のテレビ番組より

明けましておめでとうございます。
本年が皆様にとりまして良い年となりますよう、お祈りいたします。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

大晦日のテレビ番組より
紅白歌合戦
ユーミン、ブラーヴァ!
自分のライブ会場から中継出演する人が毎年何組かいるけど、今日のユーミンは最初こそ別のスタジオで歌ったが、サプライズで生ステージに登場。泣いている人も多かった。気持ち、よく解るなあ。目の前の会場ライブと中継とでは、全然違うんですよ。絶対違う。そういう違いがあるんです。

MISIAもブラーヴァ!さすがだ。

サザンオールスターズ
1つの舞台に、サザン、ユーミン、MISIA、松田聖子
さしもの北島三郎、坂本冬美、石川さゆりも

島津亜矢さん
30日にTVで宇多田ヒカルの「First Love」を歌うのを聴き、31日紅白では中島みゆきの「時代」を歌い、それぞれとても上手くて驚いた。ポップスをもっと歌って欲しい。ただ、いずれも和服だったのがちょっと違和感あったけど。

広瀬すずさんの紅組司会、落ち着いてた。まだ20歳なのに。感心。
やはり、ただ者ではない。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190101-00433826-nksports-ent

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

N響の第九
合唱、東京オペラシンガーズは正解。
ソリストのフーコさんはサスガ。それにしても、テンポの速い第九が多いのは不満だ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

大晦日のEテレ音楽ハイライト
BCJのロ短調ミサでは清水梢さんが映ったし、N響第九放送ではソプラノソロの藤谷佳奈枝さんだけでなく、合唱の東京オペラシンガーズの中に醍醐園佳さんを発見したのも嬉しかった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

東急ジルベスターコンサート(TV放送)
何が面白かったかというと
15秒の引っ張りより、その後、ヴィオラ首席の須田祥子さんがイノシシのお面をかぶったまま演奏していたことだ。遊び心のあるアグレッシブな須田さんらしいパフォーマンス。

« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック