« コジ・ファン・トゥッテは傑作~ベーム1962年盤 | トップページ | 銀座オペラ ガラ・コンサート~絶好調な皆さんとカウンターテナーの素晴らしさ »

2018年11月11日 (日)

コジ・ファン・トゥッテ~日生オペラ~歌を邪魔する幼稚で最低の演出~演出家は主役ではない~メゾの高野百合絵さんは「発見」の逸材

有名な「風よ、穏やかに」の三重唱はとても素晴らしかった
にもかわらず拍手が起きなかったのは、
聴衆がそのタイミングをうかがい損ねたというより、
それまでの奇抜過ぎる設定、演出に戸惑った状態が続いて
いたからだと私は感じ、想像した。
凍りついていたから、とまでは言わないが。

舞台で使われたアイテム、グッズの一部は
「宇宙服」、「ロボットキャラ」、「洗面所とトイレ」、「卓球台」、
「日本の祭りのハッピ」等々。
来場されていない人がこれらを見て「コジだ」を言い当てる人が
はたしているだろうか?

歌手の皆さんは後述のとおり全体的にとても素晴らしかった。

オペラは第一に歌手が主役で聴衆を楽しませるものだ。
そしてオケと合唱がそれを支え、指揮者が全体を束ねる。
にもかかわらず、
もし、演出家が「自分が主役だ」と勘違いするとどうなるか?
この「コジ」はその典型、象徴のような公演だった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
日生劇場開場55周年記念公演モーツァルトシリーズの
「コジ・ファン・トゥッテ」を10日、同劇場で観た。
主催・企画・制作=ニッセイ文化振興財団(日生劇場)。
台本はロレンツォ・ダ・ポンテ。

演奏会形式で聴きたかった。
もっと音響の良いホールで聴きたかった。
演出は想像以上にヒドかった。
ただし、素敵な演出も一部あったので、
これに関しては公平に後述する。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私のようなプロ評論家でもないイチ音楽ファンが、
オペラの感想を、演出の批判から書かざるを得ないのは、
それ自体オペラにとって不幸なことだし、
せっかく素晴らしい歌を聴かせてくれた歌手の皆さんに
対しても、申し訳ないと思うが、
感想は常に正直に書きたいので、やむを得ない。
お世辞や遠慮で書いても意味は無いので。

歌手の皆さんは歌だけでなく、
各場面の長いレスタティーボもイタリア語で見事に演じられる
レベルに対して、演出のテイタラクさはどうだろう。

「歌手のレベルアップに演出家は全く追いついていない」
という私の確信が一層強まった。

今回の演出は、フィオルディリージとドラベッラを人工知能を
持つアンドロイドとし、男たちが自分たちで作ったそのAI女子の
心の変化を試すという設定、とのことだが、それ自体理解に苦しむ。

冒頭に記載した舞台衣装やグッズ等に加え、雑多な部屋と
階段と柱程度の殺風景なセットの入れ替え、
ゲーム的な映像等々、何でもかんでも入れ込んだ、
ゴッタ煮過ぎる舞台。統一感の無さ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このオペラは男女の移ろいやすい感情の機微、
駆け引き等を軸に置いたものだが、今挙げた材料を
必要とするだろうか?
男女というより、人間(と見做す者)の心、ロボットが心を
持ったとき、それを信じられるか、というテーマ設定というが、
それゆえ、肝心な生身の男女の心の機微が出てこない。

実際、ほとんどただのドタバタ劇の様相を呈して進行して
行った。

敢えて失礼な例えを演技に限定して言うと、
「お笑い芸人が舞台で笑わせているのに、
 観客は誰一人笑わない」
という空気がホール一杯に漂う舞台。

ゆえに関心はひたすら歌にしか行かない。
いや、その歌さえも幼稚な演出が邪魔をする。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ベートーヴェンが「軽薄すぎる」と言い、
ハンスリックが「知性を欠く」と評した物語は、
逆説的に言うなら、プログラムに岡田暁生氏が書いている
とおり、
「この恋人交換物語こそ、モーツァルトのオペラの中でも
 最も深く哲学的で、人の心の底知れぬ闇に切り込むものだ
 と確信」という言及に賛同した場合、

あるいは、このバカげた喜劇こそ、人間の心の難しさを
描いた傑作と考えた場合、

そして、作曲家史上、ほとんど唯一この作品を評価した
R・シュトラウスが
「レスタティーボが素晴らしく丁寧な作品。感情の虚実の
 表現が素晴らしい」、と絶賛したことに賛同する場合、

今回の「男女というより、人間(と見做す者)の心、
ロボットが心を持ったとき、それを信じられるか」
という軸足では、肝心の「男女の心の綾」が薄れてしまう。

そう、この演出の最大の欠点は
 「セクシーさの欠如」だ。

デスピーナに第二幕でセクシーな恰好をさせようと、
それで全体がセクシーな質感になるわけではない。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

演出で唯一気に入ったのは、
フェルランドが第一幕と第二幕で歌うそれぞれにおいて、
フィオルディリージとドラベッラが映画スクリーンのように
映し出されるもの。

第一幕では、海岸に2人がいて、
ドラベッラの高野百合絵さんがニコやかに小踊りするような
スローモーション映像。
フィオルディリージの嘉目真木子さんは
正面はほとんど直視せず、憂いのある表情で
どこかを見ている、というもので、なかなか良かった。

第二幕は、1人ずつの顔のアップがスローモーションで
映し出された。
まず高野さん。屈託のない明るい笑顔で、本当に素敵。
次いで、嘉目さんは今度はカメラ目線でこちらを見つめるから
誰しも 「美人だなあ」、とあらためて思わざるを得ない、
魅力的な映像だった。

この2つの映画的演出は素敵で、この映像だけで
演出的には満足だった。
「あとは要らない」というところだが、加えるなら、
先述の「風よ、穏やかに」の三重唱ほか、
第二幕の幾つかのソロの場面でも落ち着いた雰囲気の
場面を作っていた。
あの路線で行けば良かったのに、と残念に思う。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 歌手の皆さんについて

まずは、ドラベッラを歌った高野百合絵さんから。
今回初めて聴いたが、「発見」と言うべき逸材だと感じた。
まだ東京音大の大学院生だが、声量があり、
歌い回しもベテランのような余裕を感じさせて見事だった。

当惑した演出の続く第一幕にあって、
その雰囲気を払うかのような大きな拍手を最初に受けた
のが彼女が歌うNo.11のアリアだった。
第二幕も素晴らしく、No.28曲ではブラヴォーも出た。

嘉目さんとのデュオ曲No.4やNo.20も素敵だった。
今後益々活躍が期待できる。きっと売れっ子になるだろう。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

フィオルディリージを歌った嘉目真木子さんは
成長の著しさを示した。
ご縁あって、こんなに有名になる以前から存じているだけに
嬉しい。
一時期、トーンの彩りが少ない感じたこともあったが、
技術だけでなく堂々とした舞台度胸は頼もしい。

第一幕のNo.14曲では大きな拍手が起き、とりわけ、
第二幕のNo.25のアリアではブラヴォーも出た。

この役の複数のアリアは高音だけでなく、
メゾ範囲だろうと思うような低い音も出さなければならず、
しかも、その高低を瞬時に移行する場面もあるため至難の役
なのだが、しっかりとした歌唱で聴衆を魅了した。
堂々たるフィオルディリージだったと思う。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

フェルランドを市川浩平も明るく伸びやかなトーンで
とても良かった。
先述した女性2人のスクリーン画像が映し出される中の、
No.17とNo.27のいずれも美しいトーンで、良かった。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

デスピーナを歌った高橋薫子はさすがの巧さ。
声も上品だからトゲトゲしさがない。
特にNo019の歌唱は素晴らしく、大きな拍手を受けた。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

グリエルモを歌った加耒徹さんは第一幕のNo.15曲も
良かったが、特に第二幕が素晴らしく、
No.26曲では盛大で長い拍手とブラヴォーを受けた。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ドン・アルフォンソを歌った与那城敬さんはソロよりもむしろ、
デスピーナとのデュオであるNo.22など、各場面での
重唱において要所をしっかり固め、締めていて、
アンサンブルの要としての役割を立派に果たしていた
と思う。
この役にしてはスタイリッシュ過ぎると感じた人もいたかも
しれないが、逆に言うなら、
それだけ与那城さんの個性がこの役に新鮮さを
持ち込んだ、とも言えると思う。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最後に広上さんの指揮とオケは、第二幕が強弱の
メリハリがあって良かった。
全体として速めのテンポをとり、キビキビはしていたが、
では心底、愉悦感をオケから感じられたか、というと、
それほどの魅力は感じなかった。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

指揮  広上淳一

管弦楽 読売日本交響楽団

合唱  C.ヴィレッジシンガーズ

演出  菅尾 友

ソリスト           10日     11日

フィオルディリージ  嘉目真木子  髙橋絵理
ドラベッラ        高野百合絵  杉山由紀
フェルランド      市川浩平    村上公太
グリエルモ       加耒 徹    岡 昭宏
デスピーナ       高橋薫子    腰越満美
ドン・アルフォンソ   与那城 敬   大沼 徹

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ご参考情報
他の人で、演出を批判的に書いている人
私より具体的に指摘し、私以上に厳しい論調。
https://blog.goo.ne.jp/francescouno/e/f57aed0f0e3ed0385e87117f527edbdf


11日のコジの公演を観た人の感想「好みでない演出」
http://yuichi-higuchi.cocolog-nifty.com/blog/2018/11/post-bf56.html

« コジ・ファン・トゥッテは傑作~ベーム1962年盤 | トップページ | 銀座オペラ ガラ・コンサート~絶好調な皆さんとカウンターテナーの素晴らしさ »

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック