2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Amazon CD

  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
無料ブログはココログ

« 東京合唱団の「エリア」を聴いて | トップページ | 安易で陳腐な自己責任論を排す »

2018年10月25日 (木)

のんさんによる武満徹の「系図」~繰り返しの鑑賞に耐え得る朗読

東京フィルハーモニー交響楽団の首席指揮者、
31歳のバッティストーニは同オケとのコンサートや
オペラ公演での来日が頻繁。
同オケとの録音もどんどん増えているが、最近では
西洋の曲と邦人曲の組み合わせによるCDリリースが
続いている。

その一環として、女優の「のん」さんによるナレーションで
武満徹の「系図」=「ファミリー・トゥリー」が
チャイコフスキーの「悲愴」とのカップリングで24日発売
されたので、さっそく大好きな「系図」を聴いてみた。

なお、武満の「系図」のCDリリースは、
日本初演者である小澤征爾+サイトウ・キネンの他、
岩城宏之+オーケストラ・アンサンブル金沢、
山田和樹+日本フィルに続く4種目。
外人指揮者による録音は初だが、ライブは、
ニューヨーク・フィルの創立150年委嘱作品ゆえ、
その世界初演者であるスラットキンの他、
デュトワがN響と演奏している。

のんさんの語りは自然で素朴なもので、
極力感情移入が排されており、客観的に詩を読む姿勢を基本
としているから、好き嫌いや賛否が出るかもしれないが、
私は好感を持って聴いた。
録音はオケともどもオンマイクでとても鮮明。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最初の「むかしむかし」では、その淡々とした詩の朗読が
プロローグとして相応しいかたちで生かされている。

2番目の「おじいちゃん」と4番目の「おとうさん」では
もう少し感情移入が欲しいとは思うが、
その客観性は徹底されていて、

3番目の「おばあちゃん」ではそれが逆にシリアスな観察
として鬼気迫るまでの迫力をもって語られているのが面白い。

5番目の「おかあさん」での語りは、この曲で採用された
谷川俊太郎さんの6つの詩の中で、のんさんは最も客観的
というか、徹底的に冷たく突き放している感があり興味深い。
母と娘の親密さというより、その逆の、ある種ありがちな
「女性対女性という批判的見地からの観察」による朗読
として私は聴いた。

最後の「とおく」では終わり近くに少しだけ感情移入があり
好ましいが、淡々とした客観姿勢という基本は変わらない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こうして整理すると、「むかしむかし」はどの録音より良いし、
「おばあちゃん」、「とおく」も成功していると言えるが、
他の3つも、これまでのナレーターと違う面白さがある。
朴訥(ぼくとつ)ゆえ、聴き入ってしまう語りと言える。

もし、初演者の若き遠野凪子さんをはじめ、
これまでの語り手で、感情移入による言葉の抑揚に
ある種の「暑苦しさ」を感じて、「1回聴いたからいいや」と
興味を無くしてしまった人がいたら、そういう人にこそ、
この録音を聴いて欲しい。

この、のんさんによる語りは、敢えて感情移入を排した
客観的アプローチから生じている透明感に満ち、
それが徹底されているゆえ、何度でも繰り返して鑑賞
できる語りと演奏、聴き終えた直後に、
もう一度聴いて色々確認してみたくなる演奏と言える。

実際私はごく自然に3回続けて聴いた。
それでも全くクドさや暑苦しさは皆無だった。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

バッティストーニはこの作品のスコアから繊細さを
引き出すというよりは、図太さと言ってよいほど
積極果敢に直裁的なアプローチをしている。
オペラを演奏する如く、武満がオーケストレーションの
各パートに施している彩りや工夫等をためらいなく
描き出して好ましい。
こういう点は日本人指揮者が武満を演奏するときと
違うアプローチだなあ、と思う。
新鮮でとても好感が持てる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

解説文を書いている片山杜秀さんの文が良い。
「系図」は武満の遺作ではないが、初演に際して複雑な
事情が生じたため、初演はニューヨーク・フィルの
創立150年の1992年ではなく、3年後に行われ、
同年9月のサイトウキネンフェスティバルには
入院中だった武満さんも出向いたが、
それから5か月後に亡くなってしまったので、
そういう意味では「ラストソング」的な色合いが強くなった。

チャイコフスキーの「悲愴」はご存知のとおり、
最後の曲と言ってよく、チャイコフスキー自身の指揮による
初演後、10日も経たないうちに病没したので、
「ラストソング」と言える。

片山氏は、この2曲を2人の「ラストソング」という見地から
書いていて、とても興味深く拝読した次第。
https://www.youtube.com/watch?v=POIbX9Mv0a4

http://mikiki.tokyo.jp/articles/-/19447?fbclid=IwAR2mmu8VXijgkdDSsqXc6Unm3pgP7nufXnYBOe54LgrGjTJ76cHK2iDY11o

https://www.amazon.co.jp/dp/B07GGRVT9Z/ref=asc_df_B07GGRVT9Z2519481/?tag=jpgo-22&creative=9303&creativeASIN=B07GGRVT9Z&linkCode=df0&hvadid=295668476389&hvpos=1o1&hvnetw=g&hvrand=14071847006519969703&hvpone=&hvptwo=&hvqmt=&hvdev=c&hvdvcmdl=&hvlocint=&hvlocphy=1009288&hvtargid=pla-524615964900&th=1&psc=1

« 東京合唱団の「エリア」を聴いて | トップページ | 安易で陳腐な自己責任論を排す »

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック