« 安室奈美恵さんの引退に寄せて~We celebrate you | トップページ | 田部京子さんコンチェルト2曲 »

2018年9月23日 (日)

フルトヴェングラーとマーラー~山下山人さんの貴重な記録本から

フルトヴェングラーのテンポの加速減速を含めた
感情のうねりは、マーラーの気質と似ているという印象を
かねてより抱いていて、
これは多分私以外にも同感とする人もいると想像する。

しかし、ご存知のとおり、少なくとも録音では名盤誉れ高い
フィッシャー=ディースカウとの「さすらう若人の歌」
 ~フィルハーモニア管とのスタジオ録音と、それに先立ち、
 そのきっかけとなったザルツブルグでのウィーン・フィルとの
 ライブの2種~しか残されていない。

それゆえ、フルトヴェングラーはマーラーに関心が無かった
とか、交響曲は1曲も振ったことは無かった、と思っている人も
少なくないかもしれない。

 しかし、それは事実と異なる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「フルトヴェングラーのコンサート」(解読・全演奏記録)
と題して、山下山人さんが2015年12月にアルファベータブックス
から出した本は労作で貴重だ。

私は20年くらい前に外人による英文のそれに似た資料本を
入手しているが、山下さんは当然それも踏まえて、
修正加筆等をされている。

これによると、フルトヴェングラーはマーラーの作品を
生涯で合計49回も演奏している。
そのうち、戦後は先述の「さすらう若人の歌」と
「亡き子をしのぶ歌」の2曲だけ計10回で、39回は戦前。
その全49回の内訳はこうなる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

交響曲第1番=11回
交響曲第2番「復活」=3回
交響曲第3番=7回
交響曲第4番=5回
大地の歌=1回
さすらう若人の歌=12回
亡き子をしのぶ歌=5回
3つの歌=3回
5つの歌=2回。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
初めて振ったのはマーラーが死んだ翌年1912年の11月で
「亡き子をしのぶ歌」。

交響曲では1922年10月の1番が最初で、
最後は1932年1月の4番。
したがって、ナチ政権がユダヤ系作曲家の作品を禁じた
1930年代後半になる以前、特に1920年代は相当頻繁に
振っていたのだ。
むろん、ブルーノ・ワルターほどではないけれど。

なお、この本にはワルターの演奏記録も期間限定範囲
ではあるが紹介されているし、マーラーを含めて
多くの作曲家作品の演奏頻度をカラヤンと比べて
記載されている点も興味深い。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ちなみに、ニキシュも1番、2番、4番、5番、7番と大地の歌、
等を振っていて、フルトヴェングラーが取り上げた曲と
ほぼ重なるので、ベルリン・フィル常任の先輩(先代)
ニキシュの演奏を聴き、影響を受けたのかもしれない。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こういう事実を知ると、フルトヴェングラーが戦後、
交響曲を一度も1曲も振らなかった、録音を残して
くれなかった、ということはとても残念なことだ。

「マーラーはワルターに任せた」という発言が
まことしやかに伝わっているが、むしろ
残された人生において、より深く、ベートーヴェンや
ブラームス等、敢えて限定的に絞り込んだ演奏を志向した
と言えるだろう。

それでも先述の「さすらう若人の歌」、とりわけ、
ロンドンでのフィルハーモニア管との
「トリスタンとイゾルデ」の録音の合間を縫って行われた
フィッシャー=ディースカウとの録音は貴重で、
いまだに同曲のベスト1の地位を譲っていないと思う。

フルトヴェングラーはフィッシャー=ディースカウの
マーラーの歌を聴いて、
「君のおかげで、マーラーのことをより深く理解できたように
 思うよ」と言ったと伝えられている。

そう言わしめたフィッシャー=ディースカウはむろん凄いが、
39歳年下の、当時20代半ばの新進気鋭の
 ~後の大歌手の~フィッシャー=ディースカウに
敬意を表したフルトヴェングラーの態度こそ、
尊敬に値すると言える。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

また、確かな証拠(記録)としては残っていないが、
1950年7月に、フルトヴェングラーがオランダの
スヴェーニンゲンという都市で、
アムステルダム・コンセルトヘボウ管に客演した際、
同じく、同地にいた若きバーンスタインがその演奏を
聴いただけでなく、バーンスタインが同地でハーグ・フィルと
「復活」を演奏した際、
その演奏をフルトヴェングラーが聴いた、
とも伝えられている。

実際、バーンスタインは相当フルトヴェングラーに
強い関心を持っていたと伝えられているから、
この逸話はまんざらでもないかもしれない。

マーラーに関するフルトヴェングラー、
フィッシャー=ディースカウ、バーンスタイン。

興味深い関係性に思い至らせるだけで、
ちょっとワクワクする。
https://ab-books.hondana.jp/book/b214105.html

https://www.amazon.co.jp/%E3%83%95%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%B4%E3%82%A7%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%81%AE%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%88-%E5%8F%A2%E6%9B%B8%E3%83%BB20%E4%B8%96%E7%B4%80%E3%81%AE%E8%8A%B8%E8%A1%93%E3%81%A8%E6%96%87%E5%AD%A6-%E5%B1%B1%E4%B8%8B-%E5%B1%B1%E4%BA%BA/dp/4865980075

« 安室奈美恵さんの引退に寄せて~We celebrate you | トップページ | 田部京子さんコンチェルト2曲 »

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック