2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Amazon CD

  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
無料ブログはココログ

« エクセル文化と閉口する字の小ささ~CD解説文等 | トップページ | 九州男の器の小ささんついて »

2018年8月23日 (木)

讃える歓声は白河の関を越えて~栄冠は君に輝く

阿久悠さんは高校野球が始まると全試合を必ず見たという。
極力席を立たずに済ますため、昼食は丼を取り寄せて集中いたというから、トイレに立つ以外は全試合の全プレイを観ていたのだろう。

若人の真剣勝負から何かを感じ取ろうと精神を研ぎ澄ます。
他者や外界からインスピレーションを感じ取れない人は、自ら創作して外界に発信することはできないだろうことを本能的に知っていて、その全身で感じたいドラマの1つが毎年の春と夏の高校野球だったのだろう。

今大会、母校応援の声以外の声を多く聞いたように思う。
星稜高校対済美高校は、延長13回、9-11で星陵リードの中、済美の矢野功一郎選手が史上初となる逆転サヨナラ満塁本塁打を打って済美が逆転勝利したとき、アナウンサーは「高校野球は凄い。高校球児たちは凄い」と叫んだ。

準決勝の近江高校野球対金足農業高校。
まさかのツーランスクイズで金足農業が逆転サヨナラ勝ち。終了後、持ち帰る土を集めて袋に入れる近江高校球児たちは「あいつらプロだな。吉田(輝星)半端ないな」と讃えていた。

決勝戦が終わった直後の金足農業を応援する地元のビューイング会場では、母校の健闘を讃えながら、大阪桐蔭の強さに「次元が違う打撃力」と驚嘆、賛辞の声も上がった。

今大会では優勝旗は白河の関を越えられなかったが、公立農業高校善戦の健闘を讃える声は、秋田県や東北だけでなく、全国から白河の関を越えて北に向かったに違いない。
熱い100回大会は終わった。
全ての球児たち、お疲れ様でした。


ところで、長野県での県内予選開会式では、以前から、県内から選ばれた女子高校生が 「栄冠は君に輝く」をソロ=ア・カペラで歌うということが行われてきている。
ユーチューブでもたくさん見れるが、ここでは2007年、当時、小諸高校音楽科に在籍していた宮澤愛菜さんによる独唱をアップしたい。
彼女はその後、国立音楽大学声楽科に進んだそうで、2年前の長野松代総合病院でのクリスマス ロビーコンサートで歌う姿の写真が公開されているから、歌手活動を継続しているようだ。
https://www.youtube.com/watch?v=l4S3s5wh72s


長野松代総合病院でのクリスマス ロビーコンサート
http://www.nagano-matsushiro.or.jp/blog/blog?pid=182

済美 奇跡の大逆転 サヨナラ逆転満塁ホームラン 
https://www.youtube.com/watch?v=TkVK15N8mDU

金足農業 ノーアウト満塁からサヨナラツーランスクイズ
https://www.youtube.com/watch?v=vdG3TEG19oc

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
言葉を拾って

金足農業 丹教諭
「彼らは普通の高校生。あれだけの力を発揮したことが、いまだに信じられない」

徳島・池田高校の故・蔦文也監督の言葉
「負けるのは不名誉ではない。不名誉なのは、負けてダメな人間になることだ」

・・・・・・・・・・・・・・
大阪桐蔭高校が朝日新聞社を優勝報告の訪問
新聞社幹部「視聴率も20%を超えたようで」
大阪桐蔭の西谷監督「金足農業のおかけです」
大阪桐蔭の選手たち(笑いながら うなずく)

・・・・・・・・・・・・・
秋田県出身の佐々木希さんがインスタグラムで
「秋田人の誇りです。宝です。おかげさまで忘れられない夏となりました」とした上で、
「しったげ、かっこよかった!!まんず、ゆっくり休んでけれな」(すごく恰好良かった。まず、ゆっくり休んでください)

・・・・・・・・・・
大阪桐蔭高校の根尾昂選手(東京新聞より)
投手と遊撃手の二刀流。岐阜県出身。小学2年で野球を始め、中学生で球速140キロ超を記録。スキーの全国大会でも優勝した。高校進学時には全国の強豪校から熾烈な争奪戦が起こる中、大阪桐蔭の練習を見学。「グランドにいい空気が流れていた」と一目見て決めた。
両親は医者。中学時代の成績は「ほぼオール5」で生徒会長も務めた。高校でも優秀な成績を収め、文武両道を貫く。授業中に居眠りは全くせず、教師陣からの信頼も厚い。読書が趣味で、移動中のバスの中でもチームメートが眠る横で本を手放さない。「その時々で感じることが違うので」同じ本を読み返すこともある。食生活の知識も人一倍で「一番吸収が早いから」プロテインを果汁100%のジュースに溶かし、水で少し薄めて飲むのがお気に入り。西谷浩一監督は「大阪弁くらいしか教えられていない気が~」と苦笑する。

・・・・・・・・・・・
「百姓一揆」by 斎藤美奈子さん~8月22日東京新聞「本音のコラム」
SNS上では数日前から「#平成最後の百姓一揆」というハッシュタグが飛び交っていた。むろん金足農業高校の話。新聞やテレビは「百姓」という語を避けたいかもしれないが、大丈夫よね、四字熟語の「百姓一揆」は歴史用語ですから。滞在費の不足分を補うための寄付金を呼びかけて「金足(た)りん農業」などと言われながらも、金農ナインが義民に思えてしまうのは、私立の強豪校が全国の有力選手を結集させた「武将の軍団」に見えるからだろう。
出身中学の所在地で比べると、西日本代表の日大三高の場合、ベンチ入りした18人のうち都内の中学出身者は6人で、他は関東一円から集めた精鋭チーム。大阪桐蔭の場合、大阪府の中学出身者は5人で、他は関西をはじめとする全国の強豪を集めたエリート集団だ。中学日本代表選手やU(アンダー)18日本代表選手もごろごろいるし、もちろんみんなリトルシニア(中学生の硬式野球チーム)の出身者だ。関ヶ原合戦に結集した武将たちと同じ。そりゃ、強いよ。
一方の金農は全員秋田出身で、シニアと軟式野球の経験者が少しだけいる程度。鎧兜で武装した武士階級に竹槍チームが挑んだ、まさに一揆の体だった。
なんて話はしかし、今日の朝刊には溢れているだろうから、もうやめる。難攻不落の大阪城は落とせなかったが江戸城は陥落させた。爽快だったよ。

・・・・・・・・・・・
筆洗~東京新聞朝刊コラム8月22日
正直に言えば、このコラム、甲子園球場のプレーボールのかかる2時間前から書き出している。どちらが勝ったか。どんな試合だったか。どんな結果になったか。それを見ずして野球は書けぬ。結果がすべて。おおげさなことを言えば、人の営みの全てが結果によって判断されてしまいやすい。決勝戦の終了を待たなかったのは、どんな結果であれ、この夏、その高校が見せた輝きは色あせまいと思えたからである。秋田県立金足農業高校。
秋田県勢としては103年ぶりとなる決勝戦進出までの過程でわれわれの胸に大きな何かを残してくれた。縁もゆかりもない人々が秋田の農業高校に惹きつけられ、がんばれと声を上げたのは、その有利とは言えぬ野球環境のせいかもしれぬ。雪深い地域では冬場の練習は難しい上、公立の農業高校では選手の確保も楽ではなかろう。高校で初めて硬式球に触れるような地元出身者を鍛え上げてここまで来た。選手交代をせず、9人だけで戦ってきたのも選手層の薄さもあったに違いない。
準々決勝の対近江高校戦。スクイズで三塁走者に続き、二塁走者まで生還した場面。ベンチの事前指示ではなく、二塁走者のその場の判断と聞いて嬉しくなる。そのベースボールは泥くさくも自由で朗らかに弾んでいた。試合終了のサイレンが聞こえる。そうか大敗したのか。それがなんだというのだろう。

« エクセル文化と閉口する字の小ささ~CD解説文等 | トップページ | 九州男の器の小ささんついて »

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック