« 九州男の器の小ささんついて | トップページ | 宮川紗江選手の勇気ある告白~ もう一人の宮川選手による暴露、訴え »

2018年8月31日 (金)

喫煙者に特権は無い

以下は数社で見てきたし、吸う側の人も、それを見ている人も
「そうだね」と「内心」でも共感してくれる人は多いと想像する。

タバコが好きな人は本当によく吸う。
1日に何本もという人は多いだろう。
私が社会人になった1980年代は、多くの会社でまだ
「仕事部屋の中でもOK」の時代だった。
その後、次第に喫煙者にとっては肩身が狭い思いをする状況
になっていったのは誰もが知るとおり。

昨今はどの会社でも社内禁煙は当然で、それゆえ、
ビルの内だったり外だったりで喫煙場所が設けてあるのだが、
愛煙家の人は本当に「よく吸いに行く」。

1時間に1回くらいの頻度で喫煙所に行く人も少なくないのでは
ないか。それって「業務中」ですよね。

私を含めてタバコを吸わない人は、内心こう思っている
ことだろう。
「リラックスタイムを自由にたくさん設定できて良いですね」、と。

すると愛煙家は大抵こういう理屈を付けたがる。
「喫煙所もコミュニケーションの場なんだよ。場合によっては
 (密談も含めて)重要な情報交換の場なんだよ」、と。

なるほどそうですか。では、吸わない人にも
「特別な情報交換の場」や、「頻繁なリラックスタイム」が
あってもいいですよね?

吸わない人が1時間に1回の頻度で会社の内外をフラフラ
 「散歩」しようもんなら、たちどころに職務怠慢という
ウワサが立つに違いないし、場合によっては
上司等から注意を受けるだろう。

だが、吸わない人間から見ると、愛煙家の喫煙所への頻繁な
「お通い」は、それこそ怠慢に見える。

業務時間中のウトウト(睡魔による短い居眠り)は論外だが、
吸わない人からしたら、愛煙家の喫煙のための頻繁な「席外し」は
「そのへんをフラフラ遊び歩く事となんら変わらない」し、
更にキツク言うなら「居眠りと同じ」に思える。

公平性を期すなら、吸わない人も1時間ごとのコーヒータイムを
設けるべきだろう。しかし、現実にはそれは難しい事だろう。
ではなぜ、喫煙者は「優遇」されているのだろうか?
不公正、不平等すぎる。

« 九州男の器の小ささんついて | トップページ | 宮川紗江選手の勇気ある告白~ もう一人の宮川選手による暴露、訴え »

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック