« カッコイイ尾畠春夫さん | トップページ | 讃える歓声は白河の関を越えて~栄冠は君に輝く »

2018年8月17日 (金)

エクセル文化と閉口する字の小ささ~CD解説文等

俳優の渡辺謙さんと菊川怜さんが出演している「ハズキルーペ」のCMで、渡辺さんが叫ぶ「世の中の文字は小さすぎて、読めないっ!」に大いに共感する。
中年となり老眼が進みだすと尚更だ。

印刷技術に関しては若い人は知らないであろうガリ版印刷からコピーに進化し、記述そのものは、手書き以外での機械化としてはタイプ打ちに始まり、1980年代前半にワードプロセッサーが登場して便利になり、更にパソコンの普及でワードが広がった。

字の小ささが多用されるようになったのは、ワードとともに普及したエクセルの高度化だろう。
フォントの自在さはワードを凌ぎ、複雑な表等の作成と相まってエンジニアだけでなく、一般企業の資料作成等における文書も今ではエクセルが主流とも言える。

インターネットとともにエクセル文化が拡大普及し始めた1990年代後半から2000年前後は、若い人がエクセルを得意することで、ともすれば、おじさん衆をバカにする(下に見る)かのような風潮すら生じた時期もあった。今では50代でも私のように60代でもエクセルなんぞ「普通に使えます」のだが。

それにしても、LPレコードからCDに移って全体が小さくなり、加えて文字表記(フォントの自在化等)の進化とともに、CDの解説文もまた当然小さい文字で書かれている。

特にポップス系のCDだと、ページ自体に色彩が施され、しかも例えば茶系統のページに茶系統の文字、銀系統のページに銀系統など、同系統の文字で書かれていようものなら、まずほとんど読めない。
解説だけならともかく、歌詞が読み難いことも多くて本当に呆れるほどに閉口する。ついでにいうと、終わり近くのページに記載されるプロデューサーの名前などが日本人でも漢字ではなく、アルファベット表記が増えてきて、「生意気に」と嫌悪感すら覚えることがある。

会社の資料も、得意気に小さな字で細かく資料を作る人がここ10年くらいで当たり前のように増加した。技術の上達は結構だが、読み難かったら、資料としてそもそも不便なのだ。
読めない資料や、CD解説文、歌詞などは「意味がない」に等しい。

« カッコイイ尾畠春夫さん | トップページ | 讃える歓声は白河の関を越えて~栄冠は君に輝く »

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック