« 清水華澄さん初リサイタル | トップページ | 森谷真理さんリサイタル~HAKUJU »

2018年7月 1日 (日)

パス回し~大いに結構

やむを得ない展開。キレイ事では勝てない~柴崎選手は素晴らしい

決勝トーナメントに残る(ベスト16に入る)のがまず最大の目標
ゆえ、パス回しはやむなし。
見苦しかったという人がいるけど、じゃあ攻めた結果、
ロングボールによるカウンターの巧いポーランドに追加点を
取られていたらどうだったのか?
それこそそれはそれで批判されただろう。
2点取られていたら、セネガルが1点差で負けても得失点差で
予選落ちしたのだから。

むろんセネガルが日本チームの最後のパス回しの間に点を
入れるかもしれないリスクを考えれば攻めてもよかったけど、
そもそも最初から6人替えしたこと自体がやはり失敗だったんだ
と思う。

グループリーグ敗退が決まっていたとはいえ、いや、
むしろそれだからこそプライドを賭けてポーランドが全力でくるのは
予想できたはず。
世界ランキング8位の格上チームを甘く見たとしか思えない。

主力の体力的温存ということはあったにしても、
予選落ちしたら元もこもないのに。

それにしても柴崎岳って良い選手だなあと思う。
アシスト力、シュート力、全体を見据えてのフォロー力など
全てにおいて素晴らしい。センスが良いのだと思う。
イケメンだし、知的で他にいないタイプ。
彼こそリーダーに相応しい気がする。
予選3試合で一番感心し、好きになった選手が柴崎選手だ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 (続き)
昨日の日本VSポーランド戦で色々な意見が飛び交っていますが、
とにかく予選は終わり、日本はギリ(幸運に)決勝トーナメント進出が
決定した、ということが全てです。

強国と言われようとドイツは予選敗退チームに過ぎず、
アルゼンチンもギリ勝ち抜いた。
勝負はこれからです。本戦が全て。

某国チームが
「我々は美しく負けたが、日本は美しくなく勝ち進んだ」と言った
そうですが、敗退チームの負け惜しみにすぎません。

そんな「予選という過去」はもうどうでもよく、
初のベスト8に行けるかどうか、それが今後唯一にして
最大の関心事、ということです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ご参考~パス回し肯定記事より~その1
 =岡田武志さん30日朝日新聞朝刊

「運はつかみにいこうとする人に来る。美学を捨てた選択を
  した度胸は凄い」

0-1のままでいいという最後の運びは、今までの日本人の感覚
ではありえないものだった。
結果が出なければ、たたかれるのが監督。監督、スタッフ、
コーチ、チームが全体で考え抜いた末のことだったのだろう。
試合の流れや疲労などから、攻めても点が取れない、
攻めれば逆襲で失点を増やすという判断をした。
結果を出すためにあの戦い方に賭けた。

もちろん運もあった。でも運はただ待っている人には来ない。
つかみにいこうとしている人に来るものだ。
あの戦い方を選択した度胸はすごいと思う。
賛否はあるだろう。確かに、あの戦い方を日本のチームが
やる印象はなかった。
こういうやり方もできるようになったと受け止めている。

結果が出なければ、何を言っても言い訳になる。
日本のサッカーは美学ばかりが先行し、現実的な戦い方が
できなかった。これもひとつの壁を越えたことになる。
とにかく、次の試合につながった。
ベルギーはかなり強いが、南米勢よりもやりやすい。
苦しい試合をやったあとのほうがいいかもしれない。
思い切ってチャレンジできる。

選手たちのコメントが変化してきたことに気付いた。
主語が「私」ではなく、「我々」という言い方になっている。
心の持ち方だけで、チームがこんなに変われると驚く。
だから強くなっているのだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ご参考~パス回し肯定記事より~その2
 =藤木健さん30日朝日新聞朝刊
「美学ではなく、これまで足りなかった「ズル賢さ」を
  獲得した」

批判されるものではない。日本が試合の終盤に選択した、
0-1での敗戦を受け入れた消極的にもみえるパス回し
についてだ。
最初は少し驚いた。(中略) 退屈な試合と観客のブーイングを
浴びた賭けは「両刃の剣」でもあった。
(中略)結果を他力に預けるリスクと、自力にこだわって
自滅するリスク。天秤にかけ、チームは前者を選択した。
最も重要なのは決勝トーナメントに進む確率を上げること。
MF柴崎は、
「何が大切なのか、割り切ってやった。そのために必要なプレー
 だった」。
展開や他会場を考え、0-1で試合を締めることもまた
国際大会の戦術の1つだ。

日本に足りないのは「ずる賢さ」~代表を指揮した
外国人監督からたびたび指摘されてきた。
1993年の「ドーハの悲劇」。勝てば初のW杯出場へ、
2-1とリードしながら終了間際に追いつかれた。
球をキープしたり、意図的にプレーを遅らせたり、
時間を進める「したたかさ」が必要だった。

2012年。なでしこジャパンはロンドン五輪一次リーグ
最終戦で、引き分けでの2位通過を狙った。
そのほうが決勝トーナメントで移動の負担が少なくなるとの
戦略で、そのとおり、0-0で試合を終えた。
直後は消極的だと批判された。
けれども、良いコンディションを保った結果は、
過去最高の銀メダル。世の称賛は惜しまなかった。

2018年のこの日、日本代表は悪質な反則をしたわけでも、
相手への敬意を欠いたわけでもない。着実に目的に達する、
成熟な姿を見せたのだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ご参考~パス回し肯定記事より~その3
 =水沼貴史さん30日日本経済新聞朝刊
「ナイーブな姿をさらしてきた過去と決別した」

時代は変わった。そう思いながら最後の10分を見ていた。
日本は目の前の勝利を捨て、勝ち上がるために必要な行動に
徹した。男気のいる指示を出した西野監督。
それに応えた選手たち。
国際舞台でナイーブな姿をさらしてきた過去の日本と決別
したように感じた。(中略)

ボールを持ったときの仕事は物足りなかったとはいえ、
各人は守備での役目をまっとうしている。
それこそが今回の日本の強さなのだろう。
誰が出ても、そのときに必要な役割を遂行する。
チームとして戦おうという一体感。

3試合を通じ、チームの幅、引き出しが広がったと感じる。
苦境でも勇敢に攻めて追いつき、突き放した1、2戦目の
ような戦い方。この日のように守備から入ることもできる。

W杯の決勝トーナメントでベルギーのような強豪と対戦する。
それ自体が楽しみなのに、日本チームの成長が
その喜びを倍加させる。

« 清水華澄さん初リサイタル | トップページ | 森谷真理さんリサイタル~HAKUJU »

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック