« 災害時の演奏会という問題~広島での第九 | トップページ | 杉田議員の発言を批判する »

2018年7月25日 (水)

祝 御嶽海~&長野県上松町の思い出

千秋楽は負けたとはいえ良い取り組みだった。
豊山もあっぱれ。
長野県出身としては約200年前の雷電以来の優勝とのこと。

御嶽海の出身地、長野県木曽郡上松町は、
1980年、大学3年次の夏、当時80歳で塩尻市在住の祖父が
「晋、いっしょに木曽にでも行こうか」と誘ってくれて、
最初で最後の祖父と2人きりの小旅行をした場所。
美しい自然と、いっしょに食べた蕎麦の美味しさも忘れられず、
「さすが信州といえばソバ」と思ったものだ。

御嶽海は故郷の御嶽山から「御嶽」を、
出羽海部屋から「海」をもらったという。
御嶽噴火で犠牲になった地を慰霊で訪れたこともある御嶽海。

本名は大道久司。
TVに映ったお母さんがイメージと違う美形で驚いたが、
フィリピン出身で、力士はハーフという。

東洋大時代に圧倒的な実績を残しながら、
当初は角界入りするつもりはなく、アマチュア相撲界の強豪
でもある和歌山県庁に就職が内定。公務員になろうとしたが、
連日、角界関係者から勧誘ひっきりなしとなり、
最終的に内定を辞退し、出羽海部屋へ入門したとのこと。
ぜひ大関、そして横綱を目指して欲しい。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180722-00000002-wordleafs-fight
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180722-00000140-spnannex-spo
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180721-00000575-sanspo-spo

« 災害時の演奏会という問題~広島での第九 | トップページ | 杉田議員の発言を批判する »

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック