« バーンスタイン生誕100周年記念演奏会     井上道義指揮~横浜みなとみならホール開館20周年 | トップページ | オープンシアター~ヘンゼルとグレーテル »

2018年5月29日 (火)

日大問題ヤマを迎えた

1つの清々しさ
1つ~現役選手たちの素晴らしい声明文
謝罪から始まり、直接、指示の有無は触れないが、それは
外部機関が今後追求するし、同日、関東学連が実質的な確定を
したし、「捜査機関等の調査に私たちも、信じているチームメイト
のように誠実にありのまま全てをお話し全面的に協力して、
その結果も待ちたい」としているから、そこで全てが語られる。

「大切な仲間であるチームメイトがとても追い詰められた状態に
 なっていたにもかかわらず、手助けすることができなかった
 私たちの責任はとても重いと考えている。
 これまで私たちは監督やコーチの指示に盲目的に従ってきて
 しまい、深く考えることも無く信じきってしまった。
 コミュニケーションも十分ではなく、そうした私たちの
  「ふがいない姿勢」が、今回の事態を招いてしまった一因と
 深く反省しています」としている。

さらに、
「私たちは日本大学アメリカンフットボール部全体が
 生まれ変わる必要があることを自覚している」と、
しっかり認識、自覚し、
「今後、具体的に何をしていかなければならないかについては
 選手一同とことん話し合って決めていく」とし、最後に、
「いつか私たち日本大学アメリカンフットボール部が、
 部の指導体制も含め生まれ変わったと皆様に認めて
 いただいた時には、他のチームの仲間たちとともに
 プレーできる機会をお許しいただければ有難い。
 そのときには、もし可能であれば(今回反則した当該選手で
 ある)私たちのチームメイトにも再びチームに戻ってきて
 もらい、一緒にプレーできればと願っています」
と締めくくっている。

図らずも、昨今、このような覚悟と決意に満ちた若者たち
による文は読んだことがないほどの内容であり、
敬意と応援の意を表したい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
もう1つ~関東学生アメリカンフットボール連盟の結論
気持がよい。処分だけでなく、宮川さんの告白を全面否定
した内田&井上両氏を、今度は真っ向、
この2人の発言を全面否定してくれた。いわく、

「1度目の悪質な反則を内田前監督と井上前コーチは
 サイドラインからしっかりと見ていました。
 パスが投げられて、ボールの方ではなく、
 当該選手の方を見ていたのが映像で確認されています」
と断言。

「宮川選手は井上コーチに「これで退場だが、
 成長できたからいいじゃないか」と言われたが、
 当該選手はベンチに下がって泣いていた。
 井上前コーチに詰め寄った選手もいた」、と公表した。

そして「相手QBとは友達か?と聞いた井上前コーチの発言は
「友達にはとてもできないことをしてこい、ケガをさせろ」という
 ニュアンスだった。認識の乖離(かいり)など存在しないと
 規律委は判断する」、

「監督の「やらなきゃ意味ないよ」は立派な指示である」
とキッパリ。実にスッキリ痛快。こうでなきゃ。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180529-00000157-dal-spo
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180529-00000587-sanspo-spo


声明文全文
本年5月6日に行われました関西学院大学アメリカンフットボール部と私たち日本大学アメリカンフットボール部の第51回定期戦での私たちのチームメイトの反則行為について、ケガを負ったQBの選手とご家族の皆様にお見舞いを申し上げるとともに、関西学院大学アメリカンフットボール部関係者の皆様、関東学生アメリカンフットボール連盟その他の関係者の皆様に、多大なご迷惑とご心労をおかけしてしまったことを、私たち日本大学アメリカンフットボール部選手一同、心よりお詫び申し上げます。

本当に申し訳ありませんでした。また、私たちの行為によりアメリカンフットボールという競技そのものへの信頼が損なわれかねない状況に至ってしまったことについて、アメリカンフットボールを愛する全ての皆様、そして社会の皆様に深くお詫び申し上げます。

今回の件が起こってから、私たちは、どうしてこのようなことになってしまったのか皆で悩みながら何度も話し合ってきましたが、まだ明確な答えが見つけられたわけではなく、これからも話し合いは続けていきたいと思います。

また、これから捜査機関による捜査や大学が設置する第三者委員会の調査が行われるようですので、私たちも全面的に協力して、その結果も待ちたいと思います。
なお、それらの捜査・調査に際しては、関係者の皆様にも、私たちが信じているチームメイトのように、誠実にありのまま全てをお話しして、その責任をしっかり受け止めて頂きたいと思っています。

ただ、少なくとも、私たちは、私たちの大切な仲間であるチームメイトがとても追い詰められた状態になっていたにもかかわらず、手助けすることができなかった私たちの責任はとても重いと考えています。
これまで、私たちは、監督やコーチに頼りきりになり、その指示に盲目的に従ってきてしまいました。
それがチームの勝利のために必要なことと深く考えることも無く信じきっていました。また、監督・コーチとの間や選手間のコミュニケーションも十分ではありませんでした。
そのような私たちのふがいない姿勢が、今回の事態を招いてしまった一因であろうと深く反省しています。

私たちは、日本大学アメリカンフットボール部全体が生まれ変わる必要があることを自覚しています。
今後、具体的に何をしていかなければならないかについては、これから選手一同とことん話し合って決めていきたいと思います。
ただし、絶対に必要だと今思っていることは、対戦相手やアメリカンフットボールに関わる全ての人々に対する尊敬の念を忘れないこと、真の意味でのスポーツマンシップを理解して実践すること、グラウンドではもちろんのこと、日常生活の中でも恥ずかしくない責任ある行動を心がけるなど常にフェアプレイ精神を持ち続けることを全員が徹底することです。
そのために何をしていく必要があるのか、皆様にご指導頂きながら、選手一人ひとりが自分自身に向き合って考え抜くとともに、チーム全体でよく話し合っていきたいと思います。

そして、いつか、私たち日本大学アメリカンフットボール部が、部の指導体制も含め生まれ変わったと皆様に認めていただいた時には、私たちが心から愛するアメリカンフットボールを他のチームの仲間たちとともにプレーできる機会を、お許しいただければ有難いと思っています。
また、そのときには、もし可能であれば、私たちのチームメイトにも再びチームに戻ってきてもらい、一緒にプレーできればと願っています。

私たち選手一同の今の思いは以上のとおりです。
私たちは、今回の件の深い反省のもと、真剣に、謙虚に、一丸となってチーム改革を実行していく所存ですので、どうかご指導のほど、よろしくお願い致します。

平成30年5月29日
日本大学アメリカンフットボール部選手一同

http://www.hochi.co.jp/sports/ballsports/20180529-OHT1T50104.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

なお、私は、フェイスブックにおいて、負傷した関西学院選手のお父様である奥野康俊さんによる宮川さんの減刑嘆願書にウェブ署名しました。簡単にできます。
目標はとりあえず5万人とのことですが、30日AM0時過ぎで既に4万人を超え、秒単位で更に増えています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

恐れられる権力者から軽蔑される立場へ
日大というOBを含めて数十万単位の組織の権力者として、この十数年間、思うままにしてきたであろう内田氏。それが一転して日本全国の幼児を除く数千万単位の日本人から軽蔑される立場に変わった。このままでは、ずっと彼は恥さらしな人生を送ることになる。そんな人生、何が楽しいのだろう?
全てを告白して謝罪する勇気が、あの初老の男性にあると良いのに。
「聞くは一時の恥。聞かぬは一生の恥」という諺を言い換える
なら、
「謝るは一時の恥、謝らないのは一生の恥」
というというところだろう。


負傷した奥野選手とご両親に、宮川さんとご両親が謝罪面会した際
奥野お父さん「宮川さんのお母さんは泣いていました。私の妻も泣いていました。息子も宮川君は可哀そうだと言いました。私は最後は、いっしょ頑張りましょうと言いました」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180526-00000145-spnannex-spo


関東学生アメリカンフットボール連盟の規律委員会は、
内田前監督を処分の中で最も重い、事実上の「永久追放」
に当たる「除名」処分、井上前コーチは2番目に重い「資格剥奪」の
処分が検討されているとみられる。
これらの処分が下された場合、今後、学生の指導などが事実上、
できなくなる。
また、日大アメフト部については「無期限の活動停止」処分となる見通し。
週明けにも臨時理事会を開き、最終的に決定する見通し。
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20180526-00000046-nnn-soci


 「正直」~アッコにおまかせ
人は正々堂々を本当のことを語るとき、いちいち「正直(言いますと)~」などと前置きは言わない。
ある弁護士によると「正直(に言いますが)」と使うときはウソをつくとき、という。
27放送のTBS「アッコにおまかせ!」で紹介されたのは、同番組のスタッフが、内田&井上会見の際、2人が「正直」を使った回数をカウントしたところ、
内田氏が28回、井上氏が27回だったという。
確かに多すぎる。


関西学院の奥野選手、試合復帰。良かった。
コメントも泣けてくる。

「宮川選手はフットボールをする権利がないと言っている
 けど、それはまた違う。フットボールの選手として戻ってきて、
 グラウンドで正々堂々とルールの中で勝負できたら
 と思います」。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180527-00221522-nksports-spo


パワハラの象徴としてのアメフト問題~日本経済新聞「春秋」5月25日
特攻隊として9回出撃し、すべて生還した青年パイロットが日本陸軍にいた。作家の鴻上尚史さんが著書「不死身の特攻兵」で青年と周囲の人々を紹介する。
皆が後に続くよう最初の隊は優秀な人が集められた。血のにじむ訓練は何だったのか。隊員らは不満に思った。

正式な隊を編成せず個人で参加する点にひっかかっる人もいた。
建前は志願制の特攻だが実態はほど遠い。
爆弾だけを落とし生還する青年は露骨に「次こそ死ね」と言われるが、理不尽な戦争への抵抗を続ける。「21位歳の若者が、絶対的な権力をもつ上官の命令に背いて生き延びたのはどんなに凄いことか」と鴻上さんは記す。

大学の運動部でボ-ルを追う技を磨いた若者が「相手をつぶせ」と命じられた。練習を干し、自ら反則するよう大人が追い込んだ節もある。
外回りの女性たちが取引先や顧客の男性から尊厳を傷つけられる。「セクハラは拒んでいいが成績を上げろ」と言う上司は、嫌がらせは自己責任で甘受しろと暗に促しているに等しい。

スポーツや女性の問題ばかり騒いでいる場合か、との声も聞く。
しかし人々の関心は高い。面白おかしい問題というより、私たちの国が宿痾(しゅくあ)(注)のごとく抱える課題の象徴と受けとめられているからではないか。

鴻上さんの本はビジネス街でよく売れている。
組織との摩擦に悩む中高年の男性に読まれていると担当編集者は語る」(注)宿痾=長く続く病気、持病
 なお、タイトルは私が付けました(原文にはありません)。


追記:8月17日
日本大アメリカンフットボール部の反則をした宮川泰介選手がアメフット部復帰の意向を示していることを、宮川選手の父親から伝えられと、被害選手の父親 奥野康俊さんが17日、自身のフェイスブックで公表した。

奥野氏は更に、
「大好きだったアメフトを「やりたくない」と言わせるまで
 彼を追い込み、彼に対して謝罪もしていない日大指導者と、
 トカゲの尻尾切りで我関せずを貫く田中理事長を許せない。
 あれだけ辛い思いをさせられた宮川君本人に対しても
 田中理事長からの謝罪、コンタクトは全くないそうだ。
 日大が来年130周年を迎える。その時、理事長に君臨し、
 利権にしがみつく田中英寿氏の姿は、もはや、
 大学相撲界でトップの座についたスポーツマンとしての
 姿とはほど遠く、理事長としての人格もなく完全に別人
 としか思えない。
 何を考えているのか全く理解出来ないし
 田中英寿理事長が醜く見えるのは私だけであろうか?
 息子と彼がグラウンドで握手をして正々堂々とフェアに
 戦える日が来る事は、彼がご両親と、私の息子に
 謝罪に来た時に、あまりに理不尽な思いをした彼に対して
 思い描いていた幕引きのシーンだ。
 早くその日が実現してほしいと思う」
と語った。

日大は秋のリーグ戦に出られないが、
宮川選手は3年だから、来年1年はやれる。
ぜひ復帰して欲しい。

« バーンスタイン生誕100周年記念演奏会     井上道義指揮~横浜みなとみならホール開館20周年 | トップページ | オープンシアター~ヘンゼルとグレーテル »

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック