« 日大アメフト部悪質タックルは犯罪行為だ | トップページ | 若者の真摯な告白 »

2018年5月23日 (水)

20歳の若者に犯罪を強要した日大常務理事~史上最悪のパワハラ

日大アメフト部悪質タックルは犯罪行為
 ~監督の卑怯な責任回避(逃げ)

アメフト関係者(OB)が口をそろえて
「あり得ない行為。過去に一度も見た事が無い」
と驚き呆れ憤る行為。
スポーツの域を越えているというより、これは傷害罪たる
犯罪行為だ。
スポーツ競技におけるテロ行為とさえ言ってよいほど悪質。

大ケガを負った関西学院大学の選手は神経系統への
深刻なダメージはなさそうだから良かったけど、
たまたま幸運だっただけで、歩けなくなることだって
考えられたほどの体当たり攻撃だ。

日大監督の内田正人氏が、部内で干されつつあった
という選手に「(今後)試合に出たいのなら、
 1ゲーム最初から(相手の)クォーターバックを壊してこい」、
と意図的にプレイに関係ない攻撃を命じたという。

ところが、内田氏は「反則プレイをしろとは言っていない」
としているらしい。卑怯な逃げ戦術が早くも出てきた感がある。

タックルした選手は試合後、泣いて、今では退部に言及して
いるというが、諸悪の根源は内田監督であって、
あなたではない。

このように、重傷を負った相手チーム選手だけでなく、
タックルした自分たちのチームの学生である選手も含めて
2人の若者のアメフト人生を奪いかねない指示命令をして
おきながら「私は関係ない」とは呆れる。

典型的な卑劣大人のワンパターン対応だ。
監督の資質も資格も無し。

日大はホームページで謝罪文を掲載したが、
世間を騒がせたことを詫びているだけで、
プレイ自体には触れていないから「悪いことをしたとは
思っていない」のかもしれない。
第一、大ケガを負わせた関西学院の選手に詫びていない
のが呆れる。

そして関西学院の会見より先に、日大こそがまずが
謝罪会見をして然るべきだった。
いずれにしても監督責任は免れない。逃げても無駄だ。

関西学院大学と日大はアメフトにおける2大名門校
とのことだが、これは日大アメフト部の廃部に値する
ほどの悪質犯罪。
それをどこまで認識しているのだろうか?

法政、東大、立大は日大との試合拒否を表明。当然だろう。
負傷を負った選手の父親は「日大側が指導陣の総退陣等の
対応をしないなら告訴も辞さない」としているのも
当然のことだ。
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20180516-00000043-jnn-soci
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180516-00000068-asahi-spo


「退部したい」でなく、「退部しろ」とシッポ切りのウワサさえ
 出ています。タックルした選手に全てを語ってもらうほか
 ないでしょう。それでももしかしたら、
  「余計なことを言うなよ」と先に妨害が入るかも
 しれませんが。

日大側から「意図的な乱暴行為を行うことを選手に教えることは
 全くない。指導と選手の受け取り方に乖離があった」
という回答。

要するに「勘違いした選手が悪い」という切り捨て回答。
特攻のようなタックルで連想するなら、戦時下の特攻。
死んだのは若者。
命じた中年大人たちの多くは戦後の豊かな日本の生活を享受
した。理不尽さにおける犠牲者はいつも若者。

純な若者よ、汚い大人たちをギャフンと言わせたまえ。
パワハラ大人に反逆する勇気、嫌われる勇気を持って欲しい。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180517-00000052-jij-spo
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180517-00000015-kobenext-spo
日大回答全文
https://www.kobe-np.co.jp/news/sports/201805/0011264064.shtml


明大も日大との試合拒否を表明
https://news.yahoo.co.jp/pickup/6282841

Jリーグ初代チェアマンで、日本トップリーグ連携機構会長の川淵三郎氏が16日、ツイッターで日本大学アメリカンフットボール部の悪質タックル問題に言及。「何と愚かな日大アメラグ選手の行為か。許してはならない」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180517-00000050-dal-spo


「かんせい」を「かんさい」と何度も間違えた、って、長年のライバル学校名を間違えるだろうか
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180519-00000009-kobenext-spo


にわか知識~アメフトのクォーターバック
野球で言えば、投手と捕手と4番バッターを足した選手と言えるほどのチームの要。
相手チームも含めてアメフトの競技においてリスペクトされるポジション。
クォーターバックが投じた瞬間から彼に触るのを誰もが避け、もっともケガを与えてはいけないよう両チームが互いに守る立場の選手。

にわか知識~個人の意思は入り込む余地のない組織スポーツ
アメフトは厳格なフォーメーションで動く。個々の判断云々で展開しない珍しいスポーツ。
例えば「A区間では、左足から(出て)5歩進むこと」と命じられ、6歩進んだらミスとして叱咤されるスポーツ。
それゆえ、選手の独断での悪質反則タックルは100%あり得えないこと。
もう1つ
元々は日大チームは反則が少ないチームだった。こうした美点が今回の件でゼロ(以下)に留まらず、
日大アメフトと言えば「ああ、あの悪質タックルね」と語られていく点で、アメフト史に汚点を残してしまった。

選手との間に乖離が、とかの言い訳。乖離あろうが無かろうが関係なく、全ての責任は監督にある。
法大、東大、立大、成蹊大、明大、桜美林大が日大との試合拒否で、春のリーグ日大は試合なし。
こういう状況下で監督は務まらない。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180519-00000079-mai-spo

« 日大アメフト部悪質タックルは犯罪行為だ | トップページ | 若者の真摯な告白 »

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック