« 日大ウソ会見 | トップページ | 日大問題ヤマを迎えた »

2018年5月26日 (土)

バーンスタイン生誕100周年記念演奏会     井上道義指揮~横浜みなとみならホール開館20周年

横浜みなとみらいホール開館20周年を記念した演奏会の1つ
として、井上道義さん指揮、神奈川フィルハーモニー管弦楽団
の演奏によりレナード・バーンスタイン生誕100周年記念演奏会
が同ホールで開催された。
担当コンマスは﨑谷直人さん。
14時開演、2回の休憩を挟んで終演が17時15分という長丁場
だが、作曲家バーンスタインの多彩な作曲作品を集中して聴けた
という点でも貴重な、聴き応え十分なコンサートだった。

プログラムと出演者は以下のとおりだが、
第2部の交響曲第2番「不安の時代」が終り、ステージセットの
転換の時間を使って、館長でもある作曲家の池辺晋一郎さんと
井上さんで、短いトークをされた。

その際、池辺さんは
「僕はかねてから、指揮と作曲の2つをやった人では、
 どちらかに重きを置かざるを得ない(両方を同じレベルでは
 できないという意味)と言ってきた。
 マーラーは指揮者としても有名だったが、
 やはり作曲家としての存在が大きい。
 フルトヴェングラーやチェクロヴァスキーは作曲もしたが、
 やはり圧倒的に指揮者としての存在だった。
 けれど、こうして聴いてみても、バーンスタインは例外的に、
 指揮者としてだけでなく、作曲家としても偉大だったと解る」
と語られたが、全く同感同意、共感する。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1.ハリル  フルートソロ=工藤重典

2.セレナード  ヴァイオリンソロ=山根一仁

 (休憩)

3.交響曲第2番「不安の時代」 ピアノソロ=福間洸太朗

4.ウェストサイド物語より
 (1)シンフォニック・ダンス
 (2)トゥナイト
   ソプラノ=鷲尾麻衣、テノール=古橋郷平

 (休憩)

5.シアターピース「ミサ」より
 (1)第1曲「ミサの前の祈祷」より
    第2番 讃歌と詩編「シンプル・ソング」
 (2)第9曲 福音書 説教「神は言われた」
 (3)第16曲 聖体分割式「すべて壊れる」より
 (4)第17曲 シークレット・ソング

  司祭=大山大輔(バリトン)
  ボーイソプラノ=込山直樹
  ストリートコーラス
   ソプラノ=鷲尾麻衣、小川里美、藤井玲南
   メゾソプラノ=森山京子
   テノール=古橋郷平、宮里直樹、又吉秀樹
   バリトン=籔内俊弥、ヴィタリ・ユシュマノフ
   バス=ジョン・ハオ
   合唱=東響コーラス
   ロックバンド
    白石准(E.Key)、坪川隆太(E.Gt)、小枝英隆(E.Gt)、
    小野田篤(E.Bs)、佐々木章(Drs)
   ブルースバンド
    川畑淳(E.Key)、船津恵一(E.Bs)
   パイプオルガン=石丸由佳
   スモールオルガン=小埜寺美樹

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

まず、全体として、武満徹にタケミツトーンがあるように、
バーンスタインにも彼ならではのリズムや色彩があることが
はっきり確認できるコンサートだったと強く感じた。
それと、今日の曲の多くに、ヴィオラを重宝していることも
確認できた。

1曲目は独奏フルートとオーケストラの曲で、1973年、
第4次中東戦争で死んだイスラエルの若いフルート奏者
ヤディン・タネンバウムと彼の兄弟たちの魂に捧げられた曲。
初演は1981年5月、ジャン=ピエール・ランパルのソロ、
バーンスタイン指揮イスラエル・フィル。
いつもながら抜群に素晴らしい工藤さんのソロ。
15分ほどのこの曲は幻想曲的でもあり、狂詩曲的でもある
とでも言おうか。ヴィオラのソロ等も印象的。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2はプラトンの「饗宴」にインスピレーションを受けて作曲。
独奏ヴァイオリン、弦楽合奏、ハープ、打楽器。
5つの楽章は「饗宴」の出てくるギリシアの賢人たちの
名前が付いている。
第1楽章「パイドロス-パウサニアス」、
第2楽章「アリストファネス」、
第3楽章「エリュクシマコス」、
第4楽章「アガトン」、
第5楽章「ソプラテス、アルキビアデス」
初演は1954年9月、アイザック・スターンの独奏、
バーンスタイン指揮イスラエル・フィル。

30分ほどのこの曲は繊細さと諧謔的な要素とが在り、
ジャズ的というよりダンス音楽的と感じた。
細かく変則的に変化するリズムも重要な要素。
ソロの山根さんは音量はあまり無かったが、
繊細さの部分で特に際立っていたと思う。
打楽器群もとても難しく、当然、指揮も難しい。
終わったとき、井上さんがガッツポーズした気持がよく解る。
聴衆の拍手と歓声も大きかった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1回目の休憩後は交響曲第2番「不安の時代」。
バーンスタインは3つの交響曲を作曲したが、
独奏ピアノを伴う第2番「不安の時代」はW.H.オーデンの詩に
インスピレーションを得て作曲。
第1部が「プロローグ」、「7つの時代」(変奏1殻7)、
「7つの段階」(変奏8~14)から成り、
第2部は「挽歌」、「仮面劇」、「エピローグ」から成る。
初演は1949年4月、バーンスタイン自身のピアノ、
クーセヴィツキー指揮ボストン交響楽団。

2本のクラリネットでの開始が美しい。
ただ、その後は、強音がやや平坦に続く感じがして、
独創性を強く感じるとは言い難い気がしたが、
そう思っていると、
第2部の「仮面劇」ではピアノ、ティンパニ、チェレスタ、
グロッケンシュピールなどのパーカッションと
ハープだけによるジャズ全開と言えるような、いかにも
バーンスタインらしい音楽でとても楽しめた。
彼の面目躍如というところだろう。

この場面では照明もその演奏者だけに当てられ、
ヴァイオリン等、沈黙の楽器群は暗転された。
もちろん次の「エピローグ」では元に戻されたが。

ピアノの福間さんは終始堂々とした余裕のある演奏で、
あたかもこの曲を何度も弾いているかのようだった。
武満など、現代曲にも積極的に取り組んでいる利点、
長所、強みを感じる立派な演奏だった。
この曲の終了後も聴衆の拍手と歓声は大きかった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

前述のとおり、舞台替えの際、池辺さんが客席から
ステージに上がって井上さんとトーク。

そして「シンフォニック・ダンス」が演奏されたが、この作品は
19657年のブロードウェイ「ウェストサイド物語」が成功し、
それを元に演奏会用管弦楽曲にまとめたもので、
初演は1961年2月、ルーカス・フォス指揮ニューヨーク・フィル。
演奏は、リズムの鋭さはさほどではなかった分、
それよりも明るさと楽しさが溢れたもので、
これはこれでとても面白かった。
このテイストは井上さんの指揮による要素が強いのか、
神奈川フィルのそれなのかははっきりは解らないが、
たぶん前者なのだろう。
こういう質感のシンフォニック・ダンスもなかなか良い。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ここで、井上さんが再びマイクを手にし、
「シンフォニック・ダンスを演奏するたびに、なぜこの中に
 トゥナイトが無いのだろうと思っていた。
 今回、シンフォニック・ダンスの中(途中)に入れて演奏したい
 と考え、ダメ元で出版社に問い合わせたところ、
 やはり(著作権上)ノーと言われた。
 そこで、アンコールのかたちで、トゥナイトを演奏します」
として、鷲尾麻衣さんがブルーのマリアっぽい衣装で、
古橋郷平さんがトニーっぽい身なりで登場し、
素敵な歌声を披露した。
この日、初の歌声ということで、これまでとはまた違った
大きな拍手と歓声が起きた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2回目の休憩後のミサ。
「歌い手、奏者、ダンサーのためのシアターピース「ミサ」
ワシントンD.C.のケネディセンターの杮落しのために作曲。
初演は1971年9月。
バーンスタインは既成のオペラでもミュージカルでも
宗教音楽でもない、総合芸術としての作品とした。

テキストはカトリックのミサ典礼文(ラテン語)を用い、
バーンスタインが英語の台本を付けた。
宗教的なテーマ(現代人の信仰の危機)、
政治的なテーマ(ベトナム反戦、平和への希求)、
音楽的なテーマとし、フォークソングやロックも加えた。

約2時間かかる全曲~井上さんは昨年 大阪で全曲上演
して話題になった~から4曲が演奏された。
第1曲は大山さん演じる司祭がギターと歌うものだが、
ポップス調のサウンドということで、
これからどう展開するんだろう?という感じの幕開け。
後の3曲では、中学2年生の込山少年のボーイソプラノが
素敵で、演技も十分。
兵庫県の三田少年少女合唱団所属というから、
たぶん大阪での全曲でも起用されたのだろう。

第9曲では「トゥナイト」を歌われた2人を加えて
著名な歌手10人が、オルガン側=指揮者の正面に
陣取ってのコミカルな歌唱が素敵だった。
服装はストリートコーラスだから皆さんラフな感じ。
正面字幕では、英語に加え、部分的には大阪でも
使われたという井上さんによる大阪弁による歌詞も
用いられ、映し出された。

第16曲で再び司祭による歌があり、終曲17曲では、
最初に客席3階右奥から工藤さんによるフルートソロが
あり、その後、オルガン上に設定された十字架を含めて
ステージ全体が照明も荘厳な色調とされ、
東響コーラス~女声26人、男声20人~が正装で登場
して格調高く終わった。

部分的とはいえ、この曲が斬新な魅力を持ったもので
あることが解って楽しめた。

« 日大ウソ会見 | トップページ | 日大問題ヤマを迎えた »

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック