« 2つの認定~セクハラとパワハラ | トップページ | 東京ユヴェントス・フィル第17回定期演奏会~個性的な指揮者と若く優秀な奏者たちの純度の高い演奏 »

2018年4月28日 (土)

朝鮮半島南北対話~今でしょ信じなければ何も始まらない

朝鮮半島の平和と統一は第一義的には南北両国間の問題である
ことは言うまでもない。
アメリカ、中国、日本などの第三国がとやかく言うのは
本来的にはおこがましいことだ。

この点を踏まえておかないと、第三国による身勝手な言い分に
留まるだけだ。
「(本来は)別れて暮らすことのできない同朋」との
金正恩委員長の言葉は本音だろう。

もちろん金委員長の最終目的はアメリカとの友好的関係成立
であり、それのセーフティネットが中国訪問であり、
大前提が今回の南北対話であるわけだが。

軍事境界線を金正恩委員長がまたいで越えるまでは
シナリオどおりだったが、文在寅大統領が、
「私が北側に行けるのはいつになることでしょうか?」と
アドリブで言うと、金委員長は、
「それでは今、行きましょうか」と応じ、
文大統領が北側に入った。良いシーンだった。

以前、私は、北に融和的な政策を掲げる南の指導者に対して
懐疑的だったが、こうしたシーンを現実に見せられると、
やっぱりこれで良いんだと思う。

歴史は観念ではない。信じる、少なくとも「信じてみよう」
という感情が無い者同士の間では何も進展はしないのだ。

「完全な非核化により、核のない朝鮮半島の実現
 という共通の目標を確認した」とする「板門店宣言」に
両者が署名したが、具体性に欠けるとか、
拉致問題に関して何ら具体的な進展が無いと批判する人も
いるが、物事はそんなに急に一気には進展しない。
一歩一歩でないとムリだし、それで良い。慌てることはない。

もちろん我が国の場合は拉致被害者の親族の高齢化
という緊急を要する状況はあるが、今後の早急な進展を
期待するしかない。

南北にとって、まずは「終戦宣言」こそ第一だろう。
現在は依然として休戦状態にあるのだから。
今回の板門店宣言において終戦を年内に宣言し、
休戦協定を平和協定に転換すると明記しているという。

終戦宣言を基盤に、核問題、統一問題が平和裏に進展していく
ことを隣国としても強い関心と期待をもって注目していきたい。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180427-00000099-jijp-int.view-000
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180427-00000058-mai-int
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180427-00000098-jij-kr

« 2つの認定~セクハラとパワハラ | トップページ | 東京ユヴェントス・フィル第17回定期演奏会~個性的な指揮者と若く優秀な奏者たちの純度の高い演奏 »

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック