« 自己責任と税金に関する名言 | トップページ | 日本音楽コンクール「作曲部門本選で実演なし」はナンセンス »

2018年3月 8日 (木)

憲法改正に対する国民の微妙な感情

「憲法9条を変える必要はない」が38%(NHK)と
特別高いわけでもないにもかかわらず、
「9条第2項を維持したまま、あるいは2項を削除して、
 自衛隊(の存在根拠や目的等)について明記する」
も30%台前半に留まっている(毎日、読売、NHK)のは、
国民の微妙な不安心理を表しているようで興味深い。

この国民心理を推測してみると、
「本当は明記したほうがスッキリして解り易いのだろうが、
 今の内閣で改正すると、もっと先も(違うことも)
 盛り込みそうなので恐い。
 違う内閣や政権党に変わったときは前向きに考えても
 よいけれど、今の政権では嫌だね」、
というところではないか。

https://mainichi.jp/articles/20180124/ddm/005/010/034000c

« 自己責任と税金に関する名言 | トップページ | 日本音楽コンクール「作曲部門本選で実演なし」はナンセンス »

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック