« 「ミュアヘッド先輩」~礼儀を基本とするカーリングの本質を象徴した言葉 | トップページ | 私のマーラー演奏歴~メモ的まとめ »

2018年3月 5日 (月)

高木美帆選手が「ミスということではない」と訂正をしたのは良かった

帰国後、フジTVに出演中、進行側が「佐藤選手のミス」という
表現を用いたことに対して、高木美帆さんは、
 「1つ言いたかったのですが」として、
ミスということではない、と、生じた状況を、控えめながら
キチンと冷静な言葉使いで修正解説したのはとても良かった。

安藤キャスターも直ぐに「ごめんなさい」と謝ったのも、
良かった。

普段、姉菜那さんのガムシャラ感に対して、
飄々とか淡々などと性格について言われる美帆さんだが、
熱い思いがある人であることが判るシーンで、
益々、彼女が好きになった。

 「ミスではない。佐藤は頑張った」
「グッディ」出演
https://www.youtube.com/watch?v=qt8F2MFIzYU
https://www.youtube.com/watch?v=4znnAb6D9Ts

« 「ミュアヘッド先輩」~礼儀を基本とするカーリングの本質を象徴した言葉 | トップページ | 私のマーラー演奏歴~メモ的まとめ »

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック