« 祝 小平奈緒さんと高木美帆さん~スピードスケート女子1000 | トップページ | 小平奈緒選手が相澤病院 所属のわけ~企業のふがいなさを感じる »

2018年2月15日 (木)

女子団体パシュートとヨハン・デビットコーチの凄さ

小平&高木ダブルメダル興奮さめやらぬ14日夜のNHKスペシャル「女子団体パシュート」の特集は見応えあった。3人で先頭を交代しながら2400メートル走る団体パシュート。高木美帆個人だけでなく、女子団体パシュートも指導するはヨハン・デビットコーチ。

強豪オランダに勝つべく、日本チームには一糸乱れぬ隊列を徹底することで、風の抵抗を抑えた。加えてレース中のトップ交代の際は他のチームと違う高速交代をすることで秒数を稼ぐ。

これにより、昨年11月のワールドカップ第1戦で、それまで勝てなかったオランダに勝ち、8年間破られなかった世界記録を0秒02上回り、2分55秒77の世界記録で優勝。メンバーは高木美帆(23、日体大助手)、高木菜那(25、日本電産サンキョー)、佐藤綾乃(21、高崎健康福祉大)。

さらに、12月のスピードスケートのワールドカップ第3戦では、高木美帆、姉の菜那、菊池彩花により、2分53秒88と、11月に出した世界記録を2秒近くも更新して優勝し、デビットコーチが目標に立てた53秒台をクリヤした。

ここに留まらない。最初は2走から滑り途中でトップに替わる位置の佐藤(第1戦)、菊池(第3戦)とも、最後はヘトヘトになり隊列が乱れたことを考え、余裕のある高木美帆が先頭で滑る距離を伸ばし、2走の距離を短くする案で臨んだ12月8日(現地時間)、アメリカ・ソルトレークシティーでのW杯第4戦では、2分50秒87という驚異的な世界新で優勝した。(高木美帆、菜那、佐藤)

わずか2ヶ月間で5秒も速めたという信じ難い成果。ヨハン・デビット様様、恐るべし、というところだ。
平昌での金が期待できる。
https://www6.nhk.or.jp/special/detail/index.html?aid=20180214

« 祝 小平奈緒さんと高木美帆さん~スピードスケート女子1000 | トップページ | 小平奈緒選手が相澤病院 所属のわけ~企業のふがいなさを感じる »

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック