« 祝 高梨沙羅さん | トップページ | 祝 小平奈緒さんと高木美帆さん~スピードスケート女子1000 »

2018年2月15日 (木)

清水宏保さんの言葉

「金は嬉しく、銀は悔しく、銅はホッとする」by 清水宏保さん

長野五輪スピードスケート金の清水宏保さんが高木美帆さん
について朝日新聞に書いている中で、金をとったブスト選手の
「過去の五輪経験での余裕」に触れた後、
こう書いているのだが、なかなかの名言だな、と思った。

「僕は(過去)全ての色のメダルをとったが、
 金は嬉しく、銀は悔しく、銅はホッとする。
 高木も今は悔しいだろうが、メダルをとったことで
 気持ちは楽になるだう。
 何より、メダルを目指して苦しんだこの4年間を思えば、
 だんだん安心感が生まれてくるはずだ。
 まだまだ続くスケート人生。本領発揮はこれからだ」

これは、高梨沙羅にも言えることだろう。
実際、高木、高梨はこう述べている。以下、言葉を拾っておこう。

高木美帆選手
「ソチでは代表にも選ばれなかった。覚悟ができてなかった。
 考えが子供だった。その後の練習で、人生を賭けなければ
 メダルは取れない、と思い知った」

「銀が決まったときは嬉しかったが、
 今では金でなかったことが悔しい」

高梨沙羅選手
「銅が決まってホッとして嬉しかったが、
 今では悔しい気持ちのほうが強い」

マーレン・ルンビ選手
「沙羅は偉大なジャンパー。
 メダルをとれて世界中が喜んでいることでしょう」

原大智選手(男子モーグルフリースタイル銅メダル)
「失敗する気がしなかった。こんなに楽しく滑れたのは初めて」

« 祝 高梨沙羅さん | トップページ | 祝 小平奈緒さんと高木美帆さん~スピードスケート女子1000 »

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック