« 限界は人が決めるものではなく~人間万事塞翁が馬 | トップページ | 「ミュアヘッド先輩」~礼儀を基本とするカーリングの本質を象徴した言葉 »

2018年2月27日 (火)

勝敗を超えた美しい決まり手

例えば将棋をやる人なら、負けた試合でも、
感服するような指し手、決め手で負けたとき、
悔しさを通り越して、相手をリスペクトする感情が
湧いたりした経験がある人も多いと思う。

LS北見の主将 本橋麻里さんはこう語った。

「準決勝の韓国の最後のドローショットにやられたときは
 感動すら覚えた。
 あの1投は私の中にも刻まれるショット。
 これから先、あのような素晴らしいショットができる
 チームになっていかないと」。

さすがマリリンだ。
LS北見は今後も進化し続けることだろう。

« 限界は人が決めるものではなく~人間万事塞翁が馬 | トップページ | 「ミュアヘッド先輩」~礼儀を基本とするカーリングの本質を象徴した言葉 »

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック