« 小平奈緒さんとイ・サンファさんの友情 | トップページ | 祝 女子団体パシュート 金メダル »

2018年2月21日 (水)

小平奈緒さんの言葉と櫻井翔さんとの共通点

IOCの公式ページに小平選手の発言が紹介されている。
"Le sport peut nous rassembler comme un seul peuple. C'est tout simple", a dit Nao Kodaira.

 「スポーツによって私たちは(国籍とかでなく)一つの(グループのような)同じ人々のようにまとまることができるのです。とても簡単なことです」
https://www.olympic.org/fr/news/nao-kodaira-fonce-sur-l-or-du-500-m-dames-en-patinage-de-vitesse

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

櫻井翔さんと小平奈緒さんは「相澤病院仲間」~意外な接点

20日放送の日テ「NEWS ZERO」で、櫻井翔氏が小平さんにインタビュー。
櫻井さんいわく、
「私、相澤病院をモデルにされたとされる作品に出ていて、一方的に相澤病院仲間だと思っています」とコメントし、小平さんがニコッとするシーンがあった。

調べてみると、夏川草介原作の「神様のカルテ」で、原作者が実際に勤めた相澤病院がモデルとされており、映画化第1作が2011年8月公開、第2作が2014年3月公開で、いずれも櫻井さんが主役。女性客を中心に興行成績も良かったようだ。

なお、櫻井さんに対して小平さんは、
「本当に無名の時代から、私の成績というよりは夢を応援してくださった病院で、(特に)1年目は本当に困った状態だったので、すごく救われました」と語った。
http://news.livedoor.com/article/detail/14329836/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
さらにインタビューでは、36歳の櫻井さんが、小平さんが31歳で金メダルを手にしたことを「本当にすごい」「改めて驚異的」と称賛。
同じ30代として、ピークを更新していった小平がいかに自分と向き合ったかを尋ねた。

小平さんは、「他選手と比べてスローモーションな競技人生を歩んでいる」、「それは目の前に用意された道を歩むのではなく、本当に自分で覚悟をもって選んだ道を歩んできている」、「そういった意味ではちょっと、ピークがずれていると思っている」と語った。

30代だからとフィジカルの調子が落ちるという感覚ではなく、「むしろどんどん自分を高めていける」という小平さんは、次に500メートルの世界記録更新を目指している。

実際、今回のレース映像を見て「少し直さなければならない課題が見つかった」という。
櫻井さんは「金メダルでなお」と驚きを表しつつ、「納得いく滑りをこれからも追及していくということですか」とコメント。
小平さんも「限りなく100%自分が満足できる滑りができるようにやっていきたい」と、さらなる向上に向けて意気込んだ。

« 小平奈緒さんとイ・サンファさんの友情 | トップページ | 祝 女子団体パシュート 金メダル »

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック