« マーラー「千人」の合唱団員を募集中です~東京ユヴェントス・フィルハーモニー創立10年記念演奏会 | トップページ | 玉ちゃんが吹いたブラームスの4番~感傷的な思い出 »

2018年1月13日 (土)

歌手とカス~それはともかく「千人」の練習、始まる

今年の9月16日(日)にミューザ川崎で行われる
東京ユヴェントス・フィルハーモニーの
創立10年記念演奏会の演奏曲である、
マーラーの交響曲第8番「千人」の合唱の第1回練習が、
13日午後、東京芸術劇場5階のリハ室で開始された。

今後は第1と第2は曜日的に分かれて練習が行われて
いくが、今回は決起大会(と言ってもオリエンテーリング位
だが)も兼ねて、いっしょの全体リハだった。

発声指導を兼ねた合唱指導者が、発声時、頬の中心部
 (鼻と唇の間)から上と下を分けて示し、
「僕の先生が言ったんですが、ここから上で歌う人が歌手、
 下で歌う人はカス、だそうです」と、参加者を爆笑させた。

それはともかく、
私が「千人」を歌うのは、故・山田一雄さん指揮、
新交響楽団での1986年以来、32年ぶり。

あのときは第1コーラスが武蔵野合唱団、
第2が公募だったので第2で歌ったが、
今回は練習日の関係で第1で歌わせていただくことにした
 (詳しくは別途、合唱団募集の投稿をご参照ください)。

別途書いたように、若手指揮者の坂入さん(慶応出身)が
「合唱団も既存団体に頼らず、ゼロから作り上げたい」
として全員最初からいっしょに「千人」を創り上げて
いきましょう、という主旨の公演なので、
「千人」は初めてという人はむろん合唱自体初めても
拒んでいません。なかなか無い機会ですから挑戦されては
いかがでしょうか。
目標人数300人で、現状エントリー数は未だ半数ほどのよう
ですので、「クラシック音楽をのんびりと」の皆さんと
私のフィスブックのタイムラインの皆さんに別途詳細を
ご案内させていただきます。

« マーラー「千人」の合唱団員を募集中です~東京ユヴェントス・フィルハーモニー創立10年記念演奏会 | トップページ | 玉ちゃんが吹いたブラームスの4番~感傷的な思い出 »

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック