2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Amazon CD

  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
無料ブログはココログ

« 皇室会議 | トップページ | 鳥取県警「支障はありません」~貴乃花親方の拒否の根拠は消えた »

2017年12月 3日 (日)

鈴木邦男さんの言葉に共感する

鈴木邦男さんの次の言葉に共感する。
彼は言う。

「人は(私を)右翼というけれど、中国人朝鮮人を
 やっつけろというのが右翼なら、
 日本人が一番エライというのが右翼なら、
 核武装せよというのが右翼なら、
 そして愛国を強制するのが右翼なら、
 私は右翼ではありません」

こうも述べている。

「日本国民に同胞感が無くなってきた。
 イラクでの日本人人質が無事解放されても
  「自己責任だ」と非難され、
 ヘイトスピーチがまかり通る。

 以前は、保守の中にも「日韓友好が大事。そのために
 竹島が邪魔なら爆破して沈めてしまえ」という人は
 いた。
 今、そんなこと言おうものなら非国民扱いされるだろうし、
 韓国の人だけでなく多くの日本人も日韓友好より
 竹島が大事、と思っているだろう。
 そういう偏狭な時代、寛容を許さない日本、時代に
 なってしまった」と。

とても共感する。

やがて新しい元号の時代が来る。
日本が以前あったに違いない「人思い」の空気を
「取り戻す」ことを切に願う。

« 皇室会議 | トップページ | 鳥取県警「支障はありません」~貴乃花親方の拒否の根拠は消えた »

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック