« 菊地美奈さんリサイタル~女性詩人による日本歌曲ほか | トップページ | 悩ましい日馬富士問題 »

2017年11月27日 (月)

危険な羽田空港増便案~経済より安全を優先すべき

たけしのTVタックルで知った情報~危険な羽田増便案
2020年に向けての観光立国政策を受け、東京の上空を
旅客機が低空飛行する計画があるという。

目的は2020年の東京オリンピック・パラリンピックの開催や
訪日外国人増加による需要拡大を受け羽田空港の国際線を
増便するため。
国土交通省によると2020年までに国際線の発着回数を
現在の年間およそ6万回から1.7倍のおよそ9.9万回へ増便
する事で705万人の旅客数の増加が予想され、
約6,500億円の経済効果が期待出来るという。

しかし、問題は、現在の海上を通るルートでは増便が
出来ないため新宿、渋谷、品川大井町などの都心上空を通って
着陸するルートの導入を目指している点。

これにより、都心を低空飛行することになり、
新宿で高度900メートル、渋谷で600メートル、
品川大井町付近では300メートルで通過するという。

そのとき、街から上空を見たときのシミュレーション映像も流れ、
渋谷ではすぐ上という感じだし、品川大井町付近に至っては
まるでビルとビルとの間を飛んで行くように見える低さ。

加えて品川大井町付近では80デシベルという走行中の
電車内に等しい音がするそうで、
飛行時間が15時から19時限定されるとはいえ、
1分に2回の頻度で騒音が生じるし、加えて昨今の
パネル等の部品落下問題がある。

パイロットにしても、都会の上空300での飛行は恐怖感が
あるという、等々、大変危険な案だ。
そんなに外国人観光客増大政策が重要か。
経済優先より、都民と飛行機の乗客乗務員の生命の
安全確保こそ優先事項だろう。
都心の安全性を脅かす危険度大の政策は回避されるべきだ。
http://o.x0.com/m/628335

« 菊地美奈さんリサイタル~女性詩人による日本歌曲ほか | トップページ | 悩ましい日馬富士問題 »

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック