« 衆議院議員選挙 | トップページ | 学校でのイジメ、年32万3千件の驚き »

2017年10月25日 (水)

クライマックスシリーズはナンセンス

リーグ優勝チームこそ(のみ)日本シリーズ出場チームにふさわしい

カープファンというわけではないが、カープファンからしたら
「下剋上?ふざけるな!」というところだろう。

各球団はシーズン中、セ・パそれぞれのリーグで優勝することに
選手生命をかけて試合をする。
その結果それぞれで優勝したチームが日本一をかけた
日本シリーズの出場権を獲得するのは当然のことだ。
 「ことだった」。

それが「クライマックスシリーズ」というネーミングがキザな
だけのナンセンスシリーズスタイルが2007年から開始され
ることになり、それによりリーグ3位までがこの新シリーズに
出場でき、その中で日本シリーズ出場権をかけた短期決戦が
行われるようになった。

 愚の骨頂だ。「再度仕切り直し」してどうするのか?

それでは何のための長いシーズンでの首位争いだったのか?
リーグ優勝しても自動的に日本シリーズ出場権が得られない
のなら、リーグ優勝する意味、価値が激減する。
優勝の意味すら無くなるとも言える。
3位のチームが「短期決戦」を「たまたま制しただけ」で
日本シリーズ出場権を得ることがあり得てしまうのだから。
そして今回そうなった。

長いリーグシーズンにはチームが不調な時期が1週間位ある
のはどのチームもごく普通な事で、それを乗り越えて
勝ち獲ったリーグ優勝こそ価値があり、
日本シリーズ出場チームにふさわしいのに。

セ・リーグで2位阪神に10ゲーム差、3位DeNAに
14.5ゲーム差という大差をつけて優勝した広島東洋カープ
こそ(のみが)セ・リーグ優勝チームとして
日本シリーズ出場チームに相応しい。
カープの選手と監督とファンに心から強く同情する。

« 衆議院議員選挙 | トップページ | 学校でのイジメ、年32万3千件の驚き »

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック