« 青山 貴さん 独演コンサート | トップページ | 田部京子さんの演奏について~私の田部京子(小)論 »

2017年9月 2日 (土)

日野氏の中学生ビンタ事件は指導力の無さの証明

あの中学生ドラマーだけが叩き続けた理由がどうあれ、
あの中学生を責めるのはおかしい。
有名人の指導イベントであっても「主役は演奏する中学生」だ。
有名指導者じゃない。
いずれにしても、日野氏のあのような暴力は論外。
あのような行為でしか指導できないというのは、
有名無名を問わず、大人として「指導力ゼロ」ということを立証
している。

止める方法はいくらでもあったはず。
ピンタというのはある意味「誰でもできる安易な手段」だ。
要するにプロとしての指導力が欠如しているということ。

これをもしオーケストラでやったら、どうなるか?
彼はそのオケはむろん、ほとんどのオケから二度と
呼ばれなくなる。
天才なら何をしてよいという時代ではない。
「トップアーティストほど、常識があって然るべし」という時代だ。
小澤征爾さんほか、人間的にも尊敬されている人は現実に多数
いる。

日野氏の実力は知らないが、他に優秀なトランペッターなど
世界にゴマンといる時代だ。
彼に驕りがあったとしか想えない。

中学生らは
「今度はもっと優秀で素晴らしい指導者を迎えればよい」
これに尽きる。

追伸;
フェイスブックの「クラシックを寄稿!」サイトで、
「トランペットでガンガン吹き返すことで止めたら
 カッコよかっただろうに」
という主旨のことを書いていた人が、あれはステキな意見だ。
もし、そうしてたなら、大人な対応だし、
アーティストならではの対応、と、かえって称賛されたことだろう。

« 青山 貴さん 独演コンサート | トップページ | 田部京子さんの演奏について~私の田部京子(小)論 »

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック