« 山口二郎氏の民進党への苦言 | トップページ | メディアと時の政権との関係、立ち位置問題 »

2017年7月19日 (水)

内閣支持率が下がり、不支持が上がる理由

森友問題は国有地がべらぼうな安さで民間法人に売られた
という極めて不透明要因があり、背任罪等の法的な問題も
生じ得る事案だが、
加計問題に関しては、もし「本当に獣医学部が早期に必要」で、
京都産業大学より加計学園や今治市に設置したほうが、
愛媛県だけでなく、全国的に将来の獣医を発信して行き易い
という理論的にして現実的根拠があるなら、
役所や政府がそれをきちんと説明し、
「加計のトップと安倍総理とは、たまたま友人だったという事は
 あるが、決定に至る手続きにおいて、何ら問題無い」と、
論理的時系列的に記録に基づいて実証すればよいだけのこと
なのに、それをしないで、やれ、
「議論した経緯に関する記録文書はない」とか、
「総理は関与していない」等々、その根拠を示さぬまま
「まっとうな決定」などと言うだけで、逃げてばかりいる。

仮に総理も役所も「潔白」であるなら、逃げる必要なないはずだ。
国民が呆れ、内閣支持率より不支持率が上回る状況に至って
いるのは、こうした、「問題解決能力の無さ」、「不誠実さ」、
「無責任さ」からの不信感であり、
 加えて、
稲田防衛大臣、金田法務大臣という、およそその地位と
責任感と能力に相応しくない人物の継続、

更に、不倫、重婚、秘書への暴言と暴力等2回生議員らによる
不祥事の連続が加わっての、内閣支持率暴落なのだ。

« 山口二郎氏の民進党への苦言 | トップページ | メディアと時の政権との関係、立ち位置問題 »

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック