« ビルギット・ニルソン 「モーツァルトがオペラの基本」~白石敬子さん | トップページ | 尋常ならざるテンポ~フルトヴェングラーによるモーツァルトの交響曲第40番 »

2017年7月19日 (水)

民進党のテイタラクさ~党首の戸籍を問題にしている場合ではないはずだ

同じ党員の今井雅人衆議院議員が、
「都議会議員選挙で勝てなかったのは、蓮舫氏の国籍
 (戸籍)問題をはっきりさせていないから」などと、
「はあ?」と思える、与党さえ言わなくないった疑義を持ち出した
のは呆れた。

「民進党の退化」を象徴する事象だ。
先の都議会議員選挙での大敗北は自民党だけでない。
民進党こそ深刻な事態であることに気づかないのか?

党内で党首の戸籍を問題にしている場合か?
党内でやるべきは政策論争であり、都議会議員選挙で大敗北
した原因を分析し、今後に備えた根本的な対策を検討し進めて
いくことこそが同党の緊急にして必須の事だろう。

今井氏に象徴される事態は、同党の末期的状態を示している。

追記;
18日、蓮舫さんは戸籍を開示して会見を開いたが、
「こんなことをして何になるか?」
とほとんどの国民は思っているだろう。

当然だが、党内には、蓮舫氏の二重国籍が都議会銀選挙
の敗因とする今井議員の意見に否定的な意見は多く、
寺田学衆院議員はツイッターで
「そのピントのずれが根源的な敗因を作り出している」
と指摘している。そのとおりだ。

それに気づかない同党内の鈍感さと、バラバラな党内事情が
この件ではからずも露呈した。
解党して1から出直すことをお薦めする。

« ビルギット・ニルソン 「モーツァルトがオペラの基本」~白石敬子さん | トップページ | 尋常ならざるテンポ~フルトヴェングラーによるモーツァルトの交響曲第40番 »

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック