« 南スーダン問題~陸自と稲田防衛大臣の深刻な亀裂と、野党時代、当時の防衛大臣を批判した稲田氏の発言が傑作~正にいま自分自身に向っている批判 | トップページ | 相模原市「津久井やまゆり園」虐殺事件から1年に寄せての雑感 »

2017年7月22日 (土)

香川県議会議員たちの欧州視察と言う名の お遊び海外旅行~税金の遊興費化

21日フジTV夜「金曜プレミアム~実録!金の事件簿2
 ~こんな奴らは許さない」は面白かった。

税金滞納や自動車の速度違反出頭命令拒否などは、
最後の事例の前では「可愛らしい事」にさえ想えた。

その最後の事例とは、香川県の県議会議員6人による
「視察旅行という名の観光旅行」だ。

これにフジTVスタッフらがこっそりとお忍び同行取材をした
のだ。

県議らはビジネスクラスに乗って7泊9日の渡欧。
名目上の目的は、友好協定を結んだとうイタリアの
パルマ市への表敬訪問が主と言うが、結果、
パルマ市には最終日に寄っただけで市庁舎への
訪問滞在時間はわずか30分。

それまでの6日間はこうだ。
成田→ドイツ・ミュンヘン→スイスのインターラーケン
→同スフィンクス展望台→同マッターホルンの拠点の
ツァルマットとゴルナーグラード→イタリア・ミラノ、
そしてパルマ市。

6人の旅行費合計990万円。
もちろん全て香川県民の税金だ。
舛添前都知事も問題になったのが記憶に新しい。

都道府県だけでなく国会議員による外遊とやらも正に
「視察という名の観光旅行がほとんど」と推測できる。

壮大な税金のムダ使い。

公僕たる議員の怠慢、怠惰、堕落。
全国的に「公務員の海外視察慣習など廃止すべき」だ。

« 南スーダン問題~陸自と稲田防衛大臣の深刻な亀裂と、野党時代、当時の防衛大臣を批判した稲田氏の発言が傑作~正にいま自分自身に向っている批判 | トップページ | 相模原市「津久井やまゆり園」虐殺事件から1年に寄せての雑感 »

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック