« 防衛大臣 実質不在というリアル | トップページ | ばらの騎士~小林由佳さんのオクタヴィアンの素晴らしさ »

2017年7月28日 (金)

ボディブローが効いて弱体化した安倍政権

ボディブローのように、の現実化
前川(前)文科省事務次官が告発会見をした際、私は
「この元官僚による政治家への造反という前代未聞の衝撃は、
 ボクシングのボディブローのように、今後、安倍内閣を
 ジワジワとゆっくり、しかし確実に痛めていくだろう」
という主旨の事を書いた。

実際、だらだらと長引く加計と森友問題や、稲田防衛大臣の
弁護士とは思えない軽率な発言や行動の連続という資質の無さ、
法務大臣に値しなかった金田大臣の無能な答弁と共謀罪法の
強行採決などからの内閣支持率の大幅下落、

都議会議員選挙での歴史的大惨敗、仙台市長選挙での敗北、
相次ぐ2回生議員の不祥事、南スーダン問題に関する
陸上自衛隊部隊トップの岡部陸上幕僚長と黒江防衛省事務次官
の引責辞任、そしてやっと稲田大臣の辞任と、
現実に「ボディブロー」は確実に浸透し続けてきた。

前川氏の行動は良いとか悪いとかではなく、安倍内閣が進めて
きた強引でグロテスクな手法に対する最大の批判的象徴的事象
だったのだ。
そしてこうした流れはまだ、安倍内閣の終わりの始まり、
第1幕が終わった段階に過ぎない。

« 防衛大臣 実質不在というリアル | トップページ | ばらの騎士~小林由佳さんのオクタヴィアンの素晴らしさ »

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック