« 相模原市「津久井やまゆり園」虐殺事件から1年に寄せての雑感 | トップページ | ボディブローが効いて弱体化した安倍政権 »

2017年7月27日 (木)

防衛大臣 実質不在というリアル

北朝鮮や中国等との難しい状況下、これほど信頼のおけない
 ~世論の7割以上が「稲田氏は即時辞任を」とし、防衛省の
  中からも大臣に対する裏切り行為でもある、文書はありました、
  報告はしました、とする内部告発(リーク)が生じてきている
 ~人物が、防衛省の政治家としてのトップに居座っている、
というのは、「支持する政党がどこかなどという各個人の考えを
超えたところの国家的危機」だ。

それを政権与党はどれほど真面目に考えているのか?
自衛隊に緊急出動する事態が生じても「勉強会に出席してました」
とやり過ごす、その程度の人が防衛大臣というのが信じられない。

こんなテイタラクな国防体制状況は、おそらく戦後初めての状況
に違いない。

追記;やっと稲田が辞任表明。というより事実上の更迭だ。
    安倍氏の「ネコ可愛がり」もこれまで。

« 相模原市「津久井やまゆり園」虐殺事件から1年に寄せての雑感 | トップページ | ボディブローが効いて弱体化した安倍政権 »

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック