« ボディブローが効いて弱体化した安倍政権 | トップページ | OPERA MANIA 2 ~ベルカントからR・シュトラウスまで »

2017年7月29日 (土)

ばらの騎士~小林由佳さんのオクタヴィアンの素晴らしさ

「ばらの騎士」~二期会公演~充実の主役歌手陣、特に小林由佳さん
 ~普遍的社会の男女の心の移ろいと切なさを印象付けた演出
 ~恋は永遠とは限らないから愛おしい~

東京二期会によるR・シュトラウスの「ばらの騎士」29日の公演を
東京文化会館で観た。英国グラインドボーンとの提携公演。
リチャード・ジョーンズによる演出は思いの外シンプルで、
第3幕以外は好感が持てた。
シンプル過ぎて物足りないくらいだったが、詳細は後述する。

元帥夫人役の林正子さんは日本人歌手屈指の実力を安定感を
持って披露。声にブレのない厚さは彼女ならでは。

オックス男爵の妻屋秀和さんの素晴らしさはこの日も健在で、
とりわけ得意とするドイツ語によるオペラの、好色で滑稽な役柄を
ユーモアたっぷりに歌い演じ、あらためてこのオペラにおける
オックス男爵の存在意義の重要さを感じさせて出色だった。
妻屋さんの名唱は、この日の公演の成功の大きな要因の1つ
だろう。

幸田幸子さんのゾフィーは数年前に神奈川県民ホールで聴いて
いる。あのときの清楚で気品ある姿と歌声は、今回の演出での
衣装や舞台移動に関係してか、やや可憐さが抑制された
感じも受けたが、それでも健気(けなげ)で一途な女心を
軽やかな声で歌い演じてステキだった。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こうした充実した主役級キャストの中にあって、
私が最も強く魅了されたのはオクタヴィアン役の小林由佳さんだ。
近年、「蝶々夫人」でのスズキ役、昨年のフィガロでのケルビーノ
でも充実し、安定しているだけでなく、都度、声の安定感に
留まらない、役に入りきった中でのパワーの発揮度合いに
驚かされてきたのだが、贔屓目なしに、今回のこの役こそ、
彼女の存在をオペラファンに強く印象付けた彼女自身に
おいても代表作(役)になったと言えるほどの歌唱と演技だった
と思う。

これまでおそらく彼女はイタリア(語)モノ(作品)の出演が多く、
ここまで膨大で長大なドイツ語によるオペラの主役級の出演は
ほとんど無かったかと拝察するが、その点からも正直、失礼ながら
期待以上というような表現では言い尽くせないほどの、
この役をもう何年も前から歌ってきた歌手と言えるほどの
充実した内容だった。

長身でカッコイイ外観は「フィガロ」でのケルビーノでも大いに
役得だったし、この役でもヘンにセコセコしない、
ある意味堂々としたオクタヴィアンとして演じたことも含めて、
外観のカッコ良さは本公演でも有利に働いたが、そうした
幸運さだけでなく、また、単に声量とか安定感とかだけでなく、
例えば、元帥夫人とのデュオやセリフと、オックス男爵とでの
歌やセリフでは、別人かと思うくらい大きく声色も変えるなど、
徹底した役作りと成果が見てとれたのだ。
本当に素晴らしかった。

・・・・・・・・・・・・・・
読売日本交響楽団の演奏は安定して見事で、近年、
オペラ公演を増やしてきている成果がしっかりと出ていたと思う。

指揮のヴァイグレは初めて聴いたが、終始安定したソツのない
指揮。よって、例えば冒頭からもそれほどセカした歩みはせず、
全体を通しても、部分的にはもっとテンポの大きな変化、
すなわち「溜め」であったり、アッチェランドなどのいわゆる
メリハリが欲しい場面も散見したが、
大きな不満を感じるということはなかった。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、冒頭に少し触れた演出。
第1幕と第2幕は驚くほどシンプルで、「ベッドの中の2人」
ではなく、元帥夫人のシャワーシーンからの開始という
ユニークな設定も含めて、いわゆる豪華な貴族生活の
様子はほとんど感じられないような舞台だったし、
第2幕も、例えばオクタヴィアンとゾフィーが初めて対面
するシーンでも特別「バラ」が強調されたわけでもなく、
劇的でゴージャスな場面設定がなされてわけでもなかった。

そのシンプルさは、ケバケバしいい、あるいは妙にクールな
ゲンダイ的演出よりは好感が持てたものの、このオペラの
設定や、過去の多くの伝統的演出と比べてしまうと、
物足りなさも感じたのは正直な感想。

・・・・・・・・・
ヒドイ演出の第3幕
それでも、この流れで第3幕も通せばまだ良かったと思う
のだが、第3幕の演出は「いただけない」ものだった。
青い色自体は私は好きだが、この物語にあって、
全体が青い系統の色で背景全体を映し、緑色の3つのドア
がある部屋の中だけで進行するというのは、このオペラの
この幕に相応しいとはとても思えない。
一言で言えば「品が無い」のだ。

オックス男爵の愚かさに比重を置いたためか、また、
敢えて「古き良き時代ではなく現代どこにもありがちな部屋」
を強調したためか、ごく平凡な、いや、平凡というより
「格式が皆無の部屋」でのやりとりで終始したため、
あの感動的な三重唱や二重唱(歌唱自体はいずれも素敵だった)
に相応しい舞台とはとても思えず、ゾフィーの衣装も
もう少しカッコイイ衣装にして欲しかった。

このように第3幕の演出は全く残念な結果だった。
「第3幕だけでも変えたほうがいいですよ」、と
演出のジョーンズ氏に強く言いたい。
・・・・・・・・・・・

しかし、もちろん彼にもたぶん言い分はあるだろう。
「伝統的な貴族社会の空気感は設定したくなかった」、
「敢えて現代社会のどこにでもある三角関係や、
 男女の心の移ろう弱さ、はかなさを描きたかった」と。

そう、考えてみれば、元帥夫人が恋を諦めて若いゾフィーに
オクタヴィアンを譲ったにしても、では、オクタヴィアンと
ゾフィーが今後ずっと幸せに暮らすか、などとは
誰にも判らないことだ。

ちょうど映画「卒業」で、ダスティン・ホフマンが女性を
奪いとって逃げ、バスに乗り込んで満面の笑みを
浮かべたものの、次第に2人にはこれからの現実が
思い浮かび、笑顔が消えて行く、あのシーンのように。

もちろん、このオペラではそのような設定は元より無い。
元帥夫人の老いの寂しさという本来のこのオペラの
重要な要素だけでなく、若い恋人の未来にも待ちうける
であろう困難さを、
なぜか今回は強く感じた公演でもあった。
・・・・・・・・・・・・・

それでも全体としては、歌手陣の見事さで十分楽しめる、
長さを感じさせない、アッと言う間に進行していったと
言えるくらい、「歌を聴くことに集中させていただいた公演」
だった。

・・・・・・・・・・・・・・・・
(主なキャスト)

指揮 セバスチャン・ヴァイグレ
演出 リチャード・ジョーンズ
管弦楽 読売日本交響楽団
合唱  二期会合唱団

          26日&29日  27日&30日
元帥夫人     林 正子    森谷真理
オックス男爵   妻屋秀和    大塚博章
オクタヴィアン   小林由佳    澤村翔子
ゾフィー       幸田幸子    山口清子
ファーニナル    加賀清孝    清水勇麿
マリアンネ     栄 千夏    岩下晶子
ヴァルツァッキ   大野光彦    升島唯博
アンニーナ     石井 藍     増田弥生

警部        斉木健詞    清水那由太
元帥夫人家執事  吉田 連    土師雅人
ファーニナル家執事 大川信之   新津耕平
公証人       畠山 茂    松井永太郎
料理屋の主人   竹内公一    加茂下 稔
テノール歌手   菅野 敦     前川健生
3人の孤児     大網かおり   田崎美香
           松本真代    舟橋千尋
           和田朝妃    金澤桃子
帽子屋       藤井玲南    斉藤園子
動物売り      芦澤佳通    加藤太朗
モハメッド ランディ・ジャクソン(文学座)
・・・・・・
装置 ポール・スタインバーグ
衣装 ニッキー・ギリブランド

« ボディブローが効いて弱体化した安倍政権 | トップページ | OPERA MANIA 2 ~ベルカントからR・シュトラウスまで »

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック