« おんな城主 直虎~表面的でない良さ | トップページ | 平野美宇選手の快挙~中国卓球界に衝撃走る »

2017年4月16日 (日)

NHKスペシャル「熊本城再建」

NHKスペシャル「熊本城再建」を興味深く見た。
1年前の地震で崩壊したものの多くが明治以降に補強された
もので、築城時から残る石垣はほとんどそのままだった、
という調査結果の驚き。

具体的には明治以降の石垣の31%が崩壊したのに対し、
築城時の石垣が崩れたのはわずか10%。

一番古い時代の石垣がなぜ一番強度だったか?
その秘密は2つ。

1つは一番外側の意思を地面から並行に積むのではなく、
上に伸びる側面に対してそれぞれ直角に埋め込んでいるので、
地震の揺れでも個々が横に飛び出し難かったこと。

もう1つは「武者返し」と呼ばれる曲線は、
これまで敵を寄せ付けないための工夫と考えられてきたが、
当時も何年かごとに大規模な地震は周辺で起きていたことから、
地震対策による綿密な工夫(結果的には現代にも通じる綿密な
計算式が成り立つほどの緻密さ)が施されていたからだ、
ということだ。

この計算式(武者返しの曲線構造、比率等)は
今後の修復にも応用できるかもしれないという。

それに先立つNHKの午前の番組で、
熊本出身の宮崎美子さん(熊本大卒)が、
城が大変な状況になりながらも、
「残っていてくれて良かった」と涙ながらに語り、
普段当たり前のように在った城が、自分にとっても
市民県民にとっても、こんなにも大事なもの、
心の支えであったことをあらためて気づかされた、
という主旨の発言が印象的だった。

« おんな城主 直虎~表面的でない良さ | トップページ | 平野美宇選手の快挙~中国卓球界に衝撃走る »

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック