2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Amazon CD

  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
無料ブログはココログ

« 小林由佳さんリサイタル | トップページ | 議員による税金の不正利用を許すな »

2016年11月19日 (土)

ゴルトベルク フィルハーモニカー 第6回演奏会

11月19日の午後、杉並公会堂で、
ゴルトベルク フィルハーモニカーの第6回演奏会を聴いた。
指揮は金山隆夫さん

初めて聴いたオケで、上智大学管弦楽団の出身者を中心に
構成されていて、ドイツ語のゴルトベルク=金山、のとおり、
当団指揮者の金山隆夫さんを思慕する気持ちが団の名前
となっているくらいだから、それぞれ学生時代に金山さんの
指揮を経験された人が主と想われる。

私も所属するオケでたびたび指導を受け、本番演奏も経験
しているが、今回は特にドヴォルザークのチェロ協奏曲を
コントラバスで演奏するというプログラムに注目して出かけた。

昔、ゲーリー・カーが録音もしたが、めったにない試みである
ことには変わりないと想う。

コントラバスのソロを演奏したのは読売日本交響楽団の
ソロ・コントラバス奏者 石川 滋さん。

その他の演奏曲は、チャイコフスキーの序曲「1812年」と
ドヴォルザークの交響曲第9番「新世界より」だが、
なんと曲順は、
1「新世界」→2チェロ協奏曲→「1812年」の順で演奏された。

理由は2つあっと想う。

1つは、ご存知のように「新世界」のエンディングが管だけの
ディミヌエンドで終わる、という変わったかたちをとっている
こと。
もう1つは後述のとおり、金管に大勢のバンダを加えて
派手に豪華に演奏するという趣向だったので、
確かにこれだと、消え入るように終わる「新世界」より
この「1812」を最後演奏するのが好ましいに違いない。

初めて聴いたオケだが、平均年齢は若く、
大学卒業後3年あるいは5年以内の人が多いのでは、
と想える。
弦楽器が特に優秀で、弦だけだと数多(あまた)在る都内の
オケの中でも上位に位置すると想う。

1曲目の「新世界」での金山先生の指揮はいつもながらの
堅実で安心感を覚えるものだったが、
曲想やテンポが変わる際の少し細やかな設定が
あったほうがいいな、という点はあった。

休憩を挟んで2曲目のコントラバスによるチェロ協奏曲だが、
石川さんの技術は完璧で実に見事だったが、
大きな楽器とはいえ、その分低い音が中心となる楽器
なので、音量はさすがにチェロほどではなく、
想ったほどの迫力は無かった点で少しガッカリもしたが、
それでも滅多に聴けない演奏ゆえ、
とても興味深く拝聴した。

アンコールとしてバッハ無伴奏チェロ組曲第3番から
有名なブーレを演奏したが、これまた完璧な演奏で品があり、
実に見事だった。

最後の「1812年」は、演奏の終わり近くに、
バンダが入場してきたが、その位置(演奏場所)は、
指揮者や聴衆と向き合うかたちで2階客席、すなわち
杉並公会堂はオルガンは無いが、サントリーホールや
東京芸術劇場のようにオルガンがある場合の、
そのオルガン前の客席にて、
その中央部にチューブラーベル、
客席から見て右に、トランペット4人(内、外人1人)、
ホルン3人、トロンボーン3人(内、外人1人)、
ベルの左側に、トランペット3人(内、外人2人)、
ホルン2人(内、外人1人)、トロンボーン2人(内、外人1人)、
チューバ1人、の計18人がならんで終結部を豪華で
派手な大音響による演奏を行い、聴衆を楽しませた。
バンダの中には白人黒人等の外国人演奏者も含めての
もので、こうした企画はとても楽しく好ましいものと、
心から拍手を送りたい。

« 小林由佳さんリサイタル | トップページ | 議員による税金の不正利用を許すな »

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック